ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

「列車のボブ」アルファベット編がシュール過ぎて逆に面白い

 - テレビ・映画の感想

      2017/08/09

bob_the_train

列車のボブというムービーを知っていますでしょうか。
たまたまYouTubeで見つけてしまいました。
うちの1歳になる息子がハマっています。

これ、ちょっと調べてみたんですが、
全然情報が出てこなくて、誰が何の目的で作ったムービーなのかがよくわからないんです。
KidsTV(子供たちテレビ)というYoutubeのチャンネルが配信元なのかなぁ。

先に言っておくと、内容はチビっこ向けの教育動画で、
歌に合わせていろいろ教えていく感じの内容になっています。
(だから息子がハマってるわけです)

でも、そのクオリティというか、
なんか混沌とした感じのストーリー展開や歌詞が
観ているうちに大人もハマっていく不思議な魅力を持っていますw

スポンサーリンク

ボブ、トレイン アルファベット

僕が特にハマったのは、これです。
歌ではないんですが、アルファベットをAから順に列車に乗せていくお話。

アルファベットの形状や発音、それから順番がわかるような教育動画だと思います。

「まずはAさんから探しに行こう」
ボブに言われ画面を見てみると、柱の影がうっすら「A」の形に!

ははーん、そうやって探していくわけね。
・・・なーんて思っていたら予想を大きく裏切られますw

次のBさんはさっそく隠れてすらいません。
屋根の上からボブを見下ろしています。

「Bさんはそこで何しているの?」
「やぁボブ、探していたよ」
YEAHHHHHH!!!!!(歓声)

会話はそれだけで、なぞの歓声と共に列車に乗り込みます。
※このシュールさは実際に映像を観ないと伝わらないかもですw

Cさんは公園に行くところをボブに呼び止められ、
「それより僕と一緒に来ないかい?」
と誘われると
「イエーイ!」と言って乗り込みます。

・・・公園は!!

Dさんはかくれんぼをしているところだったのに、ボブに乗り込み、
Eさんは挨拶しただけでボブに乗り込みます。(しかも歓声付き)

・・・と、こんな感じでとにかく順番にアルファベットをボブに乗せていくだけなんだけど、
その過程がいろいろ酷いのと、最初のゲーム性みたいなものが皆無なのとで
なんとなくカオスな作品に仕上がっています。

他のボブ作品はなかなかいい

列車のボブはその他にも形の歌や色の歌など、
小さい子の勉強になりそうなシリーズがあって面白いです。

歌メロは既存のものの替え歌がメインなので、曲は聴いてて楽しいですし、
歌っているお兄さんもいい声してます。

歌詞がちょっと「手抜きだろこれ!」ってのもありますけど、
本当に1歳の子供も気に入っていて、いい感じです。

だからこそ余計にこのアルファベットのムービーが際立つというかw
そんなに奇抜なわけじゃないけど、じわじわ来る感じで大好きです。

おわりに

今は本当に便利な時代になりましたね。

うちの子供はテレビを見せていてもすぐにタブレットを持ってきて
「うー!うー!」と訴えてきます。

そして、退屈なムービーだとすぐに次のに変えちゃうんですよ。
(列車のボブは比較的黙って観ててくれます)
子供の頃からこんな感じだと、我慢できない子に育っちゃうんじゃないかと心配です。

僕の友達は一切スマホを子供に見せないって奴と
基本的には見せてないって奴がいます。

それはそれで、子供の好奇心を削いでしまっているような気がして怖いなーとも思っちゃう。

時代がどうなるかはわからないし、子供がどう育つかもわからないから、
なかなか難しいけれど、その時その時の情勢を見ながら、
子供にとっての最適な選択肢を取って行ってあげたいですね。

真面目な話になっちゃったけど、とにかくボブ面白いですよー

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ