ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

コストコフードコートでチーズバーガー!ボリュームとアメリカ感に圧倒される!

 - ハンバーガー

   

先日、妻から「コストコのフードコートでハンバーガー出るんだって!!」というタレコミがあってからというもの・・・行きたくて行きたくてウズウズしていたコストコにようやく行けました。

実はここ数日、妻と「なんか最近大きいハンバーガー食べてないよね。どこかに食べに行きたいよね。」って話をしてただけにタイムリーでした。

というわけで、コストコのフードコートでチーズバーガーを食べてきたよ!って話なんですが・・・これがまたいい意味でも悪い意味でもアメリカを感じられる最高な商品でした!!
僕としてはぜひレギュラー化して欲しいですw

そんな想いを込めながら・・・レビューです!

スポンサーリンク

コストコのチーズバーガー食べてきたよ!

コストコのフードコートと言えば・・・180円でドリンクバー付という驚愕のコスパを誇るホットドッグが有名です。
むしろ、あれを食べるために会員になりたいという人もいるとかいないとか。(いない)

「ビーガンのためにホットドッグを廃止しよう」なんて意見もあったそうなんですが、そんな風潮なんのそのという感じで今回颯爽と現れたのがアメリカンフードの代表格である「チーズバーガー」です。

僕の少ない渡米経験では、アメリカにおいて「ハンバーガー」というのは「チーズバーガー」を指していることが多かったぐらい、「アメリカといえばチーズバーガー」という印象があります。
そんなチーズバーガーがコストコのフードコートで食べられるというのだから、期待せずにいられるわけがありません。

売り切れだったら泣く・・・そんな想いで駆けつけました

ただですね・・・そこはみんなが大好きなハンバーガー様ですよ。
これ、もしかしたらお昼時にはもう完売とかになってるんじゃないかと気が気じゃありませんでした。

いやむしろ人気すぎて早々に在庫が切れて・・・すでに終了してメニュー表記すらないんじゃないか??

そんな不安を胸に抱きつつ店舗を訪れると・・・

あったぁぁぁーーー!!!
1/3パウンドチーズバーガー、単品680円。

これこれ。このビッグサイズ。
もうこれが食べたくてウズウズしてたんですよ。

単品680円ってビッグマックがセットで食べられるような価格ですが、1/3lbsですからね。
1ポンドがだいたい453gなので・・・1/3なら150gぐらいです。

この場合の150gっていうのはハンバーガー全体ではなくてビーフパティの重さを指しているので・・・相当の大きさが期待できるというわけ。

※ちなみにマクドナルドのクォーターパウンダーは1/4lbsなので113gぐらい。
普通のパティ(ハンバーガーやビッグマックに入ってるヤツ)は1枚40gぐらいです。

圧倒的ボリューム感

というわけで、買ってきました。
チリビーンズポテトとガーデンサラダも一緒に買って、フリーリフィールのドリンクを1杯つけても1,500円ぐらいです。
そこらへんのグルメバーガーを食べに行ったぐらいの価格ですね。

この画像だと「普通のハンバーガーセット」に思えるかもしれませんが・・・

チリビーンズポテトはこれ、バケツみたいな容器に入っていますからね!?
紙コップに入ってるわけじゃないですから。

フレッシュネスバーガーとかで楽しめるナチュラルウェッジカットポテトがゴロゴロ入っています。

ハッキリ言って・・・一人で食べるのであればポテトもサラダも要らなかったんじゃないかってぐらいの圧倒的なボリューム感。
僕らは家族3人(夫婦+もうすぐ4歳児)で上記3点にホットドッグをつけて・・・食べきれないぐらいの量でした。

(食べきったけど)

圧倒的アメリカ感・・・!

ボリュームもさることながら、僕がこのチーズバーガーのどこに感動したかというと・・・そこから感じられる圧倒的な「アメリカ感」です。

なんですかねえ・・・ぶっちゃけ、美味しくないんですよw
パティはパッサパサで、マクドナルドのいつものパティを重ねただけなんじゃないかって食感だし。

味付けもパティ周辺は薄く、中央にビッグマックソースみたいなヤツがちょこんとついてるだけ。

ここにたどり着くまでには素朴な味わいを堪能し続けなければなりません。(しかもここまでが遠いのなんの・・・!)

レタスやオニオンスライスのボリュームも尋常じゃないので顎が外れるんじゃないかって高さもあって食べづらいし。

・・・だが、それがいい。

この雑さが、なんとも言えないアメリカっぽさを感じられる部分じゃないですか。
僕がコストコに求めているものって「日本にいながら感じられる異国感」だったりするので、こんなハンバーガーが食べられるのはすごく嬉しいんです。

というか、ハンバーガーってもともとはこんな感じのアイテムだったと思うんですよね。
グルメバーガーが台頭してきたおかげで「ごちそう」みたいな位置にいけましたけど、その起源を知れば「パンにミートボールはさんだだけ」みたいな感じだったわけだしw
(その頃のはもっと片手で食べられるものだったと思うけど。)

とにかく、「アメリカの片田舎にあるダイナーでハンバーガーをオーダーしたらこれが出てきました」って言われても納得できそうなクオリティ。
僕はそれに圧倒されてしまったというわけです。

おわりに

というわけで、コストコのチーズバーガー・・・「ある意味」オススメですw
僕はもう一度食べてみたいと思っています。

ただね・・・ポテトやドリンク含めて1,000円オーバーで・・・雑なハンバーガーを食べるというのも、なかなか勇気がいりますけどねw

「グルメバーガーは偉いんだなぁ」って再認識させられました。

ちなみに、食べてて思ったんですが・・・これ、マヨネーズがあるとかなり化けるハズです。
トマトの下あたりにマヨを敷いてやるといいんじゃないかな。

なんだったらフードコートにはレリッシュが常設されているので、もうちょっとビッグマック風のソースを自分で作れるわけですし・・・これはベストマヨネーズを買ってからフードコートに向かうべきかもしれませんね!

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ