ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

2歳9ヵ月の息子と南船橋アメイジングワールドに行ってきた!やや高いけど、広いけど空いてるプレイランド

 - こども関連 ,

      2017/08/09

先日、南船橋にあるプレイランド「アメイジングワールド」に行ってきました。

このところあまり外で遊んであげることが出来ず、なんとなく息子のストレスが溜まっていそうだったので、ガッツリ遊んであげよう、と。
でも真夏で外にいるとすぐにバテてしまうので、行ったことのないプレイランドにしてみようという話になって、近場かつ行ったことがなかったのがこちらでした。

オススメな点、いまいちな点、いろいろありましたのでレビューです。

スポンサーリンク

南船橋アメイジングワールドのレビュー

アメイジングワールドは株式会社あそびの森が運営する大型の室内型プレイランドです。
現在、僕らが行った南船橋の他、愛知県、兵庫県、奈良県に存在しているようです。

南船橋にはIKEAやららぽーとがあるので、遊びに行くとだいたい一日で回り切れずに終わる感じなのですが、実はららぽーとの奥にも「ビビット南船橋(旧ビビットスクエア)」という複合施設があるのです。
残念ながらららぽーとに比べるとやや人が少ない感じがしてしまうビビットですが、個人的にはHARD OFFやSeriaなど・・・むしろららぽよりもこっちに来るために南船橋まで足を運ぶことが多いです。

・・・頑張ってほしいところ!

今回はアメイジングワールドに来る用事がメインだったので、IKEAやららぽーとには一歩も足を踏み入れませんでした。
お昼前ぐらいから夕方までガッツリ楽しむことができました。

遊具について

アメイジングワールドは広い店内(下手したらUSのプレイランドより広い)にたくさんある遊具が遊び放題です。
バルーン系の遊具と、パズルのような玩具、乗り物、砂場、絵本・・・などがありました。

店内に入ってまず目に入ったのが、大型の滑り台です。

滑り台はこうしたバルーンのものだけでなく、

人工芝みたいな山のタイプのもの、

ボールプールとセットになっているものがありました。

もう、これらを何往復かするだけでも余裕で1時間ぐらいは遊べますね。
我が家のもうすぐ3歳になる息子も、本当に何往復したのかわからないぐらい何度も何度も遊んでましたw

バルーン系遊具は他にも、中がボールプールになっているハウスタイプのものや、

なんだろうこれ・・・なんか登ったりできるようなヤツもありました。

バルーンハウスは僕が子供の頃に遊べなかった記憶があるので、楽しんでいる息子をみて少し・・・いやかなり羨ましく感じてしまいました。

こういったおままごとっぽいスペースもかなり充実しています。

さかな屋さんのとなりには湖のような場所があって、マグネットの釣り針でお魚が釣れるようになっていました。

その向かいには小さいソファーと絵本、パペットのコーナー。
より小さい子はこういうところでゆっくりしてもいいかもですね。

斬新だなーと思ったのは、おえかきのかべ。
真っ白なホワイトボードみたいな壁に、クレヨンのような筆記具を使ってガンガン落書きをしてよいというもの。

家の壁に落書きしたら怒られるけれど、ここならOKというわけです。

最後の方は絵の上手なお母さんたちが腕を競う場所になってましたw

息子は見向きもしませんでしたが、頭を使うような玩具も用意されています。

トリックス・トラックは積み木を組み重ねることで「ピタゴラスイッチ」みたいなのを自分で作れるというもの。
僕ら夫婦がはまりそうになりましたが、即行で飽きた息子がどこかへ走って行ってしまったので組み立てられずに断念。

なぜか室内なのにお砂場も。
アウトドアなのかインドアなのか!?という疑問はさておき、抗菌の砂で猫のフンなどの害もなく遊べるお砂場というのはなかなか便利なのかもしれません。

お砂場横にはちゃんと足洗いスペースと、水を拭くペーパーが用意されているので安心です。

あとはこんな感じのライドや、

1日2回(11:30~と15:30~それぞれ30分ずつ)しか出発してくれない、手作り感満載のトレジャートレインという乗り物もありました。

トレジャートレインはごく短いコースを一周するだけの汽車ポッポなんですが、息子はかなり楽しかったようで2回も並んで乗っていました。

大人が一緒に乗らないと乗れませんが、子供同士だけでも後ろの車両に大人が乗ればOKというルールです。

食事スペース

一応店内には飲食用のスペースも用意されており、持ち込みも可能なので、ここで食事をすることができます。
以前はカフェが運営されていたようですが、僕らが訪れた時にはすでに閉鎖されていました。

なので、必然的に持ち込むか、外に食べに行くかしか選択肢がありません。
もしお弁当を持ってきていなければ、1DAYパスで入場していれば施設への出入りが自由になるので、ビビット2階にあるフードコートやサイゼリヤなどに行くということになります。

ちなみに厨房スペースの棚の上にドンとゴキジェットが置いてあったのは内緒です。
※あれ、どれだけ注意してても外から入ってきちゃうんですよね・・・。でも見えないところに置いておいてほしかったw

入場や料金について

アメイジングワールドに入場するには事前に会員になっているか、WEBで新規に申し込みをしておく必要があります。
この会員登録料というのが1家族で330円かかり、毎年の更新が必要というものなので・・・僕ら家族のように南船橋が地元じゃない人からするとなかなか厄介なシステムだなと思いました。

事前の申し込みをしていなくとも、当日の入会は可能です。

ただし、受付脇にあるパソコンを使って、その場でWEB登録をしてからの申し込みという形になります。

料金は1時間530円、1DAYが1,050円。
※夏休みは1時間640円、1DAY1,200円と値上がり・・・!

しかも基本的に遊具では遊べないような大人にも同じだけの料金がかかります。(親子3人で1DAYなら3,150円ということ)
こうした料金設定が他のプレイランドにくらべてなんとも残念なところかもしれませんね~。

ちなみに貴重品を預けられるセーフティボックスも用意されていましたが、こちらはちゃんと100円が返ってくる仕組みのものだったので良かったですw

おわりに

というわけで、アメイジングワールドのレビューでした。

とにかく施設の面積は広く、遊具もたくさんあるので僕ら家族は本当に4~5時間ぐらいは滞在してしまったのを思うと、かなり楽しめたのではないかと思います。
また、トイレや砂場なども基本的には綺麗だったので嫌悪感なく遊べました。
※バルーンはところどころ穴だらけでボロかったですが・・・w

また、平日利用だったので子供の数が全員で10人にも満たないぐらいしかいなかったため、ほとんどの遊具が貸し切りという状況だったのも良かったですw
・・・その状態が続くとヤバイでしょうけど。

隣に保育所のようなものが併設されているので、ここと共同経営的な感じなんですかね。
たまに赤ちゃんたちも入ってきて遊んでいたのが印象的です。

南船橋近辺で子供の遊び場に悩んだ時には一つの選択肢としてありかもしれません。

追記

余談ですが、平日利用に限り、大人はマッサージ器が無料で使えるというメリットもありました。
結構本格的なヤツで、息子の目を離して大丈夫なのであれば30分ぐらいしっかり使いたかったです。めちゃ気持ちよかった。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です