ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジン(火曜・金曜更新予定)

auto worldの1971 DODGE DART SWINGERのレビュー!オートワールドってこんなミニカー

 -

   

今日はauto worldより「1971 Dodge Dart Swinger」をレビューさせて頂きたいと思います。

これが僕にとって初めての(そしてもしかしたら最後かもしれないw)auto world。
auto worldがどんなミニカーなのかも踏まえて紹介できたら幸いです!

スポンサーリンク

auto worldってこんなミニカー

ブリっと開封いたしました~。
僕が購入したのはauto worldの1/64スケールシリーズより、Vintage Muscleアソートの1971 Dodge Dart Swingerです。

オートワールド・・・日本でもちょいちょい見かけますよね。
ERTL(アーテル)が展開していた1:18スケールミニカーにルーツがあるのかな?(ここらへんはちょっと情報が曖昧)
現在はRound 2社傘下で1:64スケールも精力的にリリースされています。

ちなみにRound 2社といえば、ジョニーライトニングも傘下に持っている会社さんです。
そのためか・・・auto worldの1:64スケールはジョニーライトニングによく似ている気がしますね~・・・(ホットウィールとマチボみたいな関係かな)

・・・余談ですが、ERTLもジョニーライトニングももともとはRC2という会社(Racing Championsを持っていたところ)のミニカーブランドだったのですが、2011年にRC2はタカラトミーに買収されました。
その後2013年にタカトミはジョニーライトニングブランドを廃止したのですが、Round 2社が買い取って復活したのだそうです。

もしかしたらauto worldもそういう経緯をたどっているのかな??

この辺の3インチダイキャストカーの歴史をしっかり辿るといろいろ面白そうですよね。

auto worldのミニカーの特徴としては「アメ車中心」「TRUE 1:64 SCALE」「ディテールが細かい」というところが挙げられると思います。

また、他のミニカー同様に希少モデルも設定されており、ギラギラとしたルビーレッドの「Ultra Red Chase」がそれに当たります。(いつかは欲しい)

販売形式はジョニーライトニングやグリーンライトのような6種1ケース方式で、チェースはそこにたまに含まれる・・・といった感じだそう。
価格は1台あたりだいたい1,600円ぐらい・・・ってところですかね~。(ホットウィールに慣れてると高い)

ミニカーのレビュー

ではミニカーの方も観ていきましょう~。
僕が今回ゲットしたのは1971 Dodge Dart Swingerです。

ダッジ・ダートの4代目モデルに、1969年から「スウィンガー」というトリムレベルが追加されました。
どうやら同時期に登場したチャージャーとの差別化なども関係していたそうなのですが、いまいちこの辺の情報がよくわからず・・・。

そもそもダッジの上層部すら「スウィンガー」というモデルがあったことを知らなかったのでは?という話も見かけましたw(本当かな!?)

その頃のクライスラーマシンにはプリムスダスターやダッジデーモン、そしてチャージャーにチャレンジャーに・・・というマッスルカーが存在していましたが、ダートを含めて色々なモデルで似たような機能・・・いや、なんだったらボディを共通化して顔だけ変えて・・・などが存在したそうです。

そういえばダッジデーモンってもともと「beaver(女性器のスラング)」っていう名前で開発が進んでたんですよね。
何気にswingerっていうのもシモネタ系の名前だそうで・・・当時のダッジの開発陣は相当たまってたんじゃないかとw

このフロントマスクなんてダッジデーモンのそれにクリソツな気がするもんなぁ・・・。

あ、そうそう・・・この前後ビューを見て頂けるとわかるとおり、ボディが斜めにハマってます。
これ、面白いもんで・・・

JOHNNY LIGHTNING 1969 Chevy Corvetteのレビュー!JLってこんなミニカーだ!

↑以前入手したJLのコルベットが同じような感じだったんですよ。
どっちもRound 2のブランドっていう。

この2台だけで判断するのは早計でありますが、この中華工場の「クセ」みたいなものだったりしますかねえ~??

ホットウィールやトミカなどと比べると、さすがのディテーリングといった感じ。
ただ、ディテールの細かさとクオリティというのは比例するわけではなく・・・「ロークオリティ・ハイディテール」って感じでしょうか。

お尻側もこんな感じ。

ボンネットにはオープニングギミックがついており、中には340 V8エンジンと思しき造形も。
しっかりここまで色分けされているのは嬉しいですね~。

全長はだいたい76.5mmといったところでした。
ダッジダートの全長が4,890mmなので、true 1:64スケールというのは間違ってないみたいですね!

ホイールもなんかこだわった感じのヤツ(テッチン風?)になってたし、タイヤにも細かいホワイトレターが入ってたし、本当にハイディテールぞなもし。

なんといってもこのボトムビュー・・・これがもうJLまんまやん!って感じがします。

MADE IN CHINAで「dongguan guangdong(東莞市)」の印刷入りなのも同じだし・・・

あ、ただタカトミのライセンス表記はなかったな~。

おわりに

というわけで!auto worldの1971 DODGE DART SWINGERでした!

オートワールド、ずっと気になってて、ある時セールになっているのを見かけて喜んで購入したんですが・・・ついつい開封するのが遅れてしまいました。
これ・・・2013年だか2014年だかのアイテムみたいですね。

ちなみにオートワールドも基本的にその時を逃すと買えないミニカーだと思いますが、例によって「カラバリ」という形で展開をしていますので、ダッジダートスウィンガーが欲しいよ!ってだけなら今後も入手は容易なのではないかと!

AUTO WORLD VINTAGE MUSCLE 1971 DODGE DART SWINGER TRUE 1:64 SCALE
created by Rinker
   

 -

   

スポンサーリンク