ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

BSKBB22をiPad Air 2(iOS9)で使う時のTips

 - スマホ・タブレット・ガジェット , ,

      2016/07/28

bskbb22

前にも書きましたが、
ブログを書くとき、たまに「iPad Air 2+外部ハードキーボード」という環境を使います。

そこで使っているのがiBUFFALOのBSKBB22というBluetoothキーボードです。

Windows用のキーボードなんですが、普通にiOSでも使えるので使ってる感じ。
Windowsキーが、なんか悔しいけれど。

Bluetoothのコンパクトキーボードで、実売価格2,000円を切っている超コスパ商品なので、普通にオススメです。

ただ、iOSで使う際にはいくつか気をつけたいところがあるのでまとめました。

スポンサーリンク

日本語入力と英語入力の切り替え

jpuschange

まずは、Windowsユーザーなら頻繁に使う日本語と英語の切り替えです。

通常は「全角/半角」というキーを押して切り替えてますよね。
Macユーザーなら「かな」と「英数」の2キーのやつ。

このキーボード+iOSの場合は、「Ctrl + スペース」になります。

慣れるまで大変ですが、慣れちゃえば何てことないですね。
ざくざくっと切り替えられます。

これで切り替えが出来ず、「日本語ローマ字」しか画面に表示されない場合は、
設定アプリから[一般]→[キーボード]→[キーボード]→[新しいキーボードを追加…]と進んでいき、
英語キーボードを追加してみてください。

keyboard

USキーボード

iOSで使う時に、本キーボードは「USキーボード」として認識されるので、いくつかのキーが表示と異なります。

代表的な、よく使うキーで言うと、

  • @ → Shift+2(本来「”」を打つ感じで)
  • () → Shift+9, Shift+0
  • + → Shift+^
  • *(アスタリスク) → Shift+8
  • = → ^
  • _(アンダーバー) → Shift+-
  • “(ダブルクォーテーション) → Shift+*
  • ‘(シングルクォーテーション) → *
  • & → Shift+7
  • | → Shift+]
  • (またはバックスラッシュ) → ]

こんな感じです。
むかついたので対応表を作りました。

usketboard

上が元のキーボードで、黄色く網が買ってる部分がキー表示と違う入力になるキーです。
下のキーボードに正しいラベルをふりなおしました。・・・結局見づらいですね;

このUSキーボードが全然慣れなくて使いづらい。。。
@だけようやく覚えたけど。

ショートカットキー

ホーム画面でWindowsキー+Spaceで
iOSの検索画面にショートカットします。

何か他にもショートカットキーありそうなんだけど、
とりあえずはこれしかわからないです。

おわりに

日本語入力だととってもスムーズ、シームレスなんですけど、
英語入力がやっぱりUSキーボードのせいできっついです。

でも、それも、iOS上でタグ打ちするとかじゃなければ何の問題もないかな。

ちなみに僕はiPadを外に持ち出して何か書き物しようと思った時には
こいつも一緒に持ち出して活用しています。

ハードキーボードはガンガン文字を打つのに適してますからね。

そんな環境がこのお値段で手に入るんですから、
消費者にとっては素晴らしい時代になりました。

[関連]iPad Air2をガンガン持ち歩けるESRのハードカバーケース兼スタンド

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Comment

  1. める より:

    説明書にかいてあった英日切り替え方がiOS9で働かず困ってサーチしてこちらのサイトで助けられました。
    ありがとうございました‼️これからもこんな情報ぜひのせてくださいね。

    • kaketayo より:

      めるさん

      コメントありがとうございます!
      お役に立てたようで、何よりの励みになります。

      また何かの折に利用して貰えたら幸いです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です