ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

FORD GTの3インチミニカー、ホットウィール・トミカ・マジョレット比べ。

ほんっとうに今さらなんですが・・・2017年のトミカ「フォードGT」の初回盤を入手しました。

これです。
箱は潰れてたけど未開封新品をお安く入手。

・・・なぜ今なのか!?

その理由は、、、

リサイクルショップでこいつをゲットしちゃったんですよ。
マジョレットのFord GTです。

ちょっとキズもので、、、100円でした!

そして我が家にはホットウィールのフォードGTもいるのですw

というわけで・・・3メーカーのフォードGTを比較してみたいなと思ったのであります!

スポンサーリンク

Ford GTを比較するんだぜ!

というわけで3メーカー出揃いました。
みんなちがって、みんないい。新型フォードGTです。

ホットウィール(左)とトミカ(中央)が2017年に出て、マジョレットはどうやら2018年モデルだったみたいですね。

あとはSikuとかMaisto Designとかでも出てるみたいなんですが、カラーリングがブルーじゃなかったっぽくて今回はスルーしてます。
(ゲットできなかっただけという噂)

では順に見て行きましょう!

フロント・リア

おもしれー・・・。
各社ともフォードから正式にライセンスを受けて張り切って作ったと思うんですが、やっぱり方向性が違うというか、完成形に差があります。

正面から見たフォルムで実車に近いのはトミカかな~?
ホットウィールは若干、グリル回りが仰々しい感じ。

マジョレットはちょっとデフォルメが効いてますかね~。

でもマジョレットは果敢に「サイドミラー」で攻めてるなぁ。おもすれー!!

ヘッドライトの表現方法も各社異なっていて、ホットウィールはタンポ印刷(パッド印刷)によるトリックアート風。
トミカはいつものシルバーベタ塗り。
でもってマジョレットはクリアパーツ仕上げです。

全体的な造形さえよければマジョレットが最強だったな・・・。

一方後部デザインはマジョレットが一番実車に近い感じがしました。
テールランプも塗られてるし!

サイド

見事に大・中・小と大きさが分かれております!

全長はそれぞれ76mm、74mm、72mmといったところだったので、実車の4,763mmに対してだいたい1/62、1/64、1/66というスケールみたいです。

ホイールは純正に近いのがホットウィールのヤツですね。
でもまぁ・・・違うけどw

個人的な特筆ポイントはここ!
ドア脇の、後部に空気を抜けさせる穴があるところ。

ホットウィールはこんな感じで、グレーの別パーツを使ってあり、実際に穴が開いているわけではなく、それっぽい仕上がりになっていました。

トミカもドアの後ろのパーツは別パーツ化。
でもってしっかりとここは抜いてあって、実車に忠実な感じ。

一方マジョレットは一体成型。
ここだけ見るとかなりチープな印象を受けます。

トップ・ベース

トップビューで見ると、どれも妙に縦長な印象を受けますね~。
事実、全幅からのスケールを見ると、1:67、1/68、1/69といった感じになっていました。(なので実車に比べて縦長)

デザインもやっぱり微妙に違ってて・・・。
一番実車に近いのはやっぱりトミカなのかな~。

面白かったのはAピラーのアプローチで。
ホットウィールはメタルボディの一部として作られており、カラーはそのままボディと同じに。
トミカもボディの一部になっているんですが、わざわざ黒く染めてありました。

マジョレットはメタルでは成形せず、ウィンドウパーツにモールドを入れることでAピラー風にしてあります。
うーん、やっぱトミカに軍配!

ついでにエンジンルームのアプローチとボディカラーについても観ておきます。
ホットウィールのエンジンはなかなか迫力がある感じ。

ボディーカラーはスパークル+キャンディカラーなんですが、単純な青ではなく緑っぽいギラギラが散りばめてあって、光の角度によって色が変わる仕組みに。

お次はトミカ。
ホットウィールに比べるとカッチリと作られている感じのエンジン。

ボディカラーは同じくスパークル×キャンディなんですが、こっちは純粋に青!って感じ。

そしてマジョレット。
エンジンはもうちょっと頑張ってほしかったかな~。

エンジン回りの階段状になっている部分がホットウィールやトミカと違ってメタル製になっていました。

ボディカラーはブルーのスパークルですが、トミカよりは色が濃いめ。

底面もトミカが一番頑張ってる感じですかね~!
さすが日本のミニカーなのに輸入品より高額なだけあるぜ!!

ちなみにホットウィールはマレーシア製、トミカはベトナム製、マジョレットはタイ製となっていました。

おわりに

というわけで、急遽青いトミカをゲットして比較することになったFORD GTでございました。

何の思い入れもないマシンなんですけどね・・・。
なんていうか、2つ揃っちゃうと3つ揃えたくなっちゃうっていう、、、まぁ一種の病気よね。

とりあえずSikuとMaistoのFORD GTは青じゃないからスルーできるとして。
今調べてみたらGreenlightのヤツが青っぽいんだよなぁ。。。うむむむ。

   

 - , , ,

   

スポンサーリンク

Comment

  1. super cub より:

    ものすごく興味をひかれる内容で、何回も読み返してしまいました。
    やっぱりドアミラーが有る無しで、リアルさが全然違ってきますね、サイドから見たらマジョレットが一番実車に近いかも?
    正面からはHW,後ろからはマジョレットがカッコイイかな?
    三社の良いとこどりしたら、スゴイマシンが出来上がっちゃいますね~。

    販売価格は、マジョレット>トミカ>HWの順ですが?
    リアルさではどれも、特徴があり甲乙つけがたいです。
    HWは価格の割にデティールがしっかりして、この辺が他の3インチミニカーに引けを取らず、人気なのかも知れませんね⁈

    そうそうマジョレットですが、最近プライムモデルでRACING EDITION2が発売され、なかでもセリカGTとGT-RニスモGT3の出来栄えが良く大人気になりそうです、チャンスがあれば是非見て下さいませ。
    ちなみにプライムモデルなので¥698と高価格になっています。

    • kaketayo より:

      super cubさん

      コメントありがとうございます!
      ミニカーの各社比較ってめちゃくちゃ面白いですよね~w

      こうなってくるとSIKUとかMaistoも欲しいんですが、、、
      そんなにFORD GTばっかりあってもなぁ^^;

      販売価格はまぁ・・・難しいところがありますよね。
      ホットウィールの$1っていうのは客寄せパンダ的なウソ価格ですし、、、
      (ウソっていうか、オリジナルカーがあるおかげで均衡がとれてるというか)

      >プライム

      おおう・・・マジョも最近すごく精力的ですよねえ!
      個人的には前シリーズのVaillantポルシェが今さらすっごい欲しくなってます、、、

      でもなぁ・・・698円かぁ。ホットウィールのプレミアム並みかぁwくぅー!

      • super cub より:

        マジョレットって、ホムペに出ていないシリーズがあるんですよね⁈ 前のイオン限定とか?

        今回のRACING EDITION2も、ホムペにラインナップが出ていなかったし~、もう担当者さんがUPするの忘れちゃったのかな
        、とか、もうどなたかエロイ人教えて!

        セリカもGT-Rも左ハンでした。

        • kaketayo より:

          super cubさん

          ありますね~!
          まぁホットウィールも似たようなものかとw

          ああいうのって「出しとくか!」っていうのと「出さないでいっか!」っていうのの差がどこにあるんでしょうね・・・。不思議。。。