ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

海外旅行で便通が悪い時はヨーグルト食べよう

 - 旅行のTIPS

      2017/08/09

f4551849c6403f520ae9fbd1c6a6627c_s

海外旅行、僕は10年前に初めて行ったんですが、
その時はあまりの緊張で2~3日便通がありませんでした。

それを見かねた妻(当時は彼女)が、朝食のバフェで
てんこ盛りのヨーグルトを持ってきて「食べなさい」と。

その食事の直後、僕のお尻は無事にノックされたわけです。

スポンサーリンク

なぜヨーグルトか

yogurt

実は海外で便通が悪くなった時に、ヨーグルトはかなり適しています。

その理由は二つ。

一つは、「あいつらむっちゃヨーグルト好きやん」ってこと。
もう一つは、「日本人はラクターゼが無い」ってことです。

あいつらむっちゃヨーグルト好きやん

欧米人だけかと思いましたが、
アジアンリゾートでもよくヨーグルトって見かけます。

そもそもアジアンリゾートが欧米人の為にあるからかもしれません。

だから、ヨーグルトって比較的どこでも入手できますよね。

「あれ、なんか2、3日来てないな~」
って思ったら、即効買いに行ったらいいと思います。

日本人はラクターゼが無い

日本人はもともと牛乳を飲んでこなかった人種なので、
ラクターゼという酵素が腸に存在していないんですね。

これは欧米人、とくに北欧の人たちが地域柄、
食料がなく牛や羊、ヤギのお乳を飲むしかなかった時代、
それをチーズなどにして食べていた時代に、
彼らが環境に適応できるように身に着いた酵素だそう。

だから日本人じゃなくても、もともとは”人体にはないもの”らしいです。

このラクターゼが何をするのかというと、
牛乳に含まれる乳糖を分解する能力を持っているわけなんです。

乳糖が分解できなければ、お乳はうまく腸から吸収できなくて、
そんなこんなでお腹を下す、という仕組みに繋がっています。(うろ覚え)

だから、日本人は牛乳を飲むとお腹を下す人が多いわけなんですね。
もちろんヨーグルトにも同じことが言えます。

おわりに

楽しい旅行も、お腹に荷物を抱えていると60%ぐらいでしか楽しめません。
だったら、朝ごはんの時にでもスッキリするといいですよね。

ヨーグルト案、おすすめです。

朝食のバフェでヨーグルトとシリアルなんかがあったら
もりもり食べてみてくださいね!

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ