ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

素人がDIYでソファのリペアを行ったお話。3,000円で底抜け感が解消されたよ!

 - 家のこと

   

我が家に今から4年前ぐらいにやってきたソファ。
息子が寝転がったり、妻が寝転がったり、時には僕がガチ寝をしてしまったりする家族の愛用品です。

あ、もちろんみんなが座る、ということもあります。

息子が小さい頃に買って、大きくなるにしたがってこの上で飛び跳ねたりを繰り返し・・・気づいた時にはものすごい「底抜け感」を覚えるソファとなっていました。

もともと(どこで買ったのかは忘れてしまいましたが)1万円ちょっとぐらいのアイテムだったので「壊れたら買い替える」というつもりだったのですが・・・僕はなんとなく愛着がありまして「直してもうちょっと使いたい」と思ってしまったのです。

そこで、タッカーとウェービングベルトなるものを取り寄せ、DIYでの修理にチャレンジしてみました。

スポンサーリンク

素人がDIYでソファを修理

僕は生粋の日本人なのですが、なんとなくソウルはアメリカ親父みたいなところがあるんですよ。
いや・・・正確にはそこに憧れているというか。

なので家も物も、自分で直せるものは直したい。
そして長く使い続けたいわけです。

どうやらソファの”ヘタリ”の修理はそこまで難しいものではなく、中のウレタンスポンジおよびウェービングベルトを交換・補強するぐらいでどうにかなりそうだということも調べました。

ただ・・・家族っていうのは一人じゃないんですよね。
僕がそう思っていても家族がイエスと言わなければ取り掛かることができません。

妻に相談してみると「(工具含めて)修理費用が5,000円をオーバーするなら同じようなソファを新調しようぜ」とのこと。
むぐぐ・・・やってやろうじゃん!

というわけで、まずはソファを裏返しました。
ソファのマット部分に木枠が六角レンチのネジで留めてあって、その間に黒い不織布があるという構造です。

※黒い不織布は一部が破れていたので白いマスキングテープで簡易的に留めています。

幸い六角レンチは我が家にあったので木枠はなんなく外せました。
(ここまでにかかった費用は0円。むしろソファの隙間から10円が出てきたので+10円)

次に不織布およびソファの表面になる布を外していきます。
ここがタッカーっていう強力なホチキスみたいなヤツで留められており、これを一つずつ剥がしていく必要があるわけです。

・・・これが骨の折れる作業でした。。。

タッカー用の専用外し道具もあるのですが、僕はマイナスドライバーとトンカチを使ってコツコツと外していきました。

全てを外し終えたら、布をめくって・・・

御開帳ー!
うわなんかキッタネエ。。。

これ・・・変色してるのは光で色が褪せたとかじゃないですもんね。何だろう?汗・・・?

そういえばなんだかちょっとベトベトしてる気もする。。。
それもそのはず、4年超分の僕らの汗を吸っているソファなわけですもの・・・。

この時点で「やっぱり新しいの買いたい」という想いも芽生えましたが、せっかくここまでやったので続行することに。

写真の左上らへんを観るとわかりますが、ウレタンスポンジ(マット)とウェービングベルトの間に挟まっていた薄いスポンジ(何の効果があるんだろう?)が破れています。

おそらくは息子がピョンピョン飛び跳ねたことでマットが沈み、格子状のウェービングベルトの隙間にスポンジが出たり入ったりすることで破れたのでしょう。

そのスポンジをどかすと・・・こんな感じのゴム状の布が姿を現します。
これが噂のウェービングベルト(エラスベルト)なるもの。

ベルトも一部が切れていて、強度を保てなくなっていたのではないかと思われます。

・・・それにしても隙間ありすぎじゃね・・・?
ソファにウェービングベルトを張る時ってこんなにスカスカの格子でいいもんなんですかねえ・・・?

ベルトの張替えのみを決行

さて、ここまで現状を確認した結果、本当は「新しいのを買う」にしたかったのですが、これまでの時間を無駄にしたくなかった想いと「いまソファを買う余裕があるのか!?」というお財布事情と相談し・・・ベルトのみを張り替えることにしました。

というのも・・・ウレタンスポンジ部分はまだそこまでヘタってなかったんですよ。
5cmぐらいあったし。

だってまさか4年ぐらいでダメになるようなことってないですよねえ・・・?
毎日そこに20時間ぐらい座ってるとかならまだしも・・・。あるのかな・・・?

ウレタンスポンジを買い替えるとなると、それだけで数千円から1万円ぐらいの価格になってしまい、、、今回のミッションである「5,000円以内」が達成できないというのも後押ししました。

そこで僕が購入したのは

ウェービングベルト・・・5mで送料含めて1,500円ぐらい。

・・・と、

ベルトおよびシートを張るのに使うメタルタッカー(こっちも1,500円ぐらい)の2点です。

ウェービングベルトはあまり取り扱っているところがなく、北海道の会社さんから取り寄せました。(Amazonで買ったんだったかな?)
レターパックで送ってもらって、注文の翌々日ぐらいには届いています。

タッカーはダイソーで300円だか500円だかで買えるのを前もって見ていたんですが・・・やっぱり工具はそこそこしっかりしたのを持っておくと後々でも使えるかなと思い、これ(SUN UPメタルタッカー強力型)を導入させて頂きました。
※とかなんとかいいつつ未だに100均のニッパーとかペンチを余裕で使ってますけども!

なので、しめて3,000円っていうところですね。
あとは僕の作業賃・・・自分の家のことなので無料ってことでやらせてもらってます。

ベルトを張って、シートを戻して完成

僕のバカバカ!って感じなんですが・・・ベルトを張る工程やシートを戻す工程は写真を撮るのをすっかり忘れてました。

直してすぐに閉じて、タッカーでバンバンバンって打っちゃったので・・・もう次に分解するタイミングでしか中を見ることはできません・・・。

なので出来るだけ簡単に文章で説明すると・・・さっきの格子状になっていたベルトの隙間部分、あそこに新しいウェービングベルトを互い違いになるように通し、両端をタッカーで留めました。
片側あたり5~6本ぐらいの針(芯)を使って留めています。

それでちょこっとだけベルトが余ったので、元々の破れているところに補強するような形で、上から新しくベルトを張りました。
本来なら破れているベルトを外して張り直す方がいいんだと思いますけど・・・ちょっと手間だったのと、完全に破れているわけではないのでいっか!と思ってそうしています。

ベルトを張り終えたらシートをもとに戻して、タッカーで留めて、最後に木枠を元通りに組み立てれば完成です。

さて、新しくなったソファの座り心地はというと・・・見事に底抜け感が解消されました!!
よかった、やっぱりスポンジは大丈夫だったんや!!!

3,000円+作業時間(3時間ぐらい)で無事修理することができたというわけです。

おわりに

というわけで、安価なソファをさらに安価に修理したお話でした。
まぁー・・・やっておいてなんですけど、もう二度とやりたくないですね(キリッ)。

だいたい3時間の作業時間て、時給2,000円の仕事をすれば6,000円分じゃないですか。
そこに3,000円の材料工具費っておもうと・・・もう2~3,000円プラスしてあたらしいのが買えるっていうね。

妻「でも、どうしてもやりたかったんでしょ?」

お、おう・・・。
ま、結局のところ自分の「ソファを自分で直してみたい欲」を叶えるためにやった、って感じですな。
無事に直って良かったです。

スポンサーリンク

  こちらの記事もおすすめ

Comment

  1. ロードランナーK.K. より:

    修復お疲れ様でした
    ビバ!アメリカ親父
    かけたよさんの労力はプライスレスよ👍
    新しいものを買うのは簡単ですけど、捨てる時に廃棄代もかかるんだから
    古いものとか、致命的な故障じゃなければちょっとの手間でまた長く使えるなんて最高ですよ
    セコいのとは違うと思う
    世の中エコとか言って新しい製品を買わせようとしてるけど、どこがエコなんだろ
    車だって壊れてオシャカになるまで大事に乗るのがエコかと(ラプター欲しいけど)
    自分もホー○ックとかで部品を調達して色々直したり交換とかよくしてます
    家族からしたらこれまで通り使えればいい訳で、かけたよさんの考えは正しいです
    でも…かけたよさん家のソファーの中も結構きてましたねww
    汚れは湿気でしょう…それにつられて「G」の住みかになってたりして…ケケケ
    「G」マンション…「G」集会所…「G」協同組合とか… ケケケ
    マットとベルトの間のスポンジはメーカーのオマケでしょうなw(摩擦を防ぐ緩和材かと)
    自分も本日嫁さんからのオーダーでシャワーヘッド一式交換しました
    面倒くさいけど不思議な達成感があるんだな
    参考になるので、これからもDIY記事アップして下さいね👋

    • kaketayo より:

      ロードランナーK.K.さん

      ビバよ~。コメントありがとうございます。
      曽根ちゃんと大盛り食べたい・・・。

      あっ、たしかに捨てる時は廃棄代もかかりますもんね!
      セコいと言われなくてよかったw

      自動車の排気量とかが減るのは確かにエコなのかなーとも思いますが、結局その製造にかかる諸々で全然エコじゃないとか言われてますよね。。

      >家族からしたらこれまで通り使えればいい

      ですよね!むしろこれまでよりは座り心地が向上しているわけで、許して欲しいところw

      >ソファーの中

      いやー・・・きてますよね??
      これ、湿気ですか。。。やっぱり汗とか諸々ですかね。。。

      さすがに「G」の住みかにはなってない(と信じたい)!!!
      ここからは出てきてないですし、、、我が家で見かけたヤツらはみんな大きいやつだったので・・・外から来たヤツかと。。。

      >シャワーヘッド一式交換

      おお・・・K.K.さんもアメリカ親父やってますなww
      そうなんですよ・・・なんか出来はそこそこでも達成感がプライスレス。
      ・・・ってつまりは自己満ってことなんですけどね~^^;

      DIY記事、何かやったらアップしまーす!