ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

息子が旅先で購入したRealtoy FDNY 5パックのレビュー【Daron】

 - ミニカー

   

仕事の関係で夫婦そろって遠征をしなければならない・・・というケースが我が家にはあります。
そんな時は必然的に息子(もうすぐ4歳)を連れて行かなければなりません。

自分も小さい頃ってそうでしたけど、子供にとっては旅先って何をしたらいいかわからないんですよね。
結局退屈なので、よくグズるんですよ。

そこでまぁ、なだめるための手法として「ちゃんと良い子にしていられたら、何か一つおもちゃ買ってあげるから」みたいな甘やかし方って、結構多くの親がやってるんじゃないかと思います。

・・・ほんと、自分もそうだったなぁ。

で!

今回(結局はそこまで良い子にはしていられなかったけど)息子に何か1つ選んでいいよと告げたところ・・・持ってきたのがこれでした。

Realtoy社製のFDNY 5パックです。

他にももっと安価なヤツがあっただろうに・・・よりによって$20以上もする5パックものを選んでくるとは・・・!

$20で5台ですから・・・1台あたり$4。
当時のレートで考えたら460円ぐらい?

普通にトミカを定価で買うぐらいのヤツを5個も一気に買うことになりました。。。

とはいえ、我が家にとってもたぶん初となるRealtoy。
どんなもんか、いろいろと見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

FDNY 5パックのレビュー

改めて、今回購入したのはFDNY 5パックなるアイテムです。

パッケージは現地でバリバリッとやられてしまったんですが、こんな感じ。

DARON Worldwide Tradingという会社が販売しているアイテムみたいですね。
FDNY・・・つまりニューヨークの消防署シリーズというもの。

日本のAmazonでも同じようなアイテムが売られていました。

そう、たしか現地でも何種類かのこんな感じの5パックがあったんですが、息子の「ハシゴが伸びる消防車がどうしても欲しい」という想いが強く、これになったのです。

※さんざん「あとでトミカのハシゴが伸びる消防車買ったらどう??」という提案をするも、この5パックが欲しいという決意は断固として揺るがなかった模様。

というわけで、中身を1つずつ見ていきましょう。

FORD CROWN VICTORIA

まず1つめ。
2代目フォード・クラウン・ヴィクトリアのパトロールカーです。

実際のFDNYでも使われている車種らしく、画像検索をするとこんな感じのクラウン・ヴィクトリアがいくつか出てきます。
GREENLIGHTでもキャスト化されてるっぽいですね。(2代目ではなさそうだけど)

これ、結構仕上がりが良くないですか?
特にグリル部分の細かさとか、ボディサイドのタンポとか、なかなか丁寧な印刷です。

お尻側が赤一色+FDNYタンポだけなのは寂しいですが、普段ホットウィールに見慣れていると「おおっ・・・ここまで塗られてるの!?」と嬉しくなりますw

・・・とはいえ、1台460円かーと思うと微妙な気持ちになりますが・・・。

材質的にはメタル×プラってことになるんですが、5台のうちで一番ダイキャスト部分が多いのか、そこそこの重量がありました。

底面には「Realtoy」のロゴと、MADE IN CHINA、そしてFORD CROWN VICTORIAという記載がありました。
この5パックで唯一のライセンスドカーだと思われます。

ハシゴ車

お次はこれ。
息子の目当てだったハシゴ車です。

名前はよく知りませんが、FDNYのハシゴ車を検索すると出てくる大型の車体によーく似てますね。
それをちょっとだけデフォルメしたかな?って感じのアイテム。

当初はこの外からみた限りだとギミックがなさそうだったんですが、

この通り、しっかりとハシゴ部分が伸びたり回転したりするギミック付きでした。
息子は本当に大喜びでしたね~・・・。なぜか彼の中ではハシゴの先端から放水できる仕様らしいですw

さてこれ・・・見たらわかるとおりミニカーの大部分がプラで出来ています。
むしろキャビンの上半分以外は全部プラなんじゃないかな・・・。

なので、手に取るとかなりチャチな感じ。

その分造形の細かさはピカイチです。
すでにそこそこの塗り分けはありますが、もっとがっつり塗り分けてあげたらすっごくいい感じになるかも。

これはリペイント用にもう一つ欲しいと思わせられました。(息子のものだから勝手には塗れない)

散水車?と救急車

次は2ついっぺんに紹介。

散水車みたいなヤツと・・・

救急車です。

あれ・・・?
二つの画像を見ると何かに気が付きますよね。

あっ・・・!!!
同じキャスト使ってるよこれ!!!

おそらくですが、荷台部分のパーツを組み替えることで別の車種を表す方式を取ってます。

底面から見ると、この通り。
同じキャストで救急車の箱を付けたか否かの違いだけ・・・って感じですね。

そうかー・・・せめて違う5パックに入れるとかすれば良かったのに。
こういうのを同じセットにぶっこんじゃうあたり、なんとも海外チックです。

実際のFDNYで使われている救急車はどうもフォードのスーパーデューティ(F-350とか550とかそんな感じの)っぽいんですが、これはどうももっと以前の・・・70年代のF-250とかを彷彿とさせる顔つきをしていますね。

ヘリコプター

最後はこれ。
たぶんドクターヘリ的なヘリコプターです。

実際のFDNYがヘリを所有しているのかはわかりませんが、少なくとも検索した限りでは出てきませんでした。
なのでもしかしたら架空のアイテムかも・・・?

個人的には「車のセットなのにヘリ入れんなよ・・・」って思う部分もあるんですけどね~。
それでも息子にしてみたら遊びの幅が広がるみたいで嬉しかったそうです。

モールドの深さやタンポなど・・・これもまた作りは丁寧で良い感じ。
もしかしたらこういう部分に$4の価値があるのかもしれませんw

おわりに

というわけで、我が家に初となるリアルトイがやってきた・・・というお話でした。

・・・と言っても明確に「Realtoy」表記があったのって最初のクラウン・ヴィクトリアだけなんですけどね。
あとはDaronが勝手に作っただけのヤツを詰め合わせたのかもしれないし、その辺の真相はわかりません。

ただいずれも塗装や印刷の仕上がりは良く、なかなか侮れないなと感じました。

とはいえボディはいずれも軽いですし、460円ぐらいの価値があるかと言われると・・・なかなか微妙ではありますね~。
※実際には$22ぐらいはしてたので、1台あたり500円オーバーの可能性も。

まぁ価格は「旅先価格」ってことやFDNYのラインセンス料を考えたら仕方ないのかな。
・・・Walmartでは$11ぐらいだったっぽいけど!

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ