ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

業務スーパーのブラジル産冷凍鶏もも肉で絶品自家製クリスピーチキンを作る秘訣

 - アメリカンなグルメのレビュー ,

      2017/08/09

crispy_chicken

業務スーパーでよく冷凍の鶏もも肉を買います。
2kgで700円前後と、100g40円未満で買えちゃう魅力があります。

ただし、ブラジル産なので若干味わいが落ちるんじゃないか?と懸念されているそこのあなた!

簡単にブライニングする事で、これがジューシーな絶品鶏肉に変わります。

スポンサーリンク

鶏肉のブライニング

今回はクリスピーチキンを作る前提で書きますが、ブライニング工程は他の鶏肉料理でも一緒です。

ブライニングとは、よくわからないけれど、
水の浸透圧の違いを利用して、鶏肉に水分(とスパイス)を含ませて美味しくしちゃう技術です。

用意するもの(鶏もも肉2枚あたり)

  • ガーリックパウダー…3g
  • ブラックペッパー…3g
  • ジンジャーパウダー…3g
  • 塩…10g
  • 水…1L

3gとなっているものは大体小さじ1ぐらいでOKです。

ブライニング工程

  1. 使う分の鶏肉を解凍しておきます。
  2. 上記の材料と鶏肉をタッパーに入れ、冷蔵庫で一晩寝かせておわり。

どうでしょう。めちゃくちゃ簡単じゃないですか!?
これだけでブラジル産鶏もも肉がとても美味しくなるわけです。

あとはカレーに使ってもいいし、僕はそのままグリルして自家製ハニーマスタードソースをたっぷりかけて、グリルドチキンとして食べたりしました。

自家製クリスピーチキンのレシピ

クリスピーチキンの材料

  • 鶏もも肉…1枚
  • コーンフレーク(甘くないヤツ)…90gくらい
  • 卵…1個
  • 小麦粉…適量
  • 油(揚げるために用意)

ハニーマスタードソースの材料

  • ハチミツ…小さじ1
  • 粒マスタード…小さじ1/2
  • イエローマスタード…小さじ1/2
  • マヨネーズ…大さじ2
  • ガーリックパウダー…少々

クリスピーチキンの材料となるコーンフレークも、業務スーパーで売っているヤツがちょうどいいです。
海外のノンシュガーのものを選びます。

添えるソースは上の写真ではBBQソースになってますが、僕はハニマスソースがオススメ。
マクドナルドのナゲットについてくるマスタードソースです。
この材料も全部業務スーパーで買えちゃう。すごい!

クリスピーチキンのレシピ

  1. ブライニングした鶏肉を適当な大きさに切ります。(1枚の鶏ももから10個分ぐらい)
  2. コーンフレークを細かく砕いておきます。
  3. 切った鶏肉に小麦粉、溶き卵、砕いたフレークの順で衣を付けます。
  4. 170℃の油で中に火が通るまで揚げたら出来上がり。(3~5分程度)

衣をつけた状態で袋などに詰めておき、冷凍しておけば日持ちさせられます。
再冷凍で若干味わいが落ちることを気にされる方もいますが、自家製だしいいよね!ってことで。
※もし再冷凍した状態のものを揚げる場合は10~12分程度揚げないと火が通りませんので注意。

ハニーマスタードソースは混ぜたら完成です。
前述の通り、クリスピーチキンだけでなくグリルドチキンにしてみたり、
「クリスプチキンとハニーマスタードのサラダ」みたいなアレンジレシピにも使えます。
ソースは作っておいたものを冷蔵庫でそこそこの期間(1~2か月ぐらい)は保存できるのでオススメです。

スポンサーリンク

  こちらの記事もおすすめ