ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジン

RMZ City #3997 LAMBORGHINI MURCIELAGO LP670-4 SV のレビュー。

 - ミニカー

   

rmz-8

最近、いろいろな3インチミニカーのランボルギーニを見つけるのが楽しくなっています。
いつの日かいろんなランボルギーニが集まったら比較とかしてみたいですね~。

今回ゲットしたのはRMZ Cityのムルシエラゴです。

後継車種のアヴェンタドールに続くようなデザインをした車種ですね。
ムルシエラゴはスペイン語で「コウモリ」を意味するそうです。

そんなRMZ Cityムルシエラゴのレビューです。

スポンサーリンク

RMZ City ムルシエラゴのレビュー

rmz-1

実はこのモデル、先日上野に行った際、某DVDショップで売られていたのを見ていたのですがスルーしており、今回たまたま地元で発見できて即ゲットに至りました。

余談ですが、その某DVDショップは店内にいかがわしい物も売っているのにかかわらず、店頭にトミカが置いてあるため小さな子がたたたーっと店内へ入っていってしまい、お母さんが「待ちなさい!!」と慌てていたのを思い出しますw

RMZ Cityは香港のUni-Fortune社のブランドで、なかなかクオリティが高いという前評判を見た事があります。

・・・ただしそれは青い箱のヤツの場合。
今回僕が入手したのは「Junior Series」と書いてあり、おそらく廉価シリーズなのではないかと思われます。

外箱

外箱は汎用的なもので、車体下の名称部分にシールが貼られてあるのがわかりますね。

rmz-3

箱の裏面にあるエンブレムの通り、ランボルギーニだけでなく、GMやVW、BMW、そして日本車なんかも続々モデル化されています。

rmz-2

箱上部にはダイキャスト&プラスチックパーツと書かれていますね。
ただ、異様に軽いのが気になるところ。

箱の側面にはトミカなどにも貼られていたランボルギーニ社の公認とでもいうべきホログラムシールが貼られていました。

箱の底面には各種注意書きがあり、ホットウィールなどと同じく3歳未満には与えないよう注意書きが書かれています。
実際に僕の2歳の息子に与えても絶対に飲み込んだりはしませんが、「何かあっても責任とれないよ!?与えないでって言ったよね!?」という意味合いもあるんでしょう。

ちなみに日本での発売元は株式会社エールとなっており、日本発売用に貼られたシールでは対象年齢が8歳まで引き上げられていました。

箱の中身

rmz-4

箱から出すと、このまま飾れそうな台座にネジで車が固定されていました。
両サイドを斜めにしてあるのは何故なんだろう。箱の外から見た時になんらかの視覚効果があるんでしょうか。

それではモデルの各部を見ていきます。

フロント・リア

rmz-7

ヘッドライトはちょっとだけズレた状態で、シルバーで塗られていました。
無塗装じゃないのは嬉しいところです。

また、ランボルギーニと一発でわかるエンブレムも印刷されていました。
ただ、中央からかなり向かって左にズレていたのは痛いですね~・・・。

お尻はプラパーツで無塗装なので若干安っぽさを感じます。

サイド

rmz-6

側面から見ると、他のダイキャストミニカーに引けを取らないクオリティと言えますね!
特に輝かしいホイールなんかはホットウィールにあってもおかしくなさそう。

ボディもエナメルイエローの一色塗ではなく、光に充てるとラメが輝いていました。

残念な点はウィンドウパーツですね。
真っ黒でインテリアが見えません。

おそらくインテリアパーツは用意されてないんでしょうね~。
そこらへんが前情報で見ていた青い箱のRMZ Cityに比べてクオリティが低い部分と言えそうです。

トップ・ベース

rmz-5

トップから見るとエンジンルームからリアウィングまで一体パーツなのがわかりますね。
これがウィンドウパーツやベースとも一体であれば、パーツ構成がボディ、ベース、タイヤだけということになりますが・・・ウィンドウとベースは明らかに表面の輝きが違うので別パーツだろうと思います。

ベースには台座に固定するネジ穴が開いていて、飾り程度のモールドが入っています。

また、LAMBORGHINI MURCIÉLAGO LP 670-4 SVという車名と、UNi-FORTUNEのロゴ、MADE IN CHINAであることが記されていました。

おわりに

というわけで、人生初となるRMZ Cityのムルシエラゴのレビューでした。

思った以上に軽いので、なんとなくチャチな感じがしてしまいます。

そう思うと、同価格帯で買えるホットウィールってクオリティが高いんだなと感じざるを得ませんね。

これはもう青い箱の方も気になってきました。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Comment

  1. トルネオ より:

    こんにちは!
    というか、遅ればせながらあけましておめでとうございます。
    本年も独自の視点で突っ走って下さい。

    そして、その一発目がRMZの黄箱ですか!
    マニアック度が急に上がりましたね!! キライじゃないです。

    私も数年前に偶然リサイクル店で発見したGTRとガヤルドのスーパーレジェーラを持っていますが、大体同じような作りでした。

    GTRはテールライトやリアのGTRエンブレムなどが再現されててチープな割には頑張っている感じでした。
    そして、ライト部分がおそらくウインドウパーツと一体になっているようで、青箱ならば綺麗なクリアレンズになっていたと思われます…が、黄箱ではシルバーに塗られていただけでした。

    3インチミニカーは本当に色々あって面白いです。
    これからも色々な物に手を出して、その度に一喜一憂して知識や経験を積んでいきたいですね。

    今年もどうぞよろしくお願いします。

    • kaketayo より:

      トルネオさん

      こんにちは!コメントありがとうございます。
      そして、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します!

      >本年も独自の視点で突っ走って下さい。

      ありがとうございます!!!めちゃくちゃ励みになります。

      >RMZの黄箱
      >マニアック度が急に上がりましたね!! 

      えっ!マニアックなんですかこれ!?
      僕も偶然見つけただけなので本当によくわからずに買いましたw

      >私も数年前に偶然リサイクル店で発見したGTRとガヤルドのスーパーレジェーラを持っていますが、大体同じような作りでした。

      おお!ということは、やっぱり黄色い箱の物はこういうクオリティ、という感じなんですね。
      ライト部がクリアパーツかシルバー塗装かというのは大きな違いですよね~。
      ホットウィールのクリアでもシルバーでもない表現は、あれはあれで好きですがw

      >3インチミニカーは本当に色々あって面白いです。
      >これからも色々な物に手を出して、その度に一喜一憂して知識や経験を積んでいきたいですね。

      そうですね!トルネオさんにはなかなか及びませんが、僕も少しずつ知識と経験を積んでいきたいところです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です