ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

アフィリエイトサイトの設計の前に考えるべき「需要」について

 - アフィリエイトで稼ぐ

      2016/02/04

物が売れる時には、必ず以下の3つのどれかに当てはまるんじゃないかと思う。

  • 需要のあるものを売る
  • 隠れた需要にマッチさせる
  • 需要を作り出す

これを無視して商売を始めてしまうと、
結局のところ「必要とされない」状態になるから、物が売れないのではないかという話。

ちょっと自分の頭の整理用にまとめてみました。

スポンサーリンク

需要・必要・ニーズ・・とかいうやつ

上記3つを1つずつ見ていきます。

需要のあるものを売る

これが一番わかりやすくて単純な商売で、
たとえば冬になったら寒いから暖房器具を売るとか。

毎日食べるお米を売るとか。そういうの。

人にとって必要なものだから、そりゃ売れる。

だけど、売れるからってみんなが同じことを始めたら、
多くの商品を安く流通させられるところだけが勝てるようになる。

そこで差別化が必要になってくる。

隠れた需要にマッチさせる

たとえば、電気代がめっさ安い暖房器具だとか、
温まるまでがめっさ早い暖房器具だとか。

○○産の粒がそろったお米だとか。

「そうそう、こんなのが欲しかった!」って状態にあてこんでいくのがマッチング。

たぶん個人アフィリエイターや個人飲食店主が目指さなきゃいけないのはこれ。

需要を作り出す

隠れた需要といっても、差別化されただけの物は市場が小さそうだから、
もっと大きな隠れた需要へのマッチングという意味で、自ら需要を作り出すことも必要。

「私達が需要を作り出した」は本田宗一郎氏の名言です。

最近ではiPadなんかがまさにその典型で、
市場に登場するまでは誰も「欲しい」なんて思ってなかった。

使い方やライフスタイルと合わせて売られるようになって、初めてそこに需要が出来た。

これは大手だからこそできるプロモーションのなせる技で、
個人が絶対に目指してはいけないところ。

つまり、相手にとっての必要を考えられたかどうか

これはきっと、「僕がやろうとしている事は、○○さんの役に立つ!」って明言出来る人なら、
必ずクリア出来ている事なんだと思うんです。

その人の必要にマッチしているかどうか、だから。

でも一度そこに「おれが」「僕が」「私が」・・という主語が入ってくると、おかしなことになる。

「おれがゲームを作って食べていきたいから、このゲームを作る」
「僕がマレーシアに住みたいから、マレーシアで現地紹介サイトを作る」
「私がこの町が好きだから、この町に古民家カフェを作る」

本来ならばその主語になるのはサービスを買ってくれるお客さんでなければならなくて、

「○○な人に求められているから、このゲームを作る必要がある」
「○○な人はマレーシアの情報を欲しがっているから、現地に住み込み取材に行く必要がある」
「○○町に住んでいる人が古民家カフェを欲しているから、そこにオープンする必要がある」

これが正解。
そういや世の中の売れてるサービスを見たら、基本的にはそんな感じで出来ていると気づかされます。

競合を知り、それでも自分の存在意義があるかどうか

そう思うと、人々の欲や悩みを知らなければならない。
知ったうえで、それに応えているサービスがないのかを調べる必要がでてくる。

調べたうえで、その競合と比べて自分のサイトに来てくれる人が、
「なぜ競合のところではなく自分のところだったのか?」について説明できなければ
顧客はあなたのサービスではなく競合のサービスが受けられれば十分だったはず。

つまり特別必要とされていないということ。

結局は他者にとって必要とされない自分なんだったら、
それは”需要がない”という事に他ならないわけで、商売として成り立たないという事に繋がります。

まとめ

今自分がやろうとしている事は、需要があるのか。
そして、その需要を満たしている競合はいないのか。

また、その需要を満たしていく為に、主語を顧客(ユーザー)に設定出来ているのか。

これが商売のスタート地点なんじゃないでしょうか。
ここから始まるし、これなくして始めても上手くいかない。

この「需要があるか・競合がいないか⇔主語を顧客に設定出来ているか」を
何往復も考え抜く事によって、自分だけの顧客が見えてくるんじゃないかと思います。

 

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です