ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

今さらだけどiPadがMacbookになるキーボードを買ったら次のステージへ行けたというお話

 - iOS端末のレビュー

      2019/05/16

iPad、使ってますか?

僕がiPad Air 2を使いだしたのが2014年のことなので、我が家にiPadが来てから早5年が経とうとしています。
当時「ipadを傷つけまい!」と購入した保護ケースもかなりガタがきていて・・・

こんな感じに。。。
もうiPadが傷つかないよりも、こんなケースを使ってる方が恥ずかしいよ!っていうね。

さて、僕はまだまだiPad Air 2を使い続けたいと思っていて、新しいハードシェルケースを購入するか否かと悩んでいた折にふと思い出しました。

iPadがMacbookになるキーボードのことを・・・!!

Bluetoothキーボード×タブレットの可能性

それは2013年末のこと・・・とある外資企業に出向する機会を頂きまして、そこで目にした小さすぎるMacbook・・・iPadとBluetoothキーボードが一体になったものに心を惹かれたのが全ての始まりでした。
当時iPadなんて買う余裕のなかった僕はASUS MeMoPad(通称ミーモたん)とミーモたんによく合うサイズのBluetoothキーボードを購入し、似たような環境を作っては「違う・・・!」と苦悩したものです。

その後、iPad Air 2を購入する機会を得たのですが、当時はこの一体化するキーボードというのが高額で買えず・・・2000円ぐらいのBTキーボードで我慢していました。

・・・でも結局使いづらくて、ほとんど使わなかったんですよねえ。

で、そういう経緯があると、もうずーーーーーっと欲しいわけですよ。
そういうわけで、今回意を決して購入することにしたのです。

スポンサーリンク

iPadがMacbookになるキーボードの開封レビュー

僕が購入したのはこちら。
中華製の・・・メーカーはよくわからないんですが、F19/F19Bって書いてあるヤツです。

これと同じかな?

iPad Air、Air 2、Pro 9.7および2018年の新型iPadに対応しているっていうやつです。
もしAir 2が使い物にならなくなっても、9.7インチiPad(薄型)だったら対応しているわけで、使いまわせるという優れもの。

送料込みで4,000円ぐらいでした。

箱の中身はこんな感じ。
キーボード付きのケース本体と簡易マニュアル、それとキーボード用の充電ケーブルですね。

色もiPadのカラーに合わせて4色用意されており、ギリギリまでローズにしようか悩みましたが、ゴールドを選択しました。

といっても・・・微妙にiPad本体のゴールドとは違うんですけどね~・・・。
むしろややローズっぽいゴールドなので、僕にとっては一番ちょうどいいカラーだったかもしれません。

ケースの素材はプラ。
このままだとMacbookみたいな高級感を得ることはないですね。

ケースを開くとこんな感じ。
手前にパンタグラフ式のキーボードが来て、奥側にiPadをはめ込むシェルケースがあり、これがヒンジで一体化しているという商品です。

・・・よく考えたよね。

こうやってiPadをはめ込んだら、なんだかMacbook風に見えるよ!っていう商品なのでした。

実際にこれを持って実家へ行ったところ、弟が「なんじゃこりゃああ!」ってなってたので、まだまだインパクトはあるみたいです。

実際の使用感

さてさて早速何かやってみようと、メモを開いて文字を打ち込んでみたのですが・・・ヒョオオオオオォォォッォ!!めちゃくちゃ打ちやすい!!

iPadとキーボードを別個に使ってた頃に比べて段違いにラップトップですよこれ。

BSKBB22をiPad Air 2(iOS9)で使う時のTips

ブルートゥース接続はつかっていなければ自動で切断され、使い始めにちょっとキーをタッチすれば使えるようになるなどペアリング感度も良好。

iPadって、Bluetoothキーボードを接続すると画面の半分を占拠するタッチキーパッドが消えてくれるんですよ。
そこもまたいいですよねえ~。

これで何度となくブログのコメント返信などを行っています。
いいゾ~これ。

ちなみにキーボードカバー自体には切り欠きがあり、音量ボタンやらライトニングケーブルやらはカバーから取り外さずに使えるという点もいいですね。

なによりも最高なのは、これだけを持ち運んでいればどこでもサクサク文字打ちができるということです。
ラップトップよりも気軽にサッと開いてサッと打ち込んで、さっと畳んで帰れる・・・みたいな。

いままでは小型のキーボードも別途持ち歩いていたりして、すごく不便だったんですよ・・・。いいゾ~

不満点があるとすれば・・・

これ、ほとんど不満がないというか、最近買ったガジェットの中でも1、2を争うぐらい満足したアイテムなんですけど・・・あえて言うなら

これかなぁw

背面に穴が開いててアップルマークが見れるようになってる、ってやつ。
昔はこれすらも「おお~可愛い!!」とか思ってたけど、今思えばものすごくダサいですよね・・・w

そこまでしてアップルを強調したかったん!?って感じで。

でもまぁメーカー側としても勝手に林檎マーク貼るわけにはいかないし・・・これが苦肉の策だったんだろうなぁ。

【どこに貼るのが正解?】iPhoneについてくるリンゴシールの使い道について。

あとは不満ってほどじゃないんですけど、ヒンジの角度が狭いとか、ショートカットがMacベース(たとえばコピーがctrlじゃなくてcmd+Cとか)といった部分も気になるっちゃ気になるかな。

あっ。
今までは寝っ転がりながらiPadを使うことが多かったんですが、そういう時にキーボード部分が邪魔になる・・・っていうのも不満点に挙げられるかもしれません。
※でもこんなのってキーボードついてる時点で仕方ないと思いますが。。。

おわりに

というわけで、今更だけどiPadがMacbookになるキーボードを買ったで~ってお話でした。

もうほんと、なんで2014年の段階で買わなかったのかと・・・当時の自分を責めたいぐらいの後悔がありますよ。
どうせずっと・・・5年も気になってたんだから、とっとと最初の段階で買っておけば5年分のアドバンテージがあったのに・・・。

あれですね、今日の教訓は「欲しいと思ってるものは我慢したところでどうせ買っちゃうんだから、似たようなもので紛らわせようとせずに最初から欲しいものを買うべき!」ってところです。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です