ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

得したのに悔しさが残った、かっぱ寿司の食べ放題「かっぱの食べホー」に行ってきたレポート

 - ビュッフェ・食べ放題

      2018/05/29

ついに我が家でもかっぱ寿司の食べ放題「かっぱの食べホー」に行ってきました!

「あの熱狂が再び!」と公式サイトでも謳われている通り、一時期話題になっていたアレです。
うちの近所にあるお店でも行っているとの情報を得てからは気が気でありませんでした。

結論から言うと・・・「得したハズなのになんだか悔しい」、そんな気持ちにさせられていますw
※このサービスが悪いとか、そういうことではありません。

なぜ僕はこんなに悔しいのか・・・そしてかっぱの食べホーは本当にお得なのか?楽しいのか?についてレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

かっぱの食べホーとは

かっぱの食べホーは、100円回転寿司界のパイオニアである「かっぱ寿司」が行っている食べ放題メニューです。

平日の14時~17時限定、かつWEBにて予約しないと参加できないという狭き門ではありますが、男性1,580円、女性1,480円(それぞれ税別)で60分間お寿司やサイドメニューが食べ放題という内容を聞いてしまったら、参加しないわけにはいかないでしょう。

かっぱ寿司について

かっぱ寿司というと、僕が子供のころからある1皿100円の回転寿司チェーン。
その当時の印象が強く今でも「安かろう悪かろう」みたいなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

・・・が、最近では(僕の近所のお店だけかもしれませんが)店舗もかなり綺麗に改築されており、通常のネタ(マグロやハマチなど)も普通に美味しく、「カッパ寿司はサラダ軍艦を食べに行く店」という感覚はもう古いのかもしれません。
現に僕の中では「無添くら→はま寿司→かっぱ」を順繰りと、推し100円寿司店が変遷してたりします。

食べホー人気すぎィ!

今回、休みの日に思い立って「かっぱ寿司の食べ放題いこうぜ!」となり、いざWEB予約・・・と思ったのですが、その人気さに驚かされました。

うちの近所に2店舗あるのですが、どちらも14時および17時はもういっぱいで席が取れなかったのです。

どうやら食べ放題の時には食べ放題専用のレーンが1つ設定されて、そこの席分しか予約が取れないようになっているっぽいんですね。
15時などの中途半端な時間であれば空きもあったのですが、それでもカウンター2席のみなどで、子連れで行くには厳しい環境でした。

運良く、自宅から車で40分ぐらいのところにある隣町のかっぱ寿司にて14時の席が空いていたので即予約。
そうして参加するに至ったのです。

食べ放題のルール

かっぱの食べホーにはそこそこ厳しいルールがありました。

まずはタッチパッドが通常のものと違っていて、食べ放題専用のメニューしか表示されないようになっています。
つまり、基本的にはその中にある商品から選ぶことになり、「かっぱの全メニューが食べ放題」というわけではないのです。

あんきもやらたらの白子やら食べたかった人には残念賞ということ。

そして、時間制限は60分となっています。
一般的なビュッフェが80~90分ぐらいの時間設定で行われているのを思うとやや短い気がしますよね。
※ただし、1テーブルあたり+500円で10分の延長が可能

そのうえ食べ残し厳禁、シャリを残した場合は1貫あたり30円の追加徴収という罰則もあります。

何気にこのルールによって苦しめられた感もある・・・そんな感じです。

かっぱの食べホーを楽しんだ感想

かっぱの食べホー、我が家では大人の男女1名ずつ、3歳児1人で参加してきました。

普段は回転寿司に行った場合、多くても3,000円行かないぐらいの食事量の3人です。
でもまぁ、普段は「好きなだけオーダーする」みたいな頼み方をしていないので、「本気出したらもっといけんだろ」みたいな軽い気持ちでの参加だったことは否めません。

先に僕らが今回消費した枚数を書いておくと、100円のお寿司が28枚、200円のお皿が6枚、180円のお味噌が1杯、180円の茶碗蒸しが1つ、100円のお椀が3つ、そしてドリンクバーが3人分でした。

なので・・・2,800円+1,200円+180円+180円+300円+ドリンクバー×3となり、計4,660円+αといった計算になります。

支払った金額は3,060円+税(小学生未満は無料)だったのを思うと・・・1,600円分は得したことになるのかな・・・?
「元を取る」という表現は好きじゃないですがw、まぁ支払った分以上は食べられるのかなーといった感じです。

あれこれ頼めるのは楽しい!

今回、何が良かったって、テーブルにあれこれ商品をたくさん並べて食事ができたこと。
これがもうすごく楽しかったです。

特に普段オーダーしないようなお寿司も食べてみようって気になりましたし、

たこ焼きとか、からあげとかポテトとかも気兼ねなくオーダーしちゃおうって思えたので、いろいろ試せて良かったなと。

茶碗蒸しなんかも、普段だったら絶対に食べなかっただろうけど、この機会にオーダーしてみました。
普通に美味しいですし、今後も箸休め的にオーダーしちゃうかもしれません。

そして地味に嬉しかったのはあおさのお味噌汁すらもオーダーできたことですね~。
お寿司にはこれがあるのとないのとで全然違うと思うんですよ!

なので、1,580円+税を支払って得られる楽しさという点ではかなり良かったと思います。

デザートが選べるのも嬉しい・・・!

そして食べホーのメニューには、一時期話題になったあのデザートも含まれていました。

店舗で手作りしているというプレミアムプリン!

これはですね、普段使いの時でもオーダーして欲しいぐらい美味しかったです。

写真はホイップが乗っている方のプレミアムプリンですが、断然こっちがおススメ。
というのもカラメルが濃厚すぎて、ホイップがない方だとせっかくのプリンの味が感じられなくなってしまうから。

今回これを食べられたのは本当に嬉しかったです。
後ろの席のご夫婦は2つ3つオーダーしていましたw

シャリをなめてかかったら痛い目みる

ただですね・・・楽しい楽しい言ってられるのもスタートから20分ぐらいまで。
そこからはもう苦痛でした。

「食べたいけれど、もう入らない・・・」

食事が好きな人にしてみたら、これが如何に苦痛かがわかるかと思います・・・。
目の前にあるボタンを押せば、いくらでもお寿司やからあげ、デザートが運ばれてくるわけですよ。
なのに、もう体が受け付けないんです。

「くっそー・・・本当ならもっと食べているはずなのに・・・なぜこんなに食べられないんだ・・・」

って、冷静に考えてみたら・・・これ、基本的に炭水化物をずっとお腹に入れているからなんですよね。

普段「回転ずしなんて小さいし、いくらでも食べられるわー」なんて思っている方!
シャリをなめてたら痛い目みますよ・・・。

ギャル曽根ちゃんとかもえあずちゃんがどれだけすごいか・・・思い知らされました。

とくに上に写真を載せた「まぐろたたきアボカドロール」。
これがすごく美味しくて大好きだったんですが・・・シャリ量パネェぞ!!!

調子こいて2皿、3皿オーダーしたら確実に失敗します。

※たこやきやポテトもボディーブローのようにジワジワと効いてきます

時間制限と4つまで制限というトラップ

しかもですね、冒頭に書いた通り時間制限があるわけですよ。
そう思うと焦っていっぱいオーダーしちゃうじゃないですか。

で、かっぱ寿司のタブレットって一度に4皿までしかオーダーできない仕組みになっているんですよね。
これがトラップを誘発。

誰が何をオーダーしたかがわからなくなり、「あれ・・・それ2つもオーダーしてたん・・・?」みたいなことが起こり得るのです。

ポテトを2皿とかオーダーした日には地獄を見ることになるでしょう・・・。

ドリンクバーなんていらない

また、この食べ放題メニューにはドリンクバーがついているんですよ。
これ、最初は「マジかよ!ドリンク飲み放題もついて1,580円なんて凄いじゃん!!」って感動していたのに、ふたを開けてみたら「ドリンクなんていらないよ・・・」となりました。

だって、普段回転寿司に行ったら、テーブルにあるお茶を飲むか、お酒をオーダーするか・・・ってところじゃないですか。
調子に乗ってここでコーラでも飲もうもんなら・・・お腹にたまっちゃうんですよ!

誰ですか、コーラは発泡しているから胃を膨らませてくれるなんて言ってたのは・・・普通にお腹いっぱいになるじゃん。

頑張って詰め込んだら体調悪くなる

でまぁ、当たり前のことなんですが、せっかくだからと頑張ってお腹に詰め込むと・・・体調悪くなりますw

僕ら夫婦は二人とも「うわー、もうお腹いっぱい・・・入らない・・・」ってぐらいまで食べちゃって、その日の夕飯は食べられませんでした。
それどころか、家に帰ってきてから倦怠感に襲われてしまって、夜中までほぼボーっとして過ごすことに・・・。

普段意識していないことですが、食べたものを消化するのにも体の中では体力を使っているんですよね。
なので・・・お寿司を食べてきただけなのに、この日は異様に疲れてしまったというわけです。

僕に至っては翌朝になってもお腹が空かず・・・口の中には口内炎ができ・・・さんざんでしたw

※かっぱ寿司が悪いというのではなくて、あくまで僕の体がヘタレというお話です。

本当にお得だったのか・・・?は微妙なところ

そしてそして、、これが一番重要なことで・・・、「3,060円の支払いに対して4,660円分は楽しんだ」という事実が「本当にお得だったのか?」というと、かなり微妙なところだったと思います。

1,600円分の差額だったので、お皿でいえば16枚分。
お寿司に換算すると32貫に値するわけで・・・この数字だけ見れば相当得だと思えますよね。

でも、その16枚のうち大半は「無理矢理詰め込んだ」可能性があるんです。
「本当は要らなかったのに、食べ放題だから食べよう」・・・みたいな気持ちで。

だったら、本当に好きなものだけを好きなだけオーダーして終えた方が良かったんじゃないかな・・・と。

これが中学生の頃みたいに無限に食べられた頃なら話は別だったと思うんですよ。
でももうアラフォーですしね・・・食べ過ぎ厳禁です。

1,580円+税って1,700円ぐらいですもんね・・・普段16皿も食べないもんなぁ・・・。

おわりに

というわけでかっぱ寿司の「かっぱの食べホー」に行ってきた感想でした。

本当は憧れの「二貫食い」とか、「全メニュー制覇」とかやりたかったんですが、自分の胃袋が追い付かなかったのが本当に悔しかったです。
しかもちょっと体調悪くなっちゃうし・・・!

ただ、「だからもう行かない」ってなるかっていうと・・・今思い返してもやっぱり楽しかったのは事実なんですよねえ・・・。
プリンも美味しかったし。

なので、次回(があるのなら)は今回の失敗を糧に、より楽しめるようにいきたいなと思いました。

反省点を挙げるなら・・・同じものを2つ以上一気にオーダーしないようにする、ポテトやたこ焼きは極力控える、シャリ多めのお寿司は避ける・・・といったところですかね。
あとはドリンクバーの誘惑に負けない、というのも入れておこうと思いますw

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ