ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

BABY METALのMETAL RESISTANCEがとってもオッサンホイホイ。オススメ5曲

 - アイドル

      2017/08/09

babymetal2

ベビメタ、ようやくはまってきました。

前アルバムの紅月 – アカツキ -がSilent JealousyだったりDahliaだったりでグッと来たものの、他の曲がどうにもアイドル過ぎてハマれなかったんですが、アルバム「METAL RESISTANCE」を聴いてみたらヤバかったです。
[関連]BABYMETALをメタルじゃないと言っている人が圧倒的に勘違いしていること

これ、30代以上のオッサンを捕まえるオッサンホイホイだ。

というのも、随所随所に美味しいフレーズが詰まってるというか、
平たく言うと、「何かに似てる」って感じる曲が多いわけです。

だからこそ入り込みやすい。

というわけで、今更ながらMETAL RESISTANCEのオススメ曲紹介です。
「BABY METAL良いらしいけど聴いた事ないんだよね」って人向け。

スポンサーリンク

オッサンのオッサンによるオッサンの為のMETAL RESISTANCE

Road of Resistance

壮大なイントロがめちゃくちゃカッコいい、アルバムの顔とも言える曲!
それでいてアイドルっぽい可愛らしさもちょっと残っているという。

曲の構成がAメロ→Bメロ→Cメロ→サビという感じなのが面白いです。

サビ前半は、すごくキャッチ—で一発で虜になれるメロディ。
ジュディ&マリーのBLUE TEARSを彷彿とさせる感じ。

サビ後半はメロラインは同じでバックのコードが違う感じの、なんか切ない感じ。たまんないっす。

全編通してバスをダカダカ踏んでるように聴こえます。
一曲終わった後ドラムさんはどうなってるんだろう・・・。

曲終わりのシャウトもすごく綺麗でカッコいいです。

Amore – 蒼星 –

紅月の対比になりそうなタイトル。
歌詞でもちょっと紅い月に触れてるので何かアンサーソング的なアレがあるのかな。

曲自体は”何に似ている”、みたいなのは特にないんですが、入り込みやすいです。
個人的に大好き。

シンコペーション

僕の中でなんともLUNA SEAくさい曲です。
LUNA SEAファンの友人に話したら「LUNA SEAはメタルじゃねえ」という事でしたがw

ヴィジュアル系出身ってことは、少なからずメタルの派生と考えられなくもないですが。

まずイントロの入り方がROSIERを豊富とさせるクイ方。
サビのバッキングのオクターブ奏法がINORANっぽい。というか、ROSIERのサビってこんなんじゃなかったかw
でもって歌詞が揺れて揺れて言ってる感じ。

・・・それだけなんですけどね!
でもこの曲を作った人はROSIER好きに違いない。朋ちゃん好きに違いない。

というか、そういうの無しにして普通に曲構成からカッコいい曲です。
1回目のAメロとか鳥肌立つぐらいカッコいい。ヤバイ。

どのあたりがシンコペーションなのか僕にはなかなかわかりませんが、大好きです。オススメです。

NO RAIN, NO RAINBOW

ピアノから始まるバラード曲。
これはもう、X JAPANです。

あっちは”止まない雨”でこっちは”降らない雨”です。

曲メロだけだと、普通のそこらのJ-POPっぽいんですが、
ギターソロへの入り方とか、ギターソロのメロディとか、思いっきりENDLESS RAINとかSAY ANYTHINGとかを彷彿とさせます。

個人的には筋肉少女帯の「サンフランシスコ10イヤーズアフター」を最初に思い出したんですが、
曲のタイトル的にこっちかなとw

Tales of The Destinies

なんとなく曲構成とかが筋肉少女帯とか特撮っぽい感じ。大好きです。
サビも橘高文彦の名曲「イワンのばか」を彷彿とさせるメロディと疾走感。たまりません。

おわりに

というわけで、METAL RESISTANCEの紹介でした。
BABY METAL、聴けば聴くほど味が出てきます。これ、スルメみたいなもんで。

ここで紹介した曲以外の曲と、ファーストアルバムの紅月以外の曲は結構アイドル要素が強くてまだまだ苦手だったりするんですけどね・・・。

でもこういうメロディアスな楽曲が世界で戦えるってのは、日本人としては嬉しいですね。
いわばこれ、演歌または歌謡曲とメタルの融合みたいなもんだもんね。

次のアルバムが楽しみでしょうがないです。

2016.09.13追記

この記事を書いて以降、もうずっとハマってます。
当初受け付けなかった1stアルバムの「ヘドバンギャー」なんかも、妙に筋肉少女帯を連想させます。

で、なんでかっていうと、メタル+少年少女合唱団って、思いっきり大槻ケンヂの世界だったわけですよ。
ハッピーアイスクリームとかの、あの感じ。

そういうわけでこれ、筋少ファンホイホイと言えるかもしれません。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です