ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

Amazonの初出品は売れるのか?かかった費用と得たものについて。

 - ネットで売る・ネットショップ

   

Amazonで、海外から仕入れたものを売ってみました。

日本で仕入れたものを販売するのには何かしらの許可が必要だった気がしますが、
海外から”個人的に”仕入れたものなので、ものは試しです。

そこで実際にかかった費用と、利益として残った部分をメモしておきます。
何かしらの役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

 Amazonマケプレで初めて商品を売って得られたもの

今回仕入れて販売したのはとある玩具です。

アメリカのオンラインショップから送料無料で購入する事が出来たので、
調子にのって2点購入し、数日眺めるなどして楽しんだあと、2点とも売ってしまいました。

今回の販路に選んだのはAmazonです。
正直言って、Amazonで売れないような物はそもそも需要がないんじゃないかと思っています。

費用について

仕入れる当時、日本で10,000円ぐらいの商品が、
$49.99円で売っていました。

なので、単純計算で、送料無料なら1つあたり5,000円ずつぐらい稼げるんじゃね?みたいな頭だったと思います。
もはや$1=100円の時代は終わっているというのに・・・!

結局なんだかんだのキャンペーンを適用してもらって、2つで$79.98まで価格を落とすことに成功しました。
その時のVISAカードでの支払いレートが$1=125円程度だった為、仕入れ値は10,038円となりました。
※為替レート上は121円程度でした。

では実際の売価と、かかった費用です。

内訳 価格
仕入れ(円換算) 10,038円
送料 0円
出品料 0円
売価 19,960円
販売手数料 1,996円
元払い送料 1,910円
梱包材 108円

ちょっと見づらいですが、赤字の部分が僕が支払った額。
黒字が受け取った額です。

今回は向こうからこちらへの送料が無料だったので0円になっています。
また、Amazonの出品サービスもお試し期間中なので0円です。

売価は10,000円ぐらいで出品されている商品だったので
ここは試しに再安値を狙って9,980円にしてみました。

9,980円が2点売れたので、売上は19,960円。

販売手数料はおもちゃが確か10%だったので1,996円。

僕から相手に送る際、元払いで出荷。
80サイズで970円と1,180円の地域に配送。
持ち込み割引でそれぞれ120円ずつ引いてもらって、1,910円。

送る際にプチプチに包んだので、その梱包材料金が108円。

結果、売上19,960円に対して経費が14,052円なので5,908円の収益となりました。
利益率30%ってとこ。飲食店並です。

学んだこと

そこまでバンバン売れるような商品でもないと思うので、たくさん在庫させられない商品です。
そもそもたくさん在庫させるには、それなりの投資が必要になりますが。

その状況で利益率30%ってどうなんでしょう?
小売ビジネスをやったことがないので実際の利益率がどんなもんで成り立つのか知りたいところです。

さて、学んだこととしては、まずはこれ。

Amazonなら、信頼がなくても売れる

需要さえあれば、Amazonで安価で売っていたら、買ってくれるお客さんはいるということ。
僕なんか特に実績もなにもない状態でのマケプレ出店で、どうやって信頼して貰ったらいいんだろう?って思ってたんですが、そんな心配必要ありませんでした。

結局のところ、Amazonという大きな信頼の軒下で商売をやらせてもらってるわけですから、
逆を言えば「ここに出店してるぐらいだから裏切らないだろ」って想いがあるのかもしれません。

需要があって、安けりゃ売れる

あたりまえのことかと思うかもしれませんが、
実際の店舗だったら「需要があって安くても売れない」は、起こり得ます。

なぜそんな事が起こるのかといえば、「その店を知らないから」という事などがあげられるわけです。
(知ってるけど遠くて買いに行けない、とかも)

つまり、リアルの店舗だと、まずは店を知ってもらう事が必要で、
その店に行く理由(その商品が安く売られているなど)を知ってもらう事が必要で、
実際に店に足を運んでもらって、初めて売れるか売れないかという話になるんです。

でもAmazonの場合は、そこらへんをすっ飛ばしてくれるわけ。

だから、旬が過ぎてない商品だったり、永続的に需要があるような商品だったら、
最安値でさばける仕入れルートさえ確保しちゃえば売れ続けるんじゃないかな。

ただ、「安いから売れてる」だとカッコつかないですけどね・・。

価格はちょいちょいチェックした方がいい

今回売れるまで商品を放置してしまったんですが、
昨年末の商戦時に10,000円ぐらいだった最安値が、今日は15,000円にまで上がってました。

Amazonの相場は変わりやすいみたいですね。

そう思ったら、14,980円で販売していても売れたかもしれないってこと。
もちろん「だったら高いからイラネ」って思われる可能性もあるけど。

もし同じ商品を14,980円で販売していたら、僕の売り上げは29,960円まであがっていたわけです。

経費もAmazonに支払う手数料が2,996円になるだけだから、
差し引き14,908円の利益が出ていた事になります。収益に9,000円も差が出てしまった・・。

おわりに

というわけで、僕のはじめてマケプレ物語は、結果的に黒字で終える事が出来ましたw

これに味を占めて、いろいろ売っていきたいと思う次第です。
ただ、こんなペースでやってたら、Amazonの大口出品の月額手数料を払えそうもないので、
小口に変えないとなー・・ってとこです。

 

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ