ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

サイゼリヤ「イカの墨入りブイヤベース」を食べてきました!黒くてイカで美味いやつ。

 - 安飲みレビュー

   

もはや「地元にあるイタリアンバル」とも言うべきファミレス「サイゼリヤ」。
そこで期間限定の「イカスミブイヤベース」が出たと聞いて・・・さっそく食べに行ってきました!

ボス「これだよ、これ

えっ・・・これマジでサイゼなの!?って言いたくなるような見栄えですよね。
ほんと、常に挑戦し続けている感じがしてすごいなぁ・・・。

さてさて・・・そんなサイゼのブイヤベースはいったいどんな感じだったのか?
僕なりの感想を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

サイゼのイカスミブイヤベース

今回紹介したいのは、サイゼリヤの2019年冬における期間限定メニュー「イカの墨入りブイヤベース」です。

ブイヤベースというのは南フランスの魚介寄せ鍋料理のこと。
サイゼリヤはイタリアンレストランですから・・・これが厳密にブイヤベースなのかどうかは微妙なところだと思います。

要は魚介を使ったスープを、なんとなくイメージしやすいように「ブイヤベース」と呼んでいるのかもしれませんね。

まぁ、とにかく魚介のお出汁がたくさん出ているスープであることに違いはありません。

商品に偽りあり!?

いきなり難癖をつけるようで申し訳ないのですが、最初に運ばれて来たときはこんな感じになっていました。

オーダーするときのメニューにはムール貝が2枚とエビが2尾、あとはアサリのような貝やらイカのゲソやらが見えたんですけど・・・イカスミのせいで真っ黒になっており、本当にそれらが入っているのか不安になりますw

まぁ・・・最悪具材が入ってなかったとしてもメインはこのスープだと思うのでいいんですけども!

※結果、メニュー写真に載っていたような内容の魚介類が入っていました。

とにかくイカ!美味い!!

さっそくスープを口に運ぶと・・・うわ美味い!
とにかく口の中に広がる魚介の・・・いや、イカの出汁みたいな味が美味しいです。

4歳の息子も最初はこのグロテスクな見た目に怯えていましたが、一口食べるなり「これおいしいじゃん!」と言っていたぐらいw
いままで見た目の部分でイカスミ料理を避けてきていた人は、少し冒険してみると新しい扉を開けるかもしれません。

「イカスミパスタといえばガーリック!」と思って、ガーリックトーストも一緒にオーダーしました。

・・・が、これはちと失敗。
せっかくのガーリックトーストなのに、その良さを引き立たせることが出来ないからです。

これは公式がおすすめしている通り「ミニフィセル」にしておくべきですね。

あと我が家ではこれに限らずいつも白ワインをオーダーしているんですけど、うん、ワインも良く合いました!

難点がないわけでもない

一口食べて絶賛してしまったイカスミのブイヤベースですが・・・難点がないわけでもありません。

まずは価格ですね。
税抜き799円もしているので・・・同じサイゼリヤのランチ一食分よりも高額なわけですよ。

これだけの内容で799円というのは・・・普通に考えたら安いです。
でもそこはサイゼですからね~。もうちょっと頑張ってほしかったかなとw

次に具材の味。
エビもムール貝もそのままの味の主張が強く、スープからは独立した味になっていた気がします。

具材に味が染みているとか、そういう感じがなかったんですよ。
まるでイカスミのスープがもともとあって、そこにただ具材を落としただけ・・・みたいな。

なので、必ず具材とスープを一緒に頬張りたくなる感じがしました。

あとは食べづらい具材があったりして苦戦する・・・とかでしょうかw
まぁ、ぶっちゃけ価格以外はそこまで難点ではないですね。

おわりに

というわけで、サイゼのイカスミブイヤベースでした。

リピ確か?と言われると(主に価格面で)難しい部分もありますが、なかなかおすすめできる料理だとは思います。
特に「食事」に行くのではなく「ファミ飲み利用」の人向けかなと。

それにしてもサイゼのスープメニューってクオリティ高いものが多いですよね。
僕はちょっと前までメニューにあったオニオングラタンスープ(みたいなの)とかスープパスタのボンゴレ(ビアンコ)とかもかなり美味しくてリピしまくりましたし。

今後もこういうスープものに期待かな・・・!

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ