ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

DC初心者がSUICIDE SQUADを観た感想!

ついに映画ス―サイドスクワッドを観ました!

マーゴットロビー演じるハーレイクインのキャッチーなファッションばかりがフィーチャーされた感のある本作。
僕らは前情報なしに観たのですが、実はこれ、DCの「DCエクステンデッドユニバース」世界における作品の一つであり、この作品を突然観てしまうことはつまり、ガンダム映画でいうと「機動戦士ガンダム II 哀戦士」編からいきなり観始める・・・という暴挙に近かったのかなと思われます。

全作のバットマンvsスーパーマンやその前の作品にあたるマン・オブ・スティールを観ておくと、冒頭のシーンの会話とかもスッと入ってきたのかなと。

ただ、そういうのを抜きにしても「アメコミ(DC Comics)のスーパーヴィラン達がチームを組んで戦う話」として普通に面白かったです。
※DCエクステンデッドユニバースの一連の作品を知っていれば、またDCヴィランの生い立ちなどを知って入ればより楽しい、みたいな。

なので、DC作品の入門用にもオススメできる作品なのかなと思いました。

以下、簡単なあらすじ説明と、僕が観た感想をまとめました。

スポンサーリンク

テケトーなあらすじ

前作バットマンvsスーパーマンにて、絶対的なヒーローであるスーパーマンを失った世界において、メタ・ヒューマン(要は怪物)が現れた時にどう戦っていくのか??というところに
「今までにバットマンやらフラッシュやらが捕まえてくれた悪人たちをチームにして敵と戦わせたらすごくね?」
という発想で集められたスーパーヴィランたち。

「逃げたり反発的な態度を取ったら首に埋め込んだ爆弾を爆発させる」という脅しと「任務に成功したら減刑」という餌・・・つまり飴とムチを巧みに使われ、果たして悪人たちは決死部隊=スーサイド・スクワッドとしてメタ・ヒューマン(や、テロなど)と戦っていくのであった・・・。

観た感想

以下、僕が観て感じたことなどです。

マーゴットロビー押しは巧みでした。

作品を見終えてみると、映画公開前からどどーんと押し出されていたような「ハーレイクイン中心のお話」というわけではなく、むしろウィル・スミス演じるデッドショットの方が主役と言えそうな感じでした。

ただ、ベイビーフェイスだけどややむさくるしい狙撃手(しかもそこまで悪人でもない)を作品のマスコットに仕立てるよりは、超絶キュートなのに狂気に満ち溢れている女性を使った方が話題性にはなりやすいんだろうなーと。

やっぱり特に男性なら、あのバットを構えたハーレイクインの一枚絵だけで「うわちょっと観てみたい」ってなったと思うんですよね~。

結果、あのハーレイクインがやっぱり人気だったのか、同世界軸での続編として「Birds of Prey」も作られたわけですし。
※・・・と思ったら、Birds of Preyはス―サイドスクワッド公開前にマーゴットロビーの打診によって企画された作品だったそう。逆にいえばそれがあったからこそのス―サイドスクワッドでのハーレイクイン押しだったのかしら。

決死部隊(ス―サイドスクワッド)のその後の活躍も観たい

ふつう、悪人たちを寄せ集めたら(いくら逆らったら死ぬというような状況でも)チームワークなんてありえないんじゃないかと思うんですが・・・本作のクライマックスでは見事にそれぞれが協力しあって巨悪に勝つ!という感じになっていました。

しかもあのハーレイクインを以てして「仲間」という意識を芽生えさせたっていうのはすごいですよ!

そう思ったら、彼らのその後の活躍というのもまた観てみたくなるのも仕方ないことなのかなと。

しかも最後にはバットマン(ブルース・ウェイン)がス―サイドスクワッドに対して苦言を呈するシーンがあったわけで。
なんだったらスーサイドスクワッドvsバットマンっていう構図のものが観てみたいな~と。

※ていうか僕は観る前に、本作がそういうものなんだと思ってたっていう。

※追記:ス―サイドスクワッド2の撮影って始まってるらしいですね・・・これは「裏ジャスティスリーグ」みたいな感じで胸熱。

ジョーカーはいつの時代も主役を食っちゃう!

今作では立ち位置的に、ハーレイクインのバーターみたいな感じで扱われていたジャレッド・レトが演じるジョーカー。

・・・なんですが!
やっぱり作品を見終わったあとで強烈に印象に残っているのは、あの狂気に満ちた緑頭の笑顔だったりするんですよ。

ジョーカーってすごいですよね。
子供の頃に観たジャック・ニコルソンのジョーカーも、ダークナイトのヒースレジャー版ジョーカーも、今回のジャレッド・レトジョーカーも・・・みんな違ってみんないい。

※原作ファンからは不評だったらみたいだけどね・・・僕は好きだったなぁ~。

こうなると・・・ホアキン・フェニックスの「JOKER」も早く観たい。
レンタルしようか、Primeに落ちてくるのを待つか悩みどころです。。。

いやむしろ同世界軸でのバットマンvsジョーカー(&ハーレイクイン)も観たいなぁ!

いろいろ詰め込んでから観ると、なお楽しめそう

これ、やっぱりどっちかっていうとDCファン向けの作品だと思うんですよね。
一般人でも楽しめるけど、DCファンならより楽しめるっていう。

たとえばキャプテン・ブーメランの回想シーンで、DCのヒーロー「フラッシュ」が一瞬だけ登場するんですけど、これだってきっとザ・フラッシュを知っている人向けですもんね?

あとはジョーカーとハーレイクインが化学薬品の海に落ちていくシーンとかだってそう。
「わかってるよね?」って感じで描かれてるので、DC作品を知らずにいきなり観るとなんのこっちゃってなっちゃうけど、知ってる人ならニヤつける感じ。

ハーレイクインの衣装の中に、あの赤と黒のクラウンみたいなヤツがあったのとかもね!(見逃さなかったよ!)

スリップノットの扱いよ・・・

ス―サイドスクワッドのメンバーの一人としてカウントされていたスリップノット。
僕は彼がどんなヴィランなのかは存じませんでしたが・・・そんなことよりその扱いがひどすぎて。。。

まず最初にアマンダ・ウォラーが説明するリストの中にも入っておらず、途中でしれっと部隊に参戦。
※なんだったらカタナとかは説明こそなかったもののリストに名前だけは上がってたと思う。

で、参戦したらしたでブーメランに騙されて首の爆弾を爆破されて即退場っていう・・・w

なんて悲運なヴィランなんだ・・・と思っていたら!

ワーナー公式が「原作でもそうなんやで~」っていう説明をしてくれてました。

そうかぁ・・・コミックス版のス―サイドスクワッドでもブーメランに騙されて、命を落とすまでではないものの片腕を無くしていると・・・。

いずれにしろ可哀想なやっちゃで。。。

※ちなみにス―サイドスクワッド自体の初出は1950年代のコミックスなんだそう。
今回の映画はそれに脚色して現代版にアレンジしたもの・・・って感じなんですね。

おわりに

・・・と、そんな感じでした。
途中、銃の打ち合いのアクションシーンなど、やや冗長な部分はありましたが・・・なかなか面白かったです。

もう一回予備知識を備えたうえで、最初から見直したいかな~!

ス―サイドスクワッドを観るなら動画配信サービスがオススメ

映画は映画館で観るのが醍醐味ですが、映画館での配給が終わってしまった作品もDVDや動画配信サービス(VOD)で楽しむことが可能です!

特に動画配信サービスなら月額料金内で「見放題」という作品も多く、お得に楽しむことができるのでおすすめ!

以下に代表的な動画配信サービスおよび僕が使っているサービスを紹介いたしますので参考までに。

※ス―サイドスクワッドが実際に現在配信されているかどうかは各サービスに登録の上探してみてください。

U-NEXT

配信数の多さ、配信されるタイミングの早さという点で選ぶならU-NEXT。

気になる人気作品も割とすぐに配信されますので気になっている作品がある方は探してみてはいかがでしょうか。

月会費はやや高めですが、31日間の無料トライアル期間があるのでまずは試しに使ってみるだけでも価値ありかも。

Amazon Prime

個人的に一番オススメなのはアマゾンプライムビデオです。

最近CMもバンバンやっているのでご存知の方も多いことでしょう。

配信数やそのタイミングについてはマチマチといった感じですが、何より月額利用料が400円~と非常に安いところが魅力です。

こちらもお試し期間ありなのでまずは試してみるのがオススメ。

[参考]Amazon Primeってお得なの?

Hulu

上記2つの中間的なサービスとしてオススメなのがHulu。

動画配信数はU-NEXTに劣るものの、テレビなどのコンテンツが多く楽しめます。

価格も月額1,000円台と比較的安め。2週間のお試し期間あり。

   

 -

   

スポンサーリンク

Comment

  1. ロードランナーK.K. より:

    まだ見てないっす…
    お久しブリーフ
    その内、金○ロードショーとかの地上波で放送してくれるのを待ってるKKどぇす
    ハーレイクインの主要武器である木製バットの存在だけは知ってて、「グッドナイト」って書いてあるんですよねw
    洒落が利いててアメリカらしいわぁ
    また、木製バットってのもアメリカらしいわぁ
    ジャパンだったら金属バットかな
    KKも昔護身用にと車に金属バット積んでたことあったわぁ(暴走行為を生業としている人達に囲まれた辛い過去があったの)
    今作のジョーカーも良かったですか
    やっぱり古今東西の悪役No.1って言ったら、ジョーカーかなみたいなのはありますな
    ホアキンフェニックスのジョーカーも凄いとの評判につき、早く見てみたいです
    ジョーカーに共通して言えることは名優さんが演じてることですかね
    ジャパン俳優さんだったら、滝藤賢一さんか安田顕さんかなぁ
    どちらも40代の油が乗りきった名優さんですよね
    両者に共通して言えることは、振り幅が広いことと何を考えているか分からないこと!(失礼)
    見た目だけのインパクトだったら、遠藤憲一さんだと思うけどw

    • kaketayo より:

      ロードランナーK.K.さん

      ゲッツ!&ターン。
      コメントありがとうございます!

      続編が撮影されているとのことですので、1年以内ぐらいには金曜ロードショーあたりに出るんじゃないでしょうか。

      >バット

      僕はもう映画を観る前にあの出で立ちだけ見て「あれで人をブン殴るのかなぁ・・・痛そう、、、」と敬遠してたんですが、始まって見たらそんなこともなくて良かったですw

      >ジャパンだったら金属バット

      いやぁぁぁぁ怖い。

      >車に金属バット

      わかります。
      自分を傷つけてくる恐れがある人が存在している以上、自衛の手段というのは持っておきたいですよね。
      僕はそれで普通に拳銃とか欲しいなと思ったことがありますよ、、、

      本当に暴力っていうのはいろんな角度から見て最低の行為なんだと思います。

      >今作のジョーカー

      そ・れ・が!!!!
      どうやらアメコミファンにとっては「こんなジョーカー許せない」って感じだったみたいです。
      僕はそこまでのファンというわけじゃないので「こんなんもありか~」と許せたんだろうけど、、、

      ホアキン氏のジョーカーも観たいですよねえ。
      僕も映画の情報が出たころからずっと気になってて、、、(だったらとっとと観ろって話なんですけどw)

      >滝藤賢一さんか安田顕さん

      ヤスケンさん!?w
      ちなみに今回のジャレッド・レト氏は普段めちゃくちゃイケメンな好青年なんですよ・・・。
      そういうギャップがある人に演じさせても面白いのかもですね~。

      ちょっと高齢だけど高田の純ちゃんとかどうですか?ふざけすぎですか?w

      >遠藤憲一さん

      あ~・・・もう想像できちゃうw
      むしろ日本の舞台とかですでにやっててもおかしくない感じですね~。

      ちなみに日本版ジョーカーとしては竹中直人さんが押されてるみたいですよ~!

  2. FTE より:

    このひとよく知りませんけど、ホットウィールにもなってますよね。

    https://hotwheels.fandom.com/wiki/Harley_Quinn

    むかし、ブーストギアにこのスペシャルボックス仕様のが売ってたんですよ。中身見えなかったけど5000円くらいしてた。外箱にはsuicideって書いてあって「子供のおもちゃなのに自殺とはなんぞ?」と思った記憶。

    Wiki見るとあれはコミコン専売品だったのね!買っとけばよかった!……のかな?

    • kaketayo より:

      FTEさん

      コメントありがとうございます!

      僕も良く知りませんでしたけど、可愛かったですよ~。

      ブーストギアさんのヤツはコミコンのなんでしょうね。
      5,000円だと妥当(むしろ安い)ってところかな??当時USで$40ぐらいで取り引きされてた覚えがあります。

      ちなみに作中だとsuicideは自殺っていうよりも「決死」って感じで使われてました。
      任務を遂行するのか死ぬのか選べ、みたいな。