ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

くら寿司の牛丼レビュー。これは確かに牛丼を超えている!・・・かもしれない!

 - その他グルメレビュー ,

      2018/12/07

回転寿司チェーンの「無添くら寿司」が牛丼を出したというので行ってきました。

らーめん、カレー、天丼、コーヒーなどの提供があることを知っている僕ら家族からしたら何も驚くことはありませんw
回転寿司という名目のファミレスなんですね~、ここは。

ちなみにシャリカレーは僕的にはハマりませんでしたが、ラーメンや天丼は価格や手軽さを考えても満足できるレベルだったりします。

じゃあ牛丼はどうなのか!?
気になるところですよね~。

しかも「牛丼を超えた、『牛丼』」なんてコピーがついているわけで、これはもう食べないわけにはいかないと思いました。

スポンサーリンク

くら寿司の牛丼レビュー

kura-gyudon1

オーダーして専用レーンを走ってきた牛丼はこちらです。
待っててもおそらく回転レーンを回ってきてはくれません。オーダーする必要があります。

見た感じ、大手牛丼チェーンの牛丼みたいな見た目ではありますね。

素材を厳選し、出汁にこだわった、安心無添加の牛丼ということです。
はたしてこれが「牛丼を超えた」というコピーに勝てるのでしょうか!?実際に食べてみます。

確かに牛丼を超えたと言える!?

kura-gyudon2

一口食べてみた感想としては「甘い!」というものでした。
よくある牛丼に比べて、はるかに甘味が勝っていると言えます。

で、実はこの甘味こそが「牛丼を超えた」と言えるのかもしれません。

牛丼のルーツを僕は知りませんが、僕が子供の頃に家で食べた牛丼は「すき焼きをした翌日、残ったすき焼きをごはんに乗せたもの」でした。
これはバイアスがかかっているかもしれませんが、大手チェーンで食べる牛丼よりもはるかに味わいが深かった覚えがあります。

そしてやっぱり甘かったわけです。

なぜ牛丼が甘くなるのか?
その答えは「すき焼きの割り下が甘いから」という点が大きいのではないかと思います。

今回のくら寿司の牛丼は、この「すき焼きの割り下感」が強い牛丼だなと感じました。
そういった意味で、牛丼を超えた牛丼と言えるかなと。

どっちかっていうと「家庭の牛丼」って感じではありますがw

美味しいけれど、コスパは普通

この場にいた全員で味見をしたんですが、みんな一様に「美味しい」と言っていました。

「これ、一人で一杯食べたら、それだけで一食分になりそうなボリュームとクオリティだよね」なんて意見も出て「確かにね~」なんて言っていたのですが、

普通に考えて「一杯370円」ですからね。
吉野家の牛丼並盛がいま380円なのを考えると、まぁ、そりゃ一食分にならないとね・・・。

おわりに

なんだかんだ言って、回転ずしのチェーンが牛丼の専門店に価格も質も肩を並べられたというのはすごいことです。
これ逆に吉野家でくら寿司ばりのお寿司を食べたいって思っても、無理ですからね。

圧倒的に劣っている点があるとすれば、紅ショウガがないところと、生卵のトッピングができないぐらいですかね。
紅ショウガはガリで代用するとして、生卵は・・・マグロユッケに乗ってる温玉みたいなやつでいいから別添えにしてくれないかなぁ・・・。

スポンサーリンク

  こちらの記事もおすすめ

Comment

  1. […] くら寿司の牛丼レビュー。これは確かに牛丼を超えている!・・・かもしれない! […]