ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

あつこおねえさんもガラピコもなかなかいけるやん!新しいおかあさんといっしょのファーストインプレッション

 - テレビ・映画の感想

      2018/12/07

画像はhttp://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=03361より引用

画像はhttp://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=03361より引用

本日4/4よりおかあさんといっしょが新しくなりました。

たくみおねえさんとポコポッテイトが先週いっぱいで卒業し、
うたのおねえさんが「あつこおねえさん」に、人形劇が「ガラピコぷ~」に。

正直心配していた部分もありましたが、僕個人的な印象としては「いけるやん!」って感じです。
※ただ寂しい気持ちがあるのもたしか!

初回放送を見た感想についてまとめます。

スポンサーリンク

おかあさんといっしょ新シリーズの変更点と感想

イントロミュージック

まず、番組のイントロミュージックとアニメが変更になりました。
いつもの馴染みの音楽じゃなかったので、一瞬何が始まったのかわかりませんでした。

広場

だいすけおにいさんも「今日からこの新しい広場で遊ぶよ」って言っていた通り、
オープニングやエンディングで使われる広場のセットが変更になりました。

新コーナー

事前情報として知らされていた新コーナーの一つ、しりとりれっしゃが放送されました。
第一回目ということで趣旨説明みたいなのが長めに入っていた気がしますが、
子どもたちもすごく楽しめていたみたいで「さすが」と感心させられます。

特に、しりとりで「りんご→ごりら→らーめん」と誘導させるあたりや、
「らっこ→○○○→ケーキ」で「こ」から始まる言葉として「こあら」が用意されているあたりは
大人が見ていてもなんとなく楽しい感じでしたw

ただ個人的に疑問だったのは「くじら」というカードはどこで使えたのか?というところ。
今回は「りんご→○○○→○○○→○○○→ケーキ」だったんですが、どこでも「く」で終わるものがなかったような・・・。(「ら」に繋げたいけど「く」で終わるのないよね!みたいな流れ?)

また、新コーナーと言っていいのかわかりませんが、
「リンちゃんのできるかな」が「ムームーのできるかな」に変わっていました。

「えっ、パッコロリもおしまいなの!?」と焦りましたが、パッコロリは続いていたので
リンちゃんだけおかあさんといっしょから卒業したみたいです。

あつこおねえさん

初期のたくみおねえさんの映像を見ると、ガッチガチに顔が固まっていたところから、
あつこおねえさんも今日なんかはまだまだ緊張してるだろうなー・・なんて思ってみていたら、
初回からそこそこはっちゃけてた感じがあって良かったです。

また、たくみおねえさんとのバトンタッチの時に聞いた声の印象だと、
少しこもってるような感じがしたんですが、実際に今日の歌を聞いてみたらアンサンブルに埋もれることもなくいい感じでした。

たくみおねえさんのようなクリアな高音って声ではないので好みは別れると思います。

こうやって、どうしてもしばらくはたくみおねえさんと比べられてしまうだろうけど、
もうしばらくすればみんながあつこおねえさんに馴染むようになるはずなので頑張ってください!

ガラピコぷ~

チョロミーの紹介と、ムームーに出会うところまでが描かれました。
表題でもある「ガラピコ」はまだしずく星に漂着してないみたいですw

どうしてもムテ吉たちが頭をよぎり、今にも木陰から長老が出てくるんじゃないかと思いましたがもちろんそんなことはなく・・。

でもこれもそのうち慣れて楽しみになるんだろうなーって感じです。
意外とチョロミーが可愛かったかな。

変わらなかったもの

パント!

りさおねえさんの単独コーナーだからか、残っていました。
いつも通りな感じで安心しますw

ブンバ・ボーン

もともとよしひさお兄さん単独のコーナーだから変更にする理由もなかったし、大丈夫だろうとタカをくくっていましたが、コーナーがちゃんと始まった時にはほっとしましたw
息子が好きなコーナーなんですが、観ているうちに僕も大好きになっちゃっていたからです。

あした天気にな~れ

エンディングテーマの「あした天気にな~れ」も変更なしでした。
ただ、子どもたちがくぐるアーチを作るのがチョロミーとムームーになっていました。

ポッテイトの頃はムテ吉、ミーニャ、メーコブの三人が出てきていたけれど、
今日の放送ではまだガラピコが到着していないからか二人だけ。

でも歌も踊りもそのまんまだし、なんだか嬉しかったです。
これでこの曲はモノランモノランから3世代に渡って続いたエンディングテーマって事になるんですね。

おわりに

変わらなかったコーナーは、裏のセットだけが違うだけ。
コーナーや歌、そしてほかのおにいさんおねえさんが変わらないからこそ、
あつこおねえさんとガラピコたちがどうしても前世代の人たちと比べられちゃうのかなと思いました。

でもまー、そんなこと考えているのは大人だけかな。
息子はいつもどおり楽しんでいたようだったし。

エンディングでアーチをくぐっていた子たちもチョロミーとムームーに慣れてたし。すごいな!!

というわけで、新しいおかあさんといっしょもひとまず安心、ってところです。
しばらくはたくみロス、ポコポッテイトロスが続きそうだけれど、思っていたより早くに馴染めそうだと思いました。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ