ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジン

小学校の避難訓練が「人災対策」になってた件。。。

 -

   

息子の小学校で先日避難訓練がありまして。

どんな様子だったのかをヒアリングしたところ「超こわかった」とのこと。

なんでも「不審者が学校に入って来た時用の避難訓練」だったのだそうです。

そうかぁ・・・そういう時代だもんな。
僕らの時には避難訓練って「ピンポンパンポン~ ただいま一階校舎 二宮金次郎像より火の手があがりました」みたいな感じだったのになぁ。

天災じゃなくて人災の方が恐ろしいんだよな今は。

スポンサーリンク

恐るべしっ!人災避難訓練

そういうわけで、小学1年生の息子たちのクラスでも「不審者が自分のクラスに来たらどうするか」「他の教室にいたらどうするか」などいくつかのパターンを想定した訓練が行われたそうです。

詳しい内容は書けませんが、実際に先生が不審者のふりをしたロールプレイングで・・・相当緊張感があった模様。

うん・・・ほんと、子供に何をやらせとんねん、と。

あいや、学校側に言ってるんじゃないですよ??
学校にはもう本当に、こういう訓練までして子供を守ろうとしてくれてるなんて感謝しかないです。

そうじゃなくて、こういうきっかけを作った犯罪者たちよ、、、
お前らがどんな少年時代を送って来たのかは知らんけど・・・無関係な子供たちに余計な心配させんなよ!
ただでさえ生きづらい世の中なのに。もう!!

・・・とか言っても仕方ないのでね。
大人も子供も、常日頃から自分を守るための意識やイメトレをしておかないといけないんだな・・・。

先生の負担、多すぎ

ちなみに、息子は訓練の話でことあるごとに

その時は先生が戦って守ってくれるから~

と言ってましてw

すげーな!
先生の信頼すげーな!!と。

たしかに子供では不審者に太刀打ちできない部分がある・・・というか、まぁそれを見越して学校なんかに侵入してくるわけで。(卑怯者め!)
その場にいて戦える人ってなると先生しかいないんだろうけれども。

多くの負荷となる子供たちを抱えながら戦うっていうのを想定したら、、、すごいことですよ、、、
本当なら自分が真っ先に逃げたいだろうに。。

でも児童の信頼を背負ってしまったら、そういうわけにもいかないのかもなぁ。先生様様やで、、、

おわりに

まぁ、そんな感じで。
今の学校の避難訓練ってこういう感じなのかと、感心したのと同時になんだか世の中にガッカリしてしまったというか、そんなお話でした。

あ、もちろん火災や地震への訓練も別途やってるそうです。

願わくば「こんな訓練、やる必要ないよね」という時代がまた来てくれたらなと思います。
・・・人生は有限なのに、くだらないことに時間使わせてんじゃねー!

   

 -

   

スポンサーリンク