ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

年に一回は海外旅行にいくなら、VISAのゴールドカードで年間20,000円以上得する件

 - 旅行のTIPS ,

      2018/10/30

goldcard

僕は日本の平均年収の半分以下ぐらいの年収しかありません。
今年はもっと低い予定です。

それでも格安のツアーで必ず年に1~2回は海外旅行に行っています。
(今年は義両親が全額出してくれましたが・・・)

そこで、年間1万円程度のVISAのゴールドカードに加入する事で、結果的に得をしていけるぞ!というお話です。

※2017.12.17追記:計算が間違っていたので修正しました^-^;

スポンサーリンク

VISAゴールドカードの特典について

僕が加入しているのは、三井住友VISAカードのゴールドです。

条件としては、満30歳以上であることと、ある程度の支払い能力が求められます。

僕は年収こそ低いですが、学生時代からコツコツとクレカを使ってきました。
また、支払いが滞ったことも1度や2度はありますが、延滞を放置したことはありません。

支払能力以外にもそういうところが観られているのかなと思います。

ただ、年収が低い僕でも審査に通ったことを考えたら・・・普通に働いている方なら基本的にゴールドの審査は問題ないでしょう。
ちなみに、僕は事業用の借金が数百万残っている状態でのランクアップとなった点も追記しておきます。

さて、ゴールドカードの何がお得かというと主に以下の3点。

  1. 全国の空港ラウンジが使える
  2. 海外旅行保険に入らなくていい
  3. ポイントがわんさか貯まる

順番に見ていきましょう。

全国の空港ラウンジが使える

ゴールドカードを持っていると、空港の有料ラウンジが使えるというのは有名な話です。
成田空港だと、T.E.IラウンジというところがVISAゴールドに対応しています。

使い方はラウンジのカウンターで航空券とカードを見せるだけ。

もちろん航空会社系のラウンジみたいな豪華な奴ではありません。
ただ、インターネットが出来たり、ドリンクの無料サービスなどがあったり・・・質素ながらも出発前に一息つくには悪くない場所と言えるでしょう。

僕は先日の旅行で、出発前に無料で樽生ビールを頂きました。最高です。

近くの飲食店から供給されてるんでしょうか?
閑散としたラウンジなのに、ビールの味は雑味もなく一流でした。(マジで)

※成田空港以外の空港ラウンジは公式サイトで確認することができます。

[参考]三井住友VISAカード

海外旅行保険に入らなくていい

たいていのゴールドカードには海外旅行の保険が付帯しています。

VISAゴールドも例外ではなく、最高5,000万円までの傷害保険がついていました。
また、当該のカードを使った買い物の盗難なども保証して貰えます。

僕も以前は旅行に行くたびに第三者の保険会社に別途加入していました。
その料金、実に一人4,000円弱ぐらい。

うちは夫婦で旅行に行っていたので、1回あたり7,000円~8,000円弱の保険代がかかっていたんですね。

ゴールドカードの海外旅行保険は本人だけでなく家族会員にも適用されるため、この8,000円程度が浮くことになります。
8,000円ってなかなか大きいですよ~。

もうこの時点で、カード自体の年会費なんてほとんど回収出来ているわけです。

ポイントがわんさか貯まる

クレジットカードの利点に、ポイントを挙げる人も少なくないでしょう。
普段の生活でカードを使うだけで、毎年お小遣いになるようなポイントが貯まるわけです。

もちろんクレジットカードのポイントはゴールド会員じゃなくても貯まります。
ですが、ゴールドだと利用状況に合わせて入るボーナスポイントが通常会員の倍になるなど、ちょっとだけお得になるんですね。

僕の場合、基本的に家の光熱費の支払いと通信費、あとはスーパーで食材を買う時やコンビニ払いも全部カードです。

なんだったら自販機でも最近はiDに対応するようになったのでチャリーンと買ってます。

あとは個人事業主なので、事業の経費になりそうなやつも基本的にカード払い。
こういった感じの利用方法で、年間に3,000ポイントぐらいは貯まるんです。

3,000ポイントをビックカメラやヨドバシカメラのポイントに換算すると、15,000円分。
アマゾンポイントなら9,000円分です。

要するに使えば使うほど年会費なんて余裕で回収できてしまうわけです。

さらに特典あり

さらにゴールドカードにはお得な特典がついています。

たとえばドクターコール24という、24時間医師が体調の相談に乗ってくれるサービスや、海外旅行時にハーツのレンタカーで、国際免許証が不要になるサービスが無料で受けられるなど。

ここまでですでに「海外旅行に年に1回行くならゴールドがいい」という理由がわかって貰えたのではないでしょうか・・・?

年会費は最大で6,000円オフ

VISAゴールドカードの年会費は、前述のとおり10,000円程度。

なんですが・・・これが、「WEB明細」と「マイペイすリボ」という2つのサービスに申し込むと、なんと年会費が6,000円も下がります。

どういうサービスか見ていきましょう。

WEB明細は明細書が来なくなるサービス

WEB明細は、カードの利用明細が封書で送られてこなくなり、代わりに利用額や請求額などは自分でWEBで確認しなければならなくなるというもの。

自分で確認すると聞くと、面倒に感じてしまうかもしれません。
または「毎回チェックするのを忘れそう」って思う方もいるでしょう。

でも僕の場合、意外と思ったほどの不便さはありませんでした。
また、利用明細確定時にはメールで連絡が貰えるため、忘れることなくチェックすることもできます。

このサービスを申し込むだけで年会費が1,000円オフになるのです。
やらない手はありませんよね!?w

※ただ、利用明細は半年ぐらいで消えてしまうので、必要な人はどこかにメモっておく必要があります。

マイぺイすリボは支払いを強制的にリボ払いにする・・・!

マイペイすリボは、毎月の支払をリボ払いにするというものです。

リボと聞くとなんとなく「こわーい」って思う方もいるかもしれません。
僕もリボには不安を覚えるくちで、普段は選択しないようにしています。

・・・が、マイぺイスリボは毎月の支払い金額を設定できるので、僕はとりあえずリボの限度額を50万に設定して、結果的に毎月一括払いを実現しています。
※50万円以上使う月があった場合は自動的にリボになっちゃいますが・・・そうそう無い・・・ハズ。

こうすれば、別にリボも怖いものではないですよね。

きっとリボって、支払総額が毎月にうまいこと分散されることで「使ってない感覚」になっちゃうのが怖いだけなんですよ。
なので、しっかり毎月使った分の請求が一括で来るようになれば、何ら怖いことはないのかなと。
※少なくとも僕は限度額を引き上げたことで普通にクレカを使っている感覚と何ら変わってないです。

このサービスを申し込むことで年会費が半額になります。
つまり10,000円が5,000円になるわけですね。

ここに先ほどのWEB明細を組み合わせることで、VISAゴールドカードの年会費はさらに1,000円引きの4,000円まで落ちるのです。

結果的に22,000円のプラス収益!?

これまでの話をまとめます。

今までは海外旅行の保険が一人4,000円弱かかってたんですよ。
我が家では今後家族三人で旅行にいきますので、旅行保険の加入だけで11,000円弱ぐらいはかかる見込みです。

VISAのゴールドカードを使っていればこの保険代金が要りません。
そのうえ、利用額に応じてポイントがもらえます。
※我が家で言えば、ビックカメラで15,000円分。

それに対しての年会費は4,000円でいいんです。

ってことは単純計算で・・・

-4,000円(年会費)
+11,000円(浮いた保険代)
+15,000円(ビックカメラのポイント)
—————————————
+22,000円

22,000円もプラスになっていることになるわけですね!

もし「旅行なんて行かないよ!」って人だったとしても、ビックカメラのポイント分で差し引き11,000円の得になってます。
アマゾンポイントだったとしても5,000円分ぐらいの得。

・・・計算間違ってないよね・・・?

そういうわけで、結果的にゴールドカードが(我が家にとっては)お得だという結論になりました。
※ちなみに初年度は年会費すら無料です。

おわりに

僕が幼い頃、父が何気なく使っていたカードがゴールドカードでした。(どこのヤツかは知らないけど)
父が他界したあと、やっぱりその背中を追いたいというか・・・同じ世界を観たいというような気持ちが芽生えるもので・・・VISAからゴールドへのアップグレードを提案された時は本当に嬉しかったものです。

・・・だって、父よりも全然稼げていない僕からしたらなかなか手が届かない存在だったから。

そのため、見栄を張るような部分もありながらもアップグレードを受け入れたわけです。

もちろんその先にはプラチナカードやブラックカードが待っているのも知っていますが、ゴールドすら持てなかったような人間にはそもそも手が出ないもの。
いつかプラチナを余裕でもてるようになるまではゴールドにお世話になろうと思っています。
※ちなみにVISAのプラチナは年会費5万円(!)だったかな・・・。まだまだ払えないぜ・・・。

・・・まぁ、見栄のために持ち始めたようなゴールドで結局得しているんだから変な話ですけどね。
見栄を張りたいのか、得したいのかどっちやねん、と。

でもま、こんな時代だし、お得に越したことはないんですが!



スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ