ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

1歳児を連れてカリブの海賊(TDL)。乗れるけれど、楽しめるかは微妙。

 - こどもとおでかけ , ,

      2018/12/07

pirates

先日1歳2ヵ月になる息子を連れてディズニーランドに行ってきました。

9ヵ月の頃には全く右も左もわからなかった息子ですが、
約半年経って、ちょっとはあの「楽しい雰囲気」を感じたのか、かなりはしゃいでいました。

1歳を過ぎれば、支えなしで自分で座る事ができるようになるので、
乗られるアトラクションが増えます。

今回、入場真っ先にカリブの海賊に行ってみました。
パレードと重なっていたので5分の待ち時間だったのもポイントです。

スポンサーリンク

1歳児×カリブの海賊の詳細

入場~乗船

9ヵ月で連れていった時には、メリーゴーランドですらNGをくらいましたが、
今回のカリブの海賊は入場時も乗船時も特に何も注意されませんでした。

ただ、16歳以上の方が同伴するように、というアテンション看板はありました。

むしろ、お姉さんたちは優しく見送ってくれて、
「あ、これはいけるのかもな」と思ってしまうぐらい。

でも(子供にとっては)悪夢の始まりでした。

ブルーバイユレストラン~落下

乗船からすぐに、ブルーバイユレストランの横を通りますよね。
あそこらへんは、レストランの灯りを見ながら不安と興味が入り混じった感じでした。

その後、ほぼ真っ暗なゾーンになり、息子の顔も全く見えない状態に。
もしかしたら不安で仕方なかったかもしれないです。

そして船は落下。
(この時は絶対に親が支えておいてあげてください)

次第に周りが明るくなると、・・・息子はケロッとしていましたw
船が落ちるのなんて、高い高いとか滑り台みたいなもんだったんでしょうか。

「これが平気なら平気だな!」

なんて軽い気持ちで考えていました。

序盤の雷雨ゾーン~中盤

その後、骸骨や宝石が並ぶ薄暗いゾーンから、
雷雨が鳴り響くゾーンに入りますね。

ここが、デッドエンドでした。

おそらくは暗さより、骸骨より、何より怖かったのが「音」。
ガガーン!と雷雨が響き渡った瞬間、大泣きしてしまいました。

赤ちゃんには大きすぎる音だったと思います。
いくらあやしてもダメ。
前後に座っている方も不愉快だったと思います。

持っていた毛布で耳を中心に頭を覆ってやり、
妻が抱きしめてあげることで落ち着きを取り戻す頃には船は終盤に差し掛かっていました。

終盤~下船

海賊たちの宴のシーンは、オーディオアニマトロニクスの妙なリアルさが大人には不気味に映りますが、
一応は楽しいシーンのはずですw

でも、やっぱり息子には怖いだろうと、顔や耳を覆って抱きしめて過ごすことに。
そのおかげか終盤は静かに過ごし、下船することができました。

まとめ

カリブの海賊に1歳児が乗る事ができるかどうか?で言えば、出来ます。
でも、ただ乗ることが出来るというだけで、本人にしてみたら地獄だったと思います。

なので、楽しめるかどうかでいえば、楽しめない。
本人も楽しめないし、周りのお客さんたちも楽しめなくなっちゃう。

もちろん親も楽しむどころではないです。これは自業自得ですが。

そして思ったよりも音が大きく、暗い。
大人だけで乗っていた時は気づきませんでしたが、子供目線で見たら相当怖いと思う。

その辺りを考慮して乗る乗らないを決めるべきかもしれないですね。

おわりに

しょっぱなにこんな想いをさせてしまって、
トラウマで以降のパークアトラクションが全部怖くなっちゃうんじゃ!?って思いましたが、
そんなことはなく、楽しめました。

昔、お父さんの袖をギュッと掴んでカリブの海賊に臨んでいる小さな女の子を見て、
男心で「いいなぁ」なんて思っていたんですが、それはもっともっと大きい子でした。

息子は、もう少し大きくなるまでは乗せないでおこうと思います。

スポンサーリンク

   その他のオススメ記事