ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

Yat MingのDATSUN 280Zのレビュー!ヤトミンの3インチより日産フェアレディZ(S130型)やでっ

今は無き香港ミニカーブランド「ヤトミン」。
今回僕はその3インチモデルをたまたま入手することができました。

ヤトミンと聞くと1/72スケールの印象が強かったんですけど、それはどうやら晩年の話だそうで。
1970年代のヤトミンはホットウィールやマッチボックスと並んで称されるような3インチミニカーが中心だったんだとか。

そんなヤトミンより「DATSUN 280Z(と思われる)」のレビューです!

スポンサーリンク

ヤトミン ダットサン280Z(フェアレディZ S130型)のレビュー

今回紹介するアイテムは、昨年末に地元にオープンしたリサイクルショップで見つけたものです。
もう今から半年も前になりますか。

駿河屋系列のリサ店なのですが、ミニカーの値付けが甘いというような噂があって当時妙にソワソワしながらお店に行ったのを覚えてます。

そしたら全然ミニカー置いてないっていうね・・・。
写真にある4つのペグが2段分しかなかったです。

ただ、その中で目を引いたのが青いルースのスポーツカーでした。

「こいつ・・・Zだぞ・・・!」

確信はなかったものの、そんな気がして連れ帰ってきたのでした。

YatMingについて

YatMing(ヤトミン)は香港発祥のミニカーブランドでした。
1970年代に誕生し、少なくとも2013年頃までは続いていたようです。

当時はホットウィールの工場も香港にありましたし、香港発祥のミニカーブランドも数多く存在したらしく・・・今も昔もミニカーのメッカと言えば香港なのかもしれないですね。
(最近の香港ミニカーってヤバイですしね!)

TSM MODEL MINI-GT MiJo Exclusive LB☆WORKS NISSAN GT-R R35 Type1のレビュー!

前述したとおり、当初は3インチ(1:60前後)のアイテムを中心に展開しており、マツダサバンナとか日産シルビアとか・・・なんとも絶妙なアイテムがキャスト化されていたそうです。
今の日本で出したらガンガン売れるラインナップだったでしょうね~。

晩年は1:18スケールおよび1:72スケールの展開となっていったようです。
何気に僕も1:72スケールのヤトミンは2008年ごろにリアルタイムでゲットしており、「ヤトミンといえばちょっと小さいミニカー」というイメージがありました。

ちなみに社名のヤトミンというのはWikipediaによると「Yat(ベストな) Ming(ミン=創業者のミドルネーム)」とのこと。

DATSUN 280Zみていくよー

ではせっかくなので入手したミニカーを観ていきたいと思います。

こちらがフロントビュー。
そうそう、僕はなんとなくこれを「Zあるやん」と思ってレジに持って行ってたんですが・・・「本当にZかこれ」みたいな想いが日に日に強くなっていきまして・・・。
そんなこともあって半年ぐらい段ボールの中で眠っていてもらってたのであります。

でも調べてみたらブリスターパッケージにて「DATSUN 280ZX」または「NISSAN FAIRLADY」として販売されていたようですね。
なので間違いなくZなわけですw(しかも一応ライセンスものだったみたい?)

まぁZと言っても初代S30型ではなく、1978年から登場した二代目S130型ですね。

ちなみにebayなんかでは「280Z-T」という名前で出品されていることもありますが、おそらく「T」はTバールーフにつく記号で・・・このキャストだと厳密には違うのではないかと思われます。

サイドビュー。
たぶん僕はこの横顔をみてZだと判断したんでしょう・・・。

ロングノーズ・ショートデッキといったスタイリングがカッコいいです。
最近のホットウィールとかだったらもっとシャコタンだろうなぁ。

ドア部分のモールドでお気づきとは思いますが、トミカのようなドア開閉ギミックが付いていました。

こう思うとなかなかにクオリティ高いですよね。
これがいくらで売られていたのかにもよりますが・・・。

ヤトミンホイール。
なんかヤトミンの3インチは結構このホイールを履いている印象がありますね~。

一応6スポークを表現しているのかな~?

トップ&ボトムビュー。
メタル×メタル製です。

ヤトミンの場合、初期モデルほど「メタル×プラ」という仕様なんだとか。
そう思うとこれは中期以降のアイテムってことになるのかな。

何気にボディの造形もシャープで侮れない感じですよね・・・。
うわー、これは他のヤトミン3インチもかなり気になって来ちゃったかも、、、

底面はサビ?なのか何なのか、なんか有害そうな白い粉をふいたような状態になっていました。
ちょっと洗って磨き倒したいです。

上部に「yatming」と書いてあるため、ヤトミンのミニカーであることに間違いはないでしょう。

本来はシャフトの上側に「DATSUN 280Z-T」と書かれているようなのですが、僕がゲットしたものにはその記載がありませんでした。
ただしシャフト下側にはNo.1062という金型番号のようなものがあり、これがウェブで検索した時に出てきた他の280Zキャストと同じだったので、そのバリエーションモデルということになりそうです。

生産国は「MADE IN CHINA」となっていました。

おわりに

というわけで、ヤトミン3インチ「DATSUN 280Z」の紹介でした。

これね~・・・底面があまりにもボロボロだったし、レストア前提で買って来たんですけども。
なんかこうやって手に取って見てみると、思ったよりもボロボロじゃないし、このままでもいいんじゃないかな~・・・なんて想い初めております。

ま、やるとしても底面やすって、タイヤの欠けたシルバーを補填して・・・ボディにデカール貼るぐらいかなぁ!?

   

 -

   

スポンサーリンク

Comment

  1. 真弥 より:

    お久しぶりです。
    こちらもたまに見てます。
    駿河屋系列はミニカーがほぼ無いですよね。
    大阪日本橋にも駿河屋がありますが通販ではミニカーがたくさんあるのに実店舗ではワゴンに1台か2台程度でした。(泣)
    日本橋まで行った場合はビル1つおもちゃのスーパーキッズランドか中古だったら他のお店に行ってます。(笑)

    • kaketayo より:

      真弥さん

      コメントありがとうございます!
      こちらも観られてたとは!!!なんだかお恥ずかしいw

      >駿河屋系列はミニカーがほぼ無い

      あ~そういうもんなんですか!
      ここの系列店では以前にBREの510ブル(ホットウィール)が300円で売られていたとかいう夢のようなお話があり、かなり期待していたのですが・・・w

      >通販ではミニカーがたくさんあるのに実店舗ではワゴンに1台か2台程度

      ほほ~・・・。
      通販と実店舗で在庫を分けてるんでしょうね。
      んで通販の方が売れやすいとかがあるのかな??

      • 真弥 より:

        ミニカーこちらにも書かれてるので見てますよ。(笑)
        当たり前ですが通販だったら全国どこでも買えますが実店舗は全国に無いしあっても行けない人も居ます。
        でも駿河屋は通販は配達時間帯指定が出来なくなったから買わなくなりました。(泣)
        問い合わせをしたことがあるんですが配達日にちが指定出来ないのは仕方ないですが日にちではなく時間帯指定が出来るように戻してくれないか言ったのに配達日時指定は出来ませんと意味わかってませんでした。

        • kaketayo より:

          真弥さん

          あ、そうだったんですね~w
          バレバレや!!(隠すつもりもなかったけど)

          まぁ確かに通販の方が販売の機会は多いですねw
          全国どこでも買えるとなると、多少高値にしていても地方の人にとってはありがたいでしょうし・・・。

          >配達時間帯指定が出来なく

          ええー!そうなんですか。
          指定できない意味がわからん、、、配達員さんの負担が増えるだけだと思うんですが。。。

          まー、なんか事情があるのかな。