ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

懸賞は当たるんだよ、って話。僕が当たった時にやったこと。

 - 生活の豆知識

      2017/08/09

つい先日、ある雑誌で行われた懸賞に不正がありました。
あれを見て「懸賞なんてやっぱりウソなんじゃねーか!」って思った人も多いと思います。

実際に、ちゃんとやっているところもあれば、
まだまだバレてないだけで不正をしているところもあるだろうと思います。

ただ、これだけは言えます。
それは、

僕は人生で2度ほど懸賞にあたったことがある。

ということw

スポンサーリンク

王様のブランチでジェーンバーキンのCDが当たった

僕が20歳ぐらいの頃、
テレビドラマでジェーン・バーキンのシャンソンが主題歌に使われているものがありました。

たしか「おやじぃ」・・・じゃなくて、「美しい人」というドラマに「無造作紳士」という曲が使われていて、
その曲が入ったCDが10名に当たるというものでした。

「買うまでじゃないけど欲しいなー」ぐらいに思っていた僕は、
家にあったハガキに応募要件を書いて応募。

そしたら見事に当たったというわけです。

この時、特にハガキを装飾したり等しませんでした。
それで全国で放送しているテレビの懸賞(しかも10名)に自分が当選するなんて、
一生分の運を使い果たしたんじゃないかと思ったほどです。

※安心してください、その後も運は別に尽きていませんでしたw

ちなみにエルメスのバーキンってジェーン・バーキンが名前の由来だったんですね。知らなかった。
【参考】「バーキン」はこうして生まれた ジェーン・バーキンが名前を外すように求めたエルメスのバッグ|ハフィントンポスト

電撃ホビーマガジンでFGガンダムが当たった

kenshou1

もう1回は、電撃ホビーマガジンという雑誌が創刊されて一年前後ぐらいのとき。

これは何故応募したのか全く覚えていませんが、
当時発売されたばかりのFG(ファーストグレード)のRX-78-2ガンダム(300円相当)を応募。

本当に記憶にないので、やっぱりハガキを飾ったりなんかはしてません。

ある日家に小包が届いて、何かと思ったら

kenshou2

こんな感じだったわけです。
「くそー、こんなことならもっと高額のを応募しとくんだったぜ・・・」
なんて思っても後の祭りですw

いや、当たっただけでなんだかすごく嬉しいですw

それ以外は基本からっきし

僕はそもそもそんなに懸賞に応募する方ではありませんが、
思いついた時にふと応募していたりします。

でも、これ以外は当たった覚えがありません。

特にネットで応募したやつとかは本当に全然当たらない。
みんなのハードルが低いんでしょうね、ネットだと。

そう思うと選挙なんかもっともっとネットで出来るようになればいいのになぁ。
法案通すのとかも。

その昔には有名なのも

ふと思い出したんですが、幼稚園ぐらいの頃にケンちゃんラーメンのボールペンが当たったり、
かみつきババアの消しゴムが当たったりした覚えはありますね~。

あとは懸賞じゃないけど、金のエンゼルでキョロちゃんの缶詰めもらったことも。

おわりに

ただ当たったものを羅列しただけだと「おいおい自慢かよ」ってなっちゃうので補足しておくと、
僕が言いたかったことは「特に装飾等せずに応募」といったところです。

当然、ああいうのの当選はどうやって決めているのか知りませんが、
ちまたで言われるのは「とにかくハガキを派手に!」みたいな事じゃないですか。

でも、僕が当たった時って別に全然派手にしてなかったんですよね。

単純に人気がない時に応募しているからかもしれませんが。

まぁ、だからって「装飾しなければ当たる」ってわけでもないので、
特に何の解決にもなってませんねw

ただこれだけは言えますよ。
懸賞も応募しなきゃ当たらないし、
宝くじも買わなきゃ当たりません。

確率を0%から1%にあげられるのは自分の行動のみ!

というわけで、僕はプライムミュージックの懸賞に応募したわけです。
プライムミュージックでBluetoothスピーカーが当たるぞ!無料会員も対象らしいよ!

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ