ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジン

なぜ作者を神格化してはいけないのか?西原理恵子問題で僕らが学ぶべきこと

 -

   

漫画家、西原理恵子さんの娘さんのブログの問題・・・すごいですね。
あれ、リアル「往生際の意味を知れ!」じゃあないですか。

「往生際の意味を知れ!」が面白い!!またしても”恋に取り憑かれた人間”を描いた米代作品!

まさか「ぴよ美」が「ひよりん」とはなぁ、、、

まぁ、娘さんの生活も含めた日常を漫画にして、それをお金にしていた・・・というのは色々意見があると思いますが、僕としてはそれそのものだけを指して「毒親である」とするのはなんとも言えないところかなとも思っています。

いろんな家族の形がありますのでね・・・。

娘さんの立場で考えたら、やっぱり許せないだろうし、辛かっただろうし、子供の力では従うしかなかった部分もあるでしょうし。
でも逆に親の立場では(漫画家ということを考えても)日常を切り売りするという方法が必ずしも間違いだったとは言えないでしょうし・・・。

その漫画に救われた、って人もいるだろうしね・・・。

この辺の問題はもう親子間で裁判するなり何なりでケリをつけるしかないと思うのですが、僕は今回の件で「受け手側」も学ぶべきことがあったんじゃないかと!
今日はそんな話をしたいです!!

スポンサーリンク

基本的に作品は「フィクション」である!!!

今回の件、炎上している内容をみると・・・西原さんが漫画に描いている内容と実際の人物像がかけ離れているというところに言及している人が多かったように感じました。

つまりまぁ、「毎日かあさん」で良い母として描かれているが、実際には娘に酷いことをしている・・・というような。「騙された!」みたいな。

ただね・・・。
やっぱそういう漫画作品を崇めることがあったとしても、作者を神格化してはいけないんですよ。

なぜなら・・・「作者もお前と同じ人間だから」だ!!!!!!!!!!!

これはもう漫画家に限った話じゃないですよ。
音楽アーティストだって、小説家だって、俳優だって・・・みんなそう。

ブロガーもYouTuberもそうよ。

その人が生み出したもの、演じたもの、配信しているもの・・・それらはたしかに凄いかもしれない。面白いかもしれない。神ってるかもしれない。
けれど・・・その事実と「作者がどういう人間か」というのはリンクしないの。。。フィクションなの。

作品は「見せても良い部分」しか出さない

というのも、通常そういう作品っていうのは「(見せても)良い部分」っていうのしか見せてないんですよ。

一番簡単な例でいうと、アイドルね。
アイドルの子たちってすごく可愛いし、なんだったら「箱のまま保存してぇ~!」って思うファンも少なくないと思うんです。

・・・でも、僕らに見せてないだけで、アイドルだって裏ではウンコしてますからね。

まぁ、さすがにウンコは言い過ぎた(してないと思う)けれど・・・ムダ毛抜いたり、映えるようにお化粧したり・・・とにかく表に出している姿は「本来の自分」とは逸脱したところにいるわけですよ。
飾ってるんです。

でもそんなことわざわざ言わないやん?
その代わりに綺麗ごと言ったりさ、夢見させるようなこと言うじゃん?

なんでかっていうと・・・「それが仕事だから」なんですよね。。。

もし!
もし、ですよ。

あなたが職場でも「家に一人でいる時と同じ自然体」でいられてる人なんだったら、勝手に神格化した作者を責める資格もあるかもしれません。

・・・が!
「家ではソファにダラっと座って、テレビ見ながらオナラしちゃってます。でも職場ではキリっとしてますので!」みたいな人!!

西原さんがやってるのもソレだから。。。

おわりに

ちなみに僕も過去に、布袋寅泰さんを神格化してしまい・・・後に俗っぽさを感じて勝手に「裏切られた」と思ってしまったことがあります。

今でこそ「布袋さんだって、たまたまギターがめちゃくちゃ上手だっただけのただの人間」と考えられるようになりましたが・・・やっぱ多感な時期には「あんな曲を書いたり、あんなステージパフォーマンスが出来るなんて、、、あなたが神か?」って思いましたもの。

あとは「絶対に怒らない友人」とかもね。
学生時代にいたんですよ。何しても怒らない人。

すごいなぁ・・・偉いなぁ、カッコいいなぁ・・・って思ってたんですけども、そんなのもまやかしで。
大人になってわかったのは、その人が「怒らない人」なんじゃなくて、僕らと同じただの人間が「人前で怒るのを我慢している」というだけだったんですよね。(あたりまえ)

つまり・・・そうやって、表面上に見える部分だけを神格化して、勝手に期待して、勝手に裏切られてはいけないのだ。

滅多なことを言うもんじゃないけど、坊さんだってスケベなことを考えてるでしょ?絶対。
でも表面上は「欲を断ち切った」ように振舞わなければいけないんです。それが礼儀なのよ。

今回の西原さんの件で「裏切られた」と怒っている人は、こういうことを学ばなければならないのである!!!(おしまい)

   

 -

   

スポンサーリンク

Comment

  1. 特に無し より:

    他のコメントはどうすれば見れますか?
    全てのコラムにコメントができるわけではない感じなのでしょうか。

    • kaketayo より:

      特に無しさん

      コメント欄は一週間ぐらいで閉じてます。(たしか)
      過去記事で気になる点、間違い等がありましたら最新記事のコメへおねがいします^^

      • kaketayo より:

        すみません、「見る方法」でしたね!勘違いしてました。

        過去記事でもコメントを頂いたものは今でも見られるようになってます。
        表示されていない場合は当時コメントを頂けてなかった、という感じです!

        • 特に無し より:

          実は鬼獄の夜(ファー様について)のコラムのコメントが見たい、自分も書いてみたい欲求があったのです。新しいコラム等にはコメントを書く所があったのですが鬼獄の夜には無かったようなのでどうなのかなと思っての投稿でした。

          • kaketayo より:

            特に無しさん

            なるほど!
            当該記事にはコメントは付いていなかった模様です^^;
            あざっす!!