ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

TDL「美女と野獣”魔法のものがたり”」体験!新エリア&新アトラクション感想

東京ディズニーランドに2020年9月28日にオープンした「美女と野獣」のエリア。
そこにあるアトラクション「美女と野獣”魔法のものがたり”」を体験してきましたので紹介したいと思います!

スポンサーリンク

TDLに新エリア解放!

長らく工事中だった、元グランドサーキット・レースウェイ跡地。(トゥーンタウンの横)

あそこがついに・・・新エリアとなって帰ってまいりました!

上の写真はプーさんのハニーハント前らへんから新エリアを眺めたものなのですが・・・

山、できてるやん。。。

マジかよディズニーランド…ついに山まで作っちゃったよ!!!

と、こんな感じで、コロナ禍でお休みしていた間にディズニーランドの風景もがっつり変わってしまったわけです。

新エリアは美女と野獣!

気になる新エリアは・・・「美女と野獣エリア」でした!
ついに美女と野獣もTDLの一部になりましたか~。

次はラプンツェルかアナ雪か・・・!

エリア内は美女と野獣の舞台となった街並みが再現されており、写真だと小さくてわかりづらいですがヴィラン(と言ってよいのかわからんけど)であるガストンの銅像風噴水など映画にまつわるセットなんかもありました。

エリア内でも人気だったのはこれ。
映画をじっくり観た方ならハッとするかもしれませんね。
ベルの家です。

劇中とは縦横比がちょっと違いますが、よりリアルに仕上がってていい感じ。

ゆくゆくはここでグリーティングとかもあるのかな?

今はコロナの関係上、TDL内は必ずマスクをしていないと歩けませんし、グリーティング他、特定のレストランに関しては予約・抽選に当たらなければ入れないという状況です。
僕らもこのエリアで50%も楽しめなかった感じ・・・ぐぬぬまたすぐ行きたい。

さて、エリアの奥に進むとついにその姿を現しましたよ。
・・・ベルのお父さんを運んだ馬車みたいなやつ(右下)が。

じゃなくて

あ・・・

やつだ・・・

巨人だ・・・(違う)

そう、美女と野獣における、呪いにかけられた「野獣の棲む城」です。

おおお・・・この日はちょっと天気も悪かったので、なんとも禍々しい雰囲気が出ておりますね、、、
(背景のクレーンが残念である!)

これによってTDLにはこの手の大きな城がシンデレラ白に次いで2つ、ということになりました。すごい。

ちなみに夜のお城はこんな感じです。美しい・・・。
(でもベルのお父さんみたいに夜中にここに迷い込んでしまったら、、、怖いかもなぁw)

アトラクションの感想

さて、美女と野獣の新アトラクション「美女と野獣”魔法のものがたり”」はこの新しいお城の内部で体験することができます。

記事執筆時点では園内でアトラクションにエントリーし、当選した人しか楽しめない仕様になっていました。
なのでこの城内に入れるのも当選した人のみということになります。

新しいアトラクションなので、できれば希望者全員にそのチャンスを与えてほしかったですけどね~。
でもミッキーのグリーティングで普通に11時間待ちとかをやらかすテーマパークですし、新型コロナウィルスのことを考えると仕方なかったのかな・・・。

城内には美女と野獣の映画の1シーンを思わせる・・・というか、ベルやお父さんがお城に入って彷徨った時を再現できるような展示品が多数ありました。

今回僕らが入った時は入場規制があったこともあり、このスペースをほとんど堪能することなく奥のフロア(アトラクション本編)へ進むことになってしまいましたが、本来ならここで長時間並びながら展示品を隈なく眺めて過ごすという楽しみ方ができるはずです。

※「ディズニーは並ぶから嫌だ」と毛嫌いする人はこの辺の楽しみ方がちょっと違うのよね。

映画本編とは縮尺がだいぶ違うけれど、甲冑がずらりと並ぶ廊下なんかもありましたよ~。
(通り過ぎても振り向いてはくれないけれど!)

今回のアトラクションはメインのライドに進む前に、一部屋だけプロローグのような演出が観られる部屋がありました。
中央のステンドグラスでは映画「美女と野獣」の冒頭で語られた王子様の呪いのお話がプロジェクションマッピングで映し出され、ここにベルと野獣のオーディオアニマトロニクスが絡んでくる感じです。

僕は何となくこの部屋での演出に、今は無き「シンデレラ城ミステリーツアー」を思いだしましたよ~。

プロローグを見た後、ティーカップのような乗り物に乗せられてアトラクション本編への出発です。
ここでもコロナ対策のため、前の席と後ろの席の間にはアクリル板のようなガードがあったり、1つのカップには2組しか乗せないなどの配慮がありました。

このガードが結構厄介で・・・このあとのアトラクションを見るのに邪魔になりますので、できればカップの前側の席に座れるとベターです。

アトラクション本編に関しては・・・実際に乗ってのお楽しみということで詳細は省きますが、、、(といってもYoutubeとかにはもうあがってると思うけどw)
要は美女と野獣の名シーンをオーディオアニマトロニクス+プロジェクションマッピングで再現、そのまわりをティーカップ状ライドがぐるんぐるん回る・・・という感じです。

僕は三半規管が敏感すぎて目が回りやすい体質なのですが、ギリ耐えられるぐらいのぐるんぐるん具合でしたね~。
体調がよろしくない日だったら酔ってたかもしれないけど。

事前に映画を観ておいた方がいい?

アトラクション自体は映画を観ていなくても楽しめるようなものになっています。
ただ当然、映画の内容を知っていることで何倍も楽しめるようになるので、事前に映画本編(アニメの方)を見ておくのがオススメ。

特に野獣がね、蘇るあのシーンがね、ああなってね、ああもう言えない。とにかく僕は泣きそうになった。

まぁ、アトラクション関係なく美女と野獣は見ておくべきよね。
何気に名曲が多いというか、名曲しかない映画ですしおすし。

またすぐに乗りにいきたい・・・

アトラクションが終わったあとの通路です。
もうここも良い感じにカッコいいでしょ??

今回乗り終わって僕はすぐに「また乗りたい!!」と思ってしまいました。
プーさんのハニーハントやフィルハーマジックが出来たばっかりの頃もそうだったけど、早くあの感動をまた体験したいって思っちゃうんですよね~。。

・・・でも、今は「1回の来園で最大1回まで」しか楽しめないわけで。。。
年パスホルダーでもない僕は次回のTDL(数か月先)が今から楽しみなのでありますです。

※といっても次回も抽選式だったら結局乗れない可能性があるのだが!

おわりに

というわけで・・・TDL「美女と野獣エリア」の新アトラクションを楽しんできたで!というお話でした。

ちなみに新エリアの奥にはまだ解放されていない「Forest Theatre」なる建物も建設されておりました。

どうやら公式サイトによると「ミッキーのマジカルミュージックワールド」というシアター型のアトラクションがオープンするそうです。
※現時点ではまだオープン日が未定とのこと。

[参考]【公式】2020 東京ディズニーランド Welcome to new dreams!

なにぃ・・・!?
ついにラプンツェルにも光があたるみたいだし・・・また「ひとりぼっちの晩餐会」が挟まれるみたいだし・・・これまた楽しみですな!!

   

 -

   

スポンサーリンク