ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

IKEAのウォールステッカーで自宅のトイレがちょっとだけ好きになった話

 - 生活 , ,

      2016/07/28

toilet2

僕は現在、築30~40年ぐらいの賃貸マンションに住んでいます。

住めば都とは言いますが、やっぱりいろんなところに目をやると、
なんだか悲しい気持ちになるのも確かです。

そこでなんとかちょっとずつでも楽しくしようと、
DIYを試すわけなんですが、結局は既製品が一番楽で綺麗w

そんなお話です。

スポンサーリンク

トイレの壁があまりにも殺風景で、DIYステッカーを貼ってみた

そう、築年数の古いマンションのトイレの壁は、
なんとコンクリート?モルタル?みたいなのが打ちっぱなしです。

壁紙すら貼ってないんです。

これはちょっと寂しいよね、ってことで、
小学校の頃図工の成績が5だった僕が、DIYでウォールステッカーを作って貼りました。

それがこれです。

toilet1

・・・・。
ありえねぇ・・・、

なんか、余計悲しくなっちゃった。。。

改めて自分のセンスを疑った瞬間でした。

このままでは家族全員がトイレに行くたびに陰鬱な気持ちになってしまう。
そう思った僕は、これを妻に見せて一通り大笑いした後で、即剥がしましたw

IKEAのウォールステッカー

そこで登場するのがIKEAのウォールステッカーです。

デコレーションステッカーっていうんでしょうか、
Amazonでもいろんな種類のが出ています。

1,000円程度で床から大人の身長ぐらいまでの高さのステッカーが買えちゃいます。
最初からこれにしておけばよかった!

壁を少し綺麗に拭いて、そこにペタペタっと貼っていけば完成。
これだけで、なんだか少し明るい気持ちになります。
※タイトルの画像がそうです。

ちょっと用を足しに行ったときも、
お腹を下してトイレにこもる時も、
何も言わずに、ただそこにいてくれる。

いつでも見守ってくれているウォールステッカー、最高です。

おわりに

普通に会社員を続けている友人が次々と綺麗なマイホームを持ち始めている中、
いろいろとふらふらしてしまった僕は未だに賃貸暮らし。

それなのにこんな事ばかりやってっから余計にお金は貯まらないわけですw

でも人生は一度きりだから、
今いる環境で最大限楽しんで、
後悔のないように生きていけたらいいですね。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です