ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

初めて見た生の蝶野正洋は、しっかりと観衆の笑いを取っていてプロだと思った

 - 雑記

      2017/02/19

chouno

昨日行ったショッピングモールに、AEDの体験会イベントでプロレスラーの蝶野正洋さんが来ていました。

僕らも「なんとしても生『ガッデム!』だけは聴きたい」と思って、
イベントが始まるのを心待ちにしていました。

待っている間、周りにいる人たちがザワつき始めて

「おいおい、蝶野だって!」
「え、マジ!?蝶野!?」
「うけるw蝶野知ってる?w」

みたいな。

僕は心底こう思いました。

「蝶野・・・『さん』、だろ!!!」

スポンサーリンク

蝶野正洋の世間の評価と、プロの売り方

僕なんかはプロレスに全然詳しくないけれど、
蝶野さんと言えば、ずっと「怖い人」って印象だったんですよ。

それが昨日のイベントで蝶野さんが登場して

「ガッーーーデム!!!」

とマイクパフォーマンスした瞬間、場内が笑いに包まれていました。
心底びっくりした。

でもみんなが笑うのも納得で、その後蝶野さんは

「プロレスで俺を観た事ある人」
何人か手が上がる

「じゃあ、年末のビンタを観た事ある人」
会場爆笑w

今や蝶野正洋と言えば、”山ちゃんにビンタする人”ってイメージが強いから、
そりゃみんな笑うよねっていう。もう何年もやってるもんね。

・・・去年の浜ちゃんがやられかかったヤツは面白かったなぁw

僕は蝶野さんってそもそもヒールをやるような人だし、もっとイメージを大切にするのかと思ったら、
意外と親しみやすい「掴み」をしてくれたりして、「プロなんだな・・」と感心しました。

※器の小さいヤツほど、こういう時にいきがっちゃうんでしょうね・・。
僕は自分で店をやっていた時に雑誌から取材を受けた際、自分を大きく見せようといきがりましたから・・。

ちびっこたちからしても天才テレビくんでゲームとかやってますから、
プロレスラーというよりはタレントとして知名度がある感じなのかな。

その後も坦々とイベントは進み、握手&撮影会をやっていたみたい。
僕らも行けばよかったなーと思いつつ、人ごみに疲れてしまってその場を離れてしまったのでその後どうなったのかはわかりません。

おわりに

それでも「蝶野だよ、ほら蝶野。知ってる!?」とテンションがあがるお父さんに「知らない」というお母さんもいたりして、「そういうもんかー」と思ったりもした、そんな貴重な体験でした。

というわけで、初めて蝶野さんを見たよって報告でした。

スポンサーリンク

  こちらの記事もおすすめ