ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

郵便局では新札の両替を(基本的には)やっていないぞ!

 - 生活のTIPS

      2018/06/04

高校生の頃に出会った友人たちの結婚ラッシュもついに終わりを迎えそうです。

一番仲の良かった友人がようやく披露宴を行うことになり、招待されているので新札(ピン札)を用意しなければと思いました。

・・・が!
実はいままで自分で新札を準備したことってなかったことに気づいたんです。

「あれ・・・新札ってどこで替えてもらえるんだろう??」

そう思って調べたところ「郵便局でも替えてくれるよ!」とのことでした。
よーし!!と迎い、玉砕して来た・・・そんなお話です。

スポンサーリンク

郵便局には新札が入ってこない

今回なぜ郵便局で両替をしてもらうと思ったのかというと・・・うちの一番近所にあるのが郵便局だからであり、さらには僕がその日郵便局にちょっとした用事があったからです。

「どうせ郵便局に行くんだし、ついでに新札に替えてもらえばええやん!」とか考えたんですね。

で、用事を終えていざ受け付け担当の方に「新札に替えてもらうことってできますか??」と聞いたところ・・・「ごめんなさい、できないんですよー」と。

というのもその方曰く、「郵便局には基本的に新札が入ってこないんですよ」とのこと。なにをー!?

おそらく「全く入ってこない」というわけではないんでしょうけど、常に新札がある状態ではないんでしょうね。
常にあるわけではないので、業務として行うことができない・・・ということらしいです。

なので、「新札への両替は銀行でお願いします!」と言われてしまいました。
郵便局で両替しようと思っていた方はご注意を!

なぜ新札を用意する必要があるのか?

ではなぜ結婚披露宴の前には新札を用意する必要があるのでしょうか。

その答えは「おまえの結婚式、むっちゃ楽しみにしてたわー。だからお札もピッカピカの準備して待ってたわー。」という意味が込められているからなんだとか。
なるほどなぁ。

ただ、水を差すようで悪いですが・・・前日でも用意できますからね。
なんだったら当日会場のフロントでも両替してくれるところはあるぐらいですし。

なんか体裁だけ、「楽しみにしてたわー」ってするために新札にするのってすごくバカバカしいと思ってしまうのは僕だけでしょうか・・・。

むしろ僕なんか今度の披露宴の1ヵ月以上前にご祝儀袋だけは買ってありましたからね!?
もしそれでお札だけがボロボロだったら「こいつ・・・!おれらの式を楽しみにしてなかったってことかよ!!礼儀知らずだな!!!!」ってなるんでしょうか。

なんだよ、お金だけじゃなくてご祝儀袋も見てくれよ!・・・って気マズイ感じになっちゃいそうw

そもそも中身は見られない(可能性)

というか、たしか、僕の記憶が確かならば・・・!
ご祝儀って結局のところ、あのまんま新郎新婦の元に行くわけじゃなかったと思うんですよ。

たしか・・・外のご祝儀袋は会場で捨てられちゃって、中の袋(金額を書くヤツ)とお金だけが別々で回収される・・・とかじゃなかったかなぁ。
そのうえ現ナマをそのまま受け取ったりしたっけ・・・?

要するに、新郎新婦にしてみたら誰がピン札だったか、誰がボロボロのお金だったか・・・なんてわからなかったと思うんです。

だから、新札にする意味ってあるのかなぁ・・・とか考えちゃいます。

そういう問題じゃない!

って・・・そういう問題じゃないんですよ!!

もう楽しみにしていたかどうかとか、中身を見られるのか見られないのか・・・ということよりも「新札を用意すること」そのものに意味があるんですよね。

結局のところ「直前にでも用意できるんだからやっとけよ」って類の話なんだろうなと。
誰に失礼とかでなくとも、なんか結婚披露宴に呼ばれるような大人の嗜みとして。

そういうわけなので、僕は新札を包んでいくわけなのです。

逆にボロ札の方が喜ばれることも

ちなみに逆にボロボロのお札の方が喜ばれるシーンがあるんだそうです。
それはお見舞いとかお悔やみの時。

こういうときには「待ってました!」ってなっちゃダメですからね。
これはよくわかる。わざわざ新札を用意していったらすごく嫌味になっちゃいますし。

・・・ただまぁ、お香典とかも現ナマを見ることはなかった気がしますけどね~・・・。

あとはあれですよね。
「北の国から」の泥つきのピン札・・・その話は今はいいか。

おわりに

というわけで、「郵便局では新札の両替が出来ないよ!」という話を無理やり引き延ばしてこんな感じになりました。

ぶっちゃけ、新札を用意できなかったぐらいで崩れるような関係性の相手なら、結婚式や披露宴に呼ぶべきじゃないと思うんですけどねw
そんな相手に祝ってもらって嬉しいのかなぁ・・・って思っちゃう。

ちなみに両替は地元の地方銀行で、両替専用の機械でやってきました。
通常なら手数料として300円かかるところ、その銀行のキャッシュカードを持っている人なら1日1回無料で交換してくれるとのことだったので、無料で両替ができたのは良かったです。

その機械には「当行のATMに入っている一万円札はすべて新札です」と記載があったので、普通にその銀行でお金を下ろすだけでも良かったのかな。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ