ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

どっちがお得?ソーダメーカーを導入するか、炭酸水を買うか

 - ショッピング

   

我が家のこの夏の炭酸消費量がすごいことになっていました。

炭酸水っていつのまにか市民権を得ていて、馴染みのある飲み物になりましたよね。
僕は大学生の頃に初めて飲んだ炭酸水がドイツの硬水のヤツで・・・一口二口飲んだだけで捨ててしまった覚えがあるのですが、最近の日本の炭酸水は本当に飲みやすくて重宝しています。

特に夏場、暑いせいか「スッキリしたものが飲みたい」って思った時にはこれに勝るものってないんですよ。
ビールとかぐらいしか。

でもルービーなんて昼間っから飲んでられないし・・・カロリーも気になるし。
そう思った時に炭酸水って最強なんですよね。

そんなわけで冒頭に書いたとおり、この夏は本当にめちゃくちゃ炭酸水を飲みました。
しかも僕や妻だけじゃなく、4歳の息子までも味を占めてしまい・・・何かにつけて「炭酸水飲みたい」とか言う始末。

結果的にこういう缶の炭酸水(およびペットボトルの炭酸水)をケースで7~8ケースぐらいは消費してしまったのです。

そこでふと考えました。
「これ・・・ソーダメーカーを導入した方がいいんじゃない??」って。

今日はそんなお話です。

スポンサーリンク

ソーダメーカー導入で炭酸ライフはお得に楽しくなるのか?

ソーダメーカーというのはその名の通り、家庭で炭酸水が作れる機械のこと。
これがあれば定期的に重たい炭酸水ケースを買って帰ってくる必要がなくなるわけですよ。

有名どころでいうと、ソーダストリームですかね。

[参考]【ソーダストリーム公式サイト】

500mlあたり18円といううたい文句で宣伝されてます。

価格にも注目したいところですが、前述のとおり「自宅で作れる」「炭酸濃度が変えられる」というのも嬉しい部分。
そして何より「出来立ての炭酸水は美味しい」んだそう。本当かよ!?

本体価格は14,000円~29,000円まで各種ありますが、仕様を見て見ると「全自動かどうか」「ドライアイスが出来やすいかどうか」みたいな違いしかなさそうなので・・・一番安いので十分な気がします。

そうなると・・・イニシャルコスト14,000円+500mlあたり18円×飲んだ本数分・・・というのが費用の総額になりますね。

家でケース買いするよりも安い・・・?

我が家が最近買っている炭酸水の単価は以下のような感じです。

西友 コストコ 生協 近所の酒屋
商品 きほんのき
350ml
San Pellegrino
500ml
PB
200ml
ウィルキンソン
250ml
1本あたりの単価 40円ぐらい 40円ぐらい 60円ぐらい 60円ぐらい
500mlあたり 57円ぐらい 150円ぐらい 120円ぐらい

コストコのサンペレグリノを見つけた時には「やすっ・・・!!!」と驚愕したものですが、ソーダメーカーを導入すればランニングコストだけならそれよりも安くなるんですよね。

ただまぁソーダメーカーは初期投資がありますので・・・計算してみたところ637本目を越したあたりでコスパが逆転するようです。

コストコのサンペレグリノ ソーダメーカー
1本目 40円 14,018円
637本目 25,480円 25,466円

637本かぁ・・・!
24本ぐらいのケースをだいたい7ケース買ったと思うと・・・今年の夏だけで168本。

4年ぐらい続けてようやく「炭酸水やっす!!!」ってなるレベル。
うーむ。

※ちなみにコストコの1本は実際「40円強」ですし、年会費4,000円ぐらいもかかってますので・・・本来はもう少し違う感じかも。

ただ、ですよ!
普段ウィルキンソンの炭酸(缶)なんかを買われている方なら、140本ぐらいで逆転しますので・・・もしかしたらすぐにイニシャルコストの回収はできちゃうかもしれません。

価格以外で気になるところ

僕は今回ソーダメーカーについて調べていて、価格以外でも気になるところがありました。
それは先にも書いた「出来立てはうまい」とかいうところです。

これ、眉唾だろーとか思ったんですけど・・・よーく思い出してみたら、飲食店のソーダディスペンサーから出てくる炭酸水ってペットボトルとか缶のヤツよりおいしい気がするんですよね。

そういえばコーラも一番おいしいのってマクドナルドで飲むヤツじゃないですか。
ペットボトルよりも瓶コーラよりも圧倒的にマクドナルドのコーラが美味しいですよね?

一説には「シロップの希釈率が違う」みたいな話もありますけど・・・もしかしたらあれって「出来立てだから」みたいなところが本当に関係してるんじゃないでしょうか??

ほら、生ビールだってボトルのヤツよりも樽生(サーバーから出すヤツ)の方が断然美味しいですし。
※ちなみに樽生ビールは屋内で大きなガス缶を繋いでいるヤツ+新鮮で冷えてる樽+洗浄が行き届いたサーバーというのが揃ってないと一気に不味くなります。

そう考えたら、毎日今飲んでるヤツよりもおいしい炭酸が飲める環境が出来る可能性があるわけですよ。
・・・これはなかなか良さそうだ・・・。

さらにはGREEN HOUSEのSODABKなるソーダメーカーなら、「炭酸が抜けたコーラを復活させる」なんてことも可能らしいです。

他にもワインを泡ワインにしたり、フルーツジュースをスパークリングさせることも可能なんだとか。
・・・これは缶やペットボトルの炭酸水を買っただけでは叶えられない機能ですよ!!ヤバいな!!

おわりに

というわけで、炭酸水を作れるソーダメーカーについて調べてみたよ、ってお話でした。

実際に知り合いでソーダメーカーを導入した人の話を聞くと「すぐ飽きるよ」なんて言ってたりするので・・・やっぱりまだまだ炭酸水としてボトルをケース買いするのがいいのかな。

一応ソーダメーカーを導入するメリットとしては、「買いに行かなくて済む」「場所を取らない」みたいなところもあるんですよね。
また、「すぐ飽きる」とかいうけど、やっぱりこの夏は全然飽きなかったし・・・毎日寝起きとお風呂上りとに飲んでるとルーチン化するような気もするんですよ。

というか我が家で炭酸を飲みだしたのも別に最近の話ではないですしね~。
そう思ったらやっぱりソーダメーカー導入した方がいいのかなぁ。。。

悩みどころです。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ