ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

僕が6年間継続したコストコ会員を退会しようと思ったワケ

 - ショッピング

      2018/02/05

costco_card

僕は2009年からコストコホールセールの会員を継続しています。
※事業の関係上、ビジネスメンバー会員です。

あの独特の雰囲気やら商品ラインナップ、価格などなど、楽しくてついつい毎年継続してしまっています。

コストコって、正直「むちゃくちゃお得じゃん!」みたいなことはありません。
その辺りについては以前の記事に書いているので参考にしてみてください。

コストコは年会費を払ってまで行く価値はあるのか?

ではなぜ僕が行き続けるのかというと、その理由は「なんとなく楽しいから」です。

・・・なんですが、今回は逆に「なんとなくもういいかな」と思う事がありました。

スポンサーリンク

僕がコストコを退会してもいいかなと思った理由

ことの発端はメールマガジン

コストコはメール会員も募っていて、会員になると定期的にメールマガジン(いわゆるメール版のDM)が送られてきます。

それはイベント情報だったり、新商品のお知らせだったり、ビジネス会員向けの仕入れサポート情報だったり色々です。

で、先日こんなメールが送られてきました。

costco_mail

「The Costco Connection Winter 2015発行のお知らせ」

確かに年に数回、買い物をしてレジでお会計をするときに、別に欲しいとも何とも言わずに渡してくれた会報誌がありました。
それがThe Costco Connection。

つまり、「その会報誌を渡すから、買い物しにきてねー」って内容みたいですね。

それを読んで僕は単純に
「あー、あれか。よし、特に欲しいものもないけど買い物に行こう」
って、なりました。

・・・コストコの見事な集客戦略にまんまとひっかかったわけですw

貰えなかったThe Costco Connection

その日は案の定欲しいものがなかったのですが、せっかくだからと生活用品を少しだけカートにいれてレジに向かいました。

無事お会計を終えて、「さてフードコートで何かおやつでも買って帰ろうかな・・・」と思っていた時、会報誌を貰えてなかった事に気づいたんです。

ぶっちゃけ今回の目的って、会報誌を貰いにいくような物だったわけです。
「いやいや、何の為に来たのよ今日」なんて思いながらメールを再確認し、近くにいたスタッフさんに声をかけました。

すると再度レジの列に並ぶように言われました。
おそらくはカードをレジに通して、そのうえで会報誌を渡さないとならないんでしょう。
そこまでは良かったんです。

その後、僕の後ろに並んでいた方を中断させて他の列に移動させたかと思うと、サービスカウンターの人を呼ぶ為か
「コネクションのみ!!!」
みたいな事を大声で言われました。

・・・なんだかクッソ恥ずかしかったですw

「いや、買い物もしてますぅ!!!」って言えれば良かったんですけどね。
一瞬のことで呆気に取られて立ちすくんでしまいました。

要らなかったThe Costco Connection

そんな想いをしてまで貰った会報誌がこれです。

costco_connection

家に帰ってからゆっくりと内容を見てみたけれど、よくよく読んで見たら今回の僕にとっては全然必要のないものでした。

こういうのって、あればあったで見ちゃうんですよ。
で、それはそれで嬉しいんです。

でも、なければないでいい物だったんですね。
苦労してまで入手したのに「わざわざ貰いに行くようなものではない」と思えたのは寂しかったです。

「なんとなく楽しい」が崩れてしまった

会報誌が貰えなかったことや、恥ずかしかったことは単なるトリガーでしかありません。
僕はこれをきっかけに、コストコについてなんだか冷静に考えるようになってしまったんです。

「そういえば、あそこのスタッフさんっていつも素っ気なかったよな」
とか
「レジもなんだか効率悪かったよな。すげー並んでたよな」
とか。

なんとなく楽しかったようなことが、
「これって実は苦痛なんじゃないか」
って思うようになってしまったわけです。

コストコの良さって、ほどよい「リアルなアメリカ感」だったんですよね。
だから、例えスタッフさんの対応が悪かったとしても、それすら楽しくて「おぉー、アメリカっぽいw」とか言ってたんです。

でも、そういった「なんとなく楽しい」っていう部分が、ちょっと冷静になるだけで苦痛になってしまった。
なんだかこういうことに楽しみを覚えているということをバカバカしく感じるようになってしまったわけです。

「積み重ねた信頼は一瞬の不信感で崩れてしまう」というのに似ていますね。
もしくはアイドルを追っかけていた人が急に冷めるみたいな感じかもしれません。

これが「僕が6年間継続したコストコ会員を退会しようと思ったワケ」です。

それでもやっぱりコストコは魅力的

これだけだと単なる愚痴になってしまうので補足しますが、やっぱりコストコの魅力はそういった「素っ気なさ」とかに現れていると思うんですよ。

もしコストコの接客がすごくすごく”日本的”だったなら、やっぱりもっと魅力はなかったと思いますし。
コストコはあれだからコストコなんだ!と今でも感じているわけです。

だって「倉庫」ですからね、あれ。
倉庫に接客のクオリティを求めるなんておかしな話ですから。

イメージとしては「倉庫に置いてある大量の食品を、そこそこ安い値段でさばいてくれる」という感じで、 そこに僕らは群がっているわけです。
それを理解しなければいけない。

ただね・・・。
これ、問題なのが、素っ気なく対応するスタッフがアメリカ人ではなく、アメリカかぶれの日本人ってことなんですよw

これはもう日本に生まれ育った人間の病気みたいなものです。

たとえばハワイでコンビニの店員さんに小銭を投げ返されても「うはwwアメリカっぺーw」ってなるけど、日本のコンビニで同じことをされたら「なんか感じ悪っ・・・」ってなるじゃないですか。
あの感じなんですね。

コストコって、アメリカからそのまま持ってきたようなサービスなのが魅力でありながらも、逆にジャパナイズされてなさすぎる部分がネックでもある・・・みたいな感じなのかもしれません。

おわりに

とりあえず来年の4月までは会員の期間が続くので、
そこまでは何度となく通う事になると思います。

その間にまた「うおおー!更新してえ!」ってなる事を期待していますw

単なる愚痴のように映ってしまったら申し訳ありません。

追記

なんかTHE COSTCO CONNECTIONは公式サイトから見られるっぽいですね。
「THE COSTCO CONNECTION ONLINE」っていうリンクがあります。

ただ、今僕の環境からは見られないので、なんとも言えないです。
もしオンラインで見られるなら別に店舗行く必要なかったなぁw

さらに追記

その後2018年まで継続してるっていう。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です