ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

黒ビールって何?その定義と種類について

 - ビールのこと

      2016/07/29

black_beer

黒ビール黒ビールっていうけど、
あれっていったい何なの??

僕もビールにはまり始めの頃にそう思いました。

日本では黒い色のビールを全部「黒ビール」って言っちゃう風潮があるけど、
クラフトビールの観点から言うと、それはNGみたい。

藤原ヒロユキさんが著書において
「黒ビールタイプって恥ずかしい?」
というコラムを書かれているので参考になります。

じゃあ何て呼べばいいのか?については、
その成り立ちと、ビアスタイルを知る事でわかるようになります。

難しくないのでサラッと知っていってください。

スポンサーリンク

なぜ黒い色のビールになるのか

通常日本の居酒屋で良く飲まれているビールは黄色いです。
僕のお父さんが毎晩飲んでいたキリンラガーなんかまさに黄色いビールでした。

僕が大人になるにつれて、世の中に黒いビールが広まっていったように思います。
※当時はなんかプレミアムな扱いだったような気がする

じゃあこの黒い色のビールってなんなの?
って思いますよね。

これは、ビールの原材料の一つである「麦芽」の色なんです。

とは言っても、黒い色の大麦があるわけではなくて、
この麦芽を炒って、焦がしていった色というわけなんです。

麦芽が黒い色になる前(茶色ぐらいの頃)に取り出して醸造すれば、
ビールは茶色くなります。
アンバーエールなどがそうです。

茶色よりももっと前、赤茶っぽい色の時なら、カラメルモルトと呼ばれ、
赤みをおびた茶色いビールができます。
ウィンナースタイルなどがそうです。

真っ黒になるまで焦がした麦芽を使用するから
黒い色のビールになるというわけなんです。

※実際には醸造に使う麦芽のわずか数%だけ焦がした麦芽を使用しています。

なぜ黒い色のビールを「黒ビール」と呼んではいけないのか

じゃあなんで「黒ビール」と呼んでしまってはNGなのか。

これはまぁ、単純に、
色々な種類があるのに一緒くたにしないで欲しいから
ってことかと思います。

例えば、僕らだって「アジア人」ってひとくくりにされるよりは、
「日本人」って言われたいだろうし、
「日本人」とか言われるよりは「鈴木さん」とか呼ばれたいと思うんです。

ビールだって同じで、「黒ビール」って言われてもいろんな種類があるわけで、
「スタウト」とか「シュバルツ」とか呼ばれたいってわけ。
さらに言えば、「アサヒスタウト」とか「ケストリッツァーシュバルツ」とか言われたいわけです。

(例)
人間 – アジア人 – 日本人 – 鈴木さん
ビール – 黒いビール – スタウト – アサヒスタウト

黒ビールの種類

というわけで、先にいくつかの種類を知っておかないと、
正式名称で呼んであげたくても呼べないわけですよ。

なので有名どころをいくつかだけ書いておきます。

スタウト

黒いビールの中でもやや濃厚でアルコール度数もやや高いもの。

ギネスドラフトに代表される「アイリッシュドライスタウト」や、
バレンタイン時期に出てくる「チョコレートスタウト」、
濃厚さとハイアルコールが特徴の「インペリアルスタウト」など
ひとくくりに「スタウト」と言っても、その中でもいろんなスタイルがあります。

個人的には大阪のアサヒビールで作られているという「アサヒスタウト」がオススメ。
まったりとコクのあるエールビールで、コーヒーのような焙煎感と麦の甘味が絶妙です。
まさに日本の伝統的なクラフトビールといった感じです。

シュバルツ

ドイツ語で「黒」を意味するシュバルツ。
伝統的なドイツの「シュバルツビア」が発祥元で、すっきりとした黒ビール。

スーパーなどで市販されている黒ビールはだいたいがこのスタイル。
ヱビスの黒や、アサヒドライブラック、プレモルの黒など。

また、キリンの「一番搾りスタウト」という商品がありますが、
「スタウト」と名乗っているにも関わらず、中身はシュバルツという、
日本ならではの黒ビールといった感じです。

ポーター

荷運び人(ポーター)が好んで飲んでいたとかなんとか言われるスタイルで、
定義がすっごく曖昧なスタイルです。

スタウトのもとになったエールビールと言われていますが、
現在の多岐にわたるスタウトを考えると、そのどれかに似ているのではないかと思います。
正直、味わいだけで「ん~、これはポーターだねぇ」ってわかる人っていないんじゃないかな。

味わい的には、スタウトほど強くはなく、シュバルツほど軽くもなく、といった印象。

黒ビールの特徴、合う料理

特徴と言ってしまうと、前述の通りいろんな種類があるのでひとくくりにはできませんが、
一つだけ共通している事を言うと、「焙煎感」です。

焦がした麦芽を使っていますから、コーヒーのような焙煎感をすごく感じます。
中には本当にコーヒーの様な香りがするものもありますし、
アメリカのレイクフロントブルワリーが「コーヒースタウト」のようなものを出してた記憶があります。

※こういう事を書くと「じゃあコーヒー飲めばいいじゃん」とか言うヤツがいるんですが、
何言ってんだろう?って感じですw

そんな黒いビールに合う料理は、一般的には魚貝類と言われており、
とくに牡蠣やムール貝なんかがオススメです。

あとはBBQやスモークした料理にも合わせやすいと思います。

おわりに

いかがでしょうか。
少しでも黒ビールとはなんぞや?がわかっていただけたら幸いです。

前述のアサヒスタウトは、ビール評論家のマイケル・ジャクソン氏が
「激ウマ!星4つ!!」
ってことで、日本のビールに4つ星をつけてくれたほど完成されたビールだったそうです。
取り寄せてでも飲んでみて欲しい一品です。

スリランカの「ライオンスタウト」も同様なので、見かけたら買いですね。

こういう事を知っちゃうと、友達とお酒を飲みに行ったときにいちいち気になっちゃうのが難点ですw

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ