ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

アラフォー、腋毛を剃る。

 - からだのこと

      2018/12/07

どうもこんにちは。
この度、38歳にして初めて腋毛を剃ってみた系男子の僕です。

なぜこんな年齢になってから急に腋毛を剃ることにしたのか。
そしてそこから得たかったものは得られたのか、何かメリットはあったのか・・・デメリットはなかったのか、などなどについてまとめましたので、腋毛が気になるアラフォー男子の参考になれば幸いです。

あ、特にアラフォーかどうかはあまり関係ないかもしれません。

スポンサーリンク

なぜ、僕は38歳にもなって腋毛を剃ることにしたのか

腋毛。
それは、賛否両論あると思いますが、セクシャルアイテムとしても使われる体毛の一つです。

RIP SLYMEのSUさんにしてみたら、真冬にも気になるあの子のパーツの一部。

フェロモンが出るからと、あえて伸ばしている人もいるとかいないとか。

なぜか男はボーボーでもいいけれど、女の子はツルツルじゃないといけないという風潮がある、謎の体毛ともいえます。

さて、そんな腋毛ですが・・・なぜ38年間育て続けてきた僕が急に剃ろうと決心したのか。
それは・・・「なんか今年体臭がすっごい気になったから」です。

制汗剤直後に臭ったワキ

体臭とひとくちに言っても、ワキの臭いだけでなく色々あります。

ただ、中学生くらいの頃からずっと気になっていたのは、汗をかいたあとのワキの臭いです。
世の中には全くにおわない人もいるんだと思いますが、僕はにおう方だった。クッソクッソ!!

数年前にAg+というアイテムに出会ってからは、その効果の高さのおかげで夏場もほぼほぼ悩まずに過ごすことが出来ていました。

が、ここ2~3年、息子と夜にお風呂に入るようになってからは朝にシャワーを浴びることを辞めてしまい、それと前後するようにAg+が効かなくなっていきました。
そしてついに先日、Ag+をプシュー!っと噴射した直後のワキですら「ん・・・なんかにおうな・・・」と思うようになってしまったのです。

腋毛が体臭の原因に

で、よくよく調べてみたところ、体臭の原因となるのは「汗」と「皮脂などの汚れ」ということがわかりました。
汗や皮脂を脇の下などの「臭う部分」にいる悪玉菌が餌として食べ、その時に嫌な臭いを発していたのだそうです。

要するに、毎朝シャワーを浴びて、腋の下もしっかり殺菌・抗菌できていたところに噴射していた制汗剤なら、その効果も強かったはずですが・・・前日の夜に洗って、一晩寝汗なんかをかいて、腋毛についた汗があれば・・・雑菌はそれを餌に嫌なにおいを出してしまうということです。

「それならば!」と思って、毎朝デオドラントシートみたいなヤツで腋の下を拭いてから制汗スプレーを使っていたのですが、どうしても腋毛一本一本を拭くのは難しいし、腋毛があるせいで拭きづらく、多少の軽減はできたものの納得のいく仕上がり(香り)にはならなかったのです。

そこで僕は思いました。

「腋毛なんか、腋毛なんか生えてなかったら良かったんや!!!!」と。

腋毛を剃ってみた感想。メリット・デメリット

というわけで、思い切ってジョリジョリといってみたわけです。

そうそう、ここで一つ衝撃的な事実をかいておきますが、多くの女子は若いころから腋毛をジョリジョリとやってますからね。
特段珍しいことでもなんでもないです。

大人になるにつれて、「こりゃ永久脱毛した方が楽だ」つってツルツルにする人もいますが、大人になってもジョリジョリやってる人だってたくさんいます。
みんなが女子の腋毛を見ないで済んでいるのは、彼女たちの涙ぐましい努力があるということを忘れてはいけません。

さて、実際に僕が剃ってみた感想について、そのメリット・デメリットについては以下になります。

腋毛を剃るメリット

メリットはやっぱり「清潔にできる」といったところではないでしょうか。
正直、いままでは腋毛に邪魔をされて、ワキのしたをしっかりと洗えていなかったのではないか!?と思います。

デオドラントペーパーで拭く際にもしっかりと肌の汚れにアタッチできるような感じがして、なんとなく「綺麗になったー」と思えますし。

結果的に、若干ニオイも軽減したような気はしますが・・・もしかしたらプラシーボかも。
このあたりは判定基準がないのでなんとも難しいですねw

腋毛を剃るデメリット

デメリットは・・・たくさんありましたw

まず、剃ることで毛先がとがってチクチクします。
僕の場合、普段生活している分にはなんてことないですが、お風呂に入ると毛が逆立つんですかね・・・?その時にすごくチクチクを感じます。

チクチクするのもありますし、見た目的にも気になるので、頻繁に剃らなければなりません。
本来腋毛は髪の毛より早いサイクルで生まれ変わっているので、普段からお手入れなんか一度もしなかった僕でさえ、一定の長さに保たれていたわけですよ。
これを頻繁にお手入れしなければならないと思うと、かなり面倒です。

・・・ヒゲ剃るついでにお風呂でやっちゃえばいいんですけどね。

そして最大のデメリットは、ふとした時の人目が気になるといった部分ではないかと思います。
昨日も電車のつり革につかまろうとして「ハッ」としましたw

ツルツルならまだしも、剃った後のワキって結構見た目的には汚いんですよ。毛穴が目立つし。
ちょっとでも伸びていようものなら、「あいつ、腋毛の処理してんのか」って思われるんじゃないかと不安になったりしますし。

・・・別に処理してたっていいじゃんなぁ!

でも、なぜか男子は腋毛の処理しちゃいけないような風潮ありますからね・・・。
「すごいよ!マサルさん」のスーザンだって「男のくせに腋毛の処理をしていた」ということがセクシーコマンドーの武器になっていたわけですし・・・。

脱毛を考えるか否か

実は僕が腋毛を剃る決意をしたのは、妻に「脱毛サロン行ってみたら」と言われたのがキッカケだったりもします。

たしかに脱毛サロンに行けば綺麗に仕上げてもらえるわけですし、チクチクしないし、自分でやらなくてもいいし・・・良さそうなんですよ。
でも、なんとなく怖いじゃないですかw未知の体験だし。

そこで、先に「脱毛体験だけやっておこう」と思ったんですね。
「家にカミソリあるんだから剃れるじゃん」つって。

で、まぁやってみてどうだったか?というと・・・上ではデメリットを多く挙げたものの、僕は脱毛をやってみたいと思いました。

腋毛で悩みたくない人は脱毛やってみていいんじゃない

なんだろう、腋毛なんてあってもなくてもいいんですよ、きっと。あんなもん、飾りです。
偉い人にはそれがわからんのですよ。

だから、もう二度と腋毛のことで悩みたくないわけです。
もう脇にカミソリを当てるのもイヤなんですよ。

なので、それから解放されるのなら良さそうだよなーと。

なんだろう、一度剃るともう伸ばすのも億劫というか・・・気になっちゃうんですよね・・・。

脱毛=永久脱毛ではない

脱毛サロンと聞くと、もう二度と腋毛が生えてこなくなるものと早とちりしてしまいがちですが、脱毛のすべてが永久脱毛というわけではないみたいです。
なので、「やっぱりまた腋毛のある生活に戻りたい」と願う人(いるのか!?)でも、永久脱毛を選択しなければOKということです。

要するにお試し脱毛みたいなのがあるわけですね。

僕だったらもう通うのすら億劫だし・・・永久脱毛してほしいけど。
毎回通えばその分お金も時間も浪費してしまいますしね・・・。

臭いが気になるだけなら制汗剤を変えるのも手

逆に、「腋毛が気になるのではなく、ニオイが気になってるだけなんだよ!!」っていう人は、脱毛という選択肢ではなく制汗剤を変えてみる方がいいかもです。

僕が使っているAg+はミョウバンと殺菌・抗菌成分が入っているので、理論上はワキの汗腺を収れんさせたうえで、雑菌を除去してくれることによってニオイを断ってくれるものです。
例えばミョウバン配合ではなくて、塩化アルミニウムのような強い収れん作用のあるものを使うとかでも効果は違うと思います。

ただ、塩化アルミニウムは肌に合わなければ副作用としてかぶれたりするそうなので・・・これもお試しでいろいろ使ってみたいところではありますね。

おわりに

というわけで、アラフォーが腋毛を剃って感じたことまとめでした。
オッサンが腋毛をチマチマ剃っている姿を想像して気分を害した方がいたら申し訳ありません。

そうだ、チクチクさせないためには一本ずつ毛抜きで抜くという方法もありますが、腋毛の本数次第では果てしないので辞めておいた方が無難です。

スポンサーリンク

  こちらの記事もおすすめ