ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジン

【丸パクリ】ヒカキン鬼ごっこ の凄かったところ【逃走中】

 -

   

ちょっと話題に乗り遅れましたが・・・1週間前ぐらいですかね。
YouTuberのヒカキンさんが「ヒカキン鬼ごっこ2022」という2時間オーバーの動画を投稿されてたんですよ。

これ、動画を見た方はご存知だと思いますが・・・YouTuberを集めて、富士急借り切って鬼ごっこっていう、まぁ平たく言えば「逃走中の丸パクリ」動画だったんですね。

フジテレビの長寿番組である「逃走中」ってあるじゃないですか。
ハンターから逃げ切れたら100万円っていう。

今回のは出場者がテレビのタレントさんからYouTuberになって、ハンターがヒカキン軍団になった・・・ってところが違うだけで、演出的な部分も含めて新しい要素もなく・・・同じYouTuberのシバターさんも言及されていたとおり、本当に単なる「逃走中じゃん」だったんですよね。

ただ・・・!

だったとして・・・!

あれはやっぱりめちゃくちゃすごい企画だったんちゃうかと・・・。

提供 ヒカキン自腹のすごさ

まずですね・・・提供が「ヒカキン自腹」ってところがものすごいじゃないですか。

参加されたYouTuberさんたちにギャラが支払われていたのかはわかりませんけど、撮影・編集のスタッフを用意したり、富士急借り切ったり、賞金用意したり・・・って、普通はテレビ番組が「スポンサーがいないとできない」って規模のヤツを個人で(またはその事務所で)やってるってことでしょ?

すごくね・・・?

ただただカメラの前で面白いことをする、文句を言うだけ・・・みたいな「ほぼノーリスク」な動画じゃないんですよ。

まぁ、ヒカキンさんの場合、動画を垂れ流せば絶対に広告料が入ってくることが確定していますので、そこまでリスキーではなかったとは思いますが・・・それでもあれだけのお金や手間暇かけて作った動画っていうのは本当にすごいなと。

それを考えたら、リスペクトこそすれ、丸パクリだからって批判なんぞできないよなぁ〜!って。

丸パクリだっていいじゃない。YouTuberだもの・・・

さらにいうと、彼らって「テレビのひと」じゃなくて「YouTuber」なんすよね。
もともとコーラにメントス入れて喜んだりしていた人たちで、今回の動画もいわばその延長なんですよ。

クリエイターとして云々という批判もありましたけど、そもそもYouTuberにはクリエイティブなんて求められてないじゃないですか。

もちろん「YouTuberにクリエイターがいない」というわけじゃなくて。
たとえばテレビではできないようなアウトローなコンテンツを作っている人とか、テレビとは層が違う「マイノリティ向けコンテンツ」なんかを作れたりっていう強みを生かしたクリエイターがいるっていうのもわかってます。

でも、たいていはみんな他の人がやっているようなことを二番煎じで動画にして、そのファンが喜んで観る・・・っていう図式になってると思うんですよね。
なので「この人じゃなきゃ作れない」っていうような動画はあまり無いというか、必要とされてないというか。

「同じような商品」を売る難しさ

で、何がすごいって・・・これ、例えば「小売」で考えてみてほしいんですけども。
「コーラ」ってあるじゃないですか。黒くて甘い炭酸飲料の。

世の中には「コカ・コーラ」というビッグネームのコーラ商品があって。
それに負けず劣らずの「ペプシ・コーラ」もありますよね。

もしあなたが零細清涼飲料水メーカーの営業マンだったとして、その会社が「うちもコーラ売りたい」つって。
上司から「コカ・コーラに似たようなの作ったから、それでコーラの市場を獲得してこい」って言われても・・・「売れるわけねえ!」って思いません??

YouTuberがやってるのって、こういうことじゃないですか。

今回のヒカキンさんの動画も、「逃走中」っていうビッグネームがあって、「鬼タイジ」っていう追従タイトルが既にあって。
それの丸パクリみたいなのを作ったのに、しっかり視聴者を獲得できてるっていう。

ある意味そういう状況こそが「この人にしか作れない」っていうクリエイティビティなのかもしれないわけで、動画そのものや企画内容のクリエイティビティなんてYouTuberには関係ないんじゃないのかな〜って。

おわりに

まぁ、この辺の話ってYouTube界隈だけの話じゃないんですよね。
音楽のアーティストとかでもそうだし。漫画家とかでもそう。

僕はクリエイターにも敬意を持っているけれど、どれだけすごいものを作れてもそれが共感を呼べなかったり、うまく世の中に浸透させられないのであれば、やっぱりクリエイターとして弱いのかなとも思ってしまうのです。

逆にクリエイティブじゃなくても世の中に感動を呼べたりする人ってのは、これはクリエイターとは違った才能としてすごいよなーって。

だからといって丸パクリ自体が許されるってわけではないと思いますけどね~。
(今回の件もヒカキンさんがフジテレビ側から怒られたりしないのか心配)

   

 -

   

スポンサーリンク