ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

4歳児とはじめてのパン作り。~素人が作るバーガーバンズ編~

 - こどもと遊ぶ

      2019/03/25

息子にとって初めての幼稚園である「年少さん」も終わり、春休みに突入しました。

こういう長期休みになると、子供って家にいても退屈しちゃうんですよね。
誰かがつきっきりで遊んでくれたらいいんだけど、そういうわけにもいかず・・・。

で、そんな息子を見かねて「よーし、明日一緒にパン作ろうぜ!?」と(唐突に)約束してしまった手前・・・やらないわけにいかなくなってしまいました。

というわけで、4歳の息子と一緒にバーガーバンズを作ったよ!というお話です。

スポンサーリンク

材料を揃えよう!

パンを作ろうと言っても我が家には材料がありません。
そこで一緒に息子と買い出しに行くことに。

必要な材料は以下のとおり。

強力粉・・・300g

ドライイースト・・・4g

バター・・・20g

上白糖・・・大匙3 1/2

塩・・・小さじ2/3

牛乳・・・40ml

ぬるま湯・・・150ml

サラダ油・・・適量

※レシピは「ハッピーサンドイッチ」に掲載されていたバーガーバンズを参考にさせて頂いてます。

とりあえず上白糖と塩、牛乳は家にあったのでOK。
ぬるま湯はお湯を沸かしてお水と割って、だいたい40~50℃ぐらいにしたものを使いました。
※あとで気づいたけど、40℃ならキッチンの洗い場から出るお湯で良かったのかも。

サラダ油はどんなのか指定がなかったけど・・・グレープシードオイルがあったのでそれを使うことに。

なので買ってきたのは強力粉とドライイースト、バターの3点です。
※強力粉は「強力小麦粉」のことで、パンやピザを作るのに適したタンパク質多めの小麦粉のこと。

全部近所のスーパーで揃いました。

レッツ、パン作り

材料が揃ったので、息子と一緒に計量から楽しんでいきます。

あ、材料以外に必要なものは「はかり」「ボウル」「板」「大さじ・小さじ」「スケッパー」「ラップ」「オーブンレンジ」です。

板はまな板で、スケッパーは包丁で代用しました。
問題はオーブンレンジですよねえ・・・これがないと発酵が難しいと思うので一番大切なアイテムだったりして。。

さてさて・・・・息子にはまず「小麦粉を300g量ってね。」と告げ、任せることに。
子供って、任された仕事はしっかりこなそうと頑張るんですよねえ。

大幅に粉をこぼしましたが無事計量することができましたw

計量が終わったら、まぜる!こねる!

全ての計量が終わったら、強力粉、ドライイースト、上白糖、塩、バターをボールでグルグル混ぜ合わせます。
本当はヘラか何かを使ってザクザク混ぜていきたいところなんですが、我が家にはそれがなかったのでスプーンで代用しました。

ある程度混ざったら粉の真ん中に窪みを作り、そこに牛乳とぬるま湯を足しながらまた混ぜていきます。

粉と水分がまとまったところで台に出してコネコネしていきましょう。
息子にしてみたらこの作業がとても楽しかったようで、ノリノリでこねてましたw

だいたい15~20分ぐらいこねたところで捏ね作業は終了です。

発酵させてくよ!

こね終えたタネを丸めたのがこちら。
サラダ油を薄くひいたボウルに移し、ラップをかけて一次発酵に入ります。

一次発酵は本のレシピによると「35℃で40~45分」とのことでしたが・・・我が家のオーブンレンジでは低温の設定が40℃しかなく、仕方なく40℃で45分発酵させてみることに。

・・・実はパン作りって今までに何度かやったことがあるんですけど、、、この発酵がめちゃくちゃ難しいんですよね。
熱すぎてもダメだし、寒すぎてもダメ・・・みたいな。

僕はこれまでのパン作りではこの一次発酵がうまくいかず、毎回「スコーン」みたいなパンが出来上がっていたのです。
※だったらイーストいらねえ!っていう。

それが今回は見事に膨らみましたよ~!!

そうそう、レンジに対応してそうなボウルがなかったので、すこし深めのお皿を使いました。
ここはしっかりレシピ通り、ボウルでやった方が良さそうですね。

少し指で押さえて「ガス抜き」をし、6~8等分に切り分けます。

とりあえず息子にはIKEAで買ってきた樹脂製のナイフでだいたい切り分けてもらいました。
その後、大人がスケッパー(我が家では包丁)でザクザク切ったらいいと思います。

・・・昼過ぎぐらいに始めた作業だったんですが、この頃にはもう陽が傾いてきてますね~。

切ったものを丸めて10分寝かします。(ダウンタイム)

その後、円盤状に潰して、二次発酵に進みます。
僕らは日和ってこれぐらいにしか潰せませんでしたが、本の作例だともっと平たくしていました。

二次発酵も35℃×40~45分とのこと。
我が家では例によって40℃(ry

で、こんな感じに膨らみます。

おおお・・・これだよこれ・・・!
パンと言ったらこんな感じのふっくら感があるものですよね。

今まで僕が失敗してきたパンはこの時点でもこんなに膨らんでなかったもの。。。

焼いて完成!!

これをまた丸く成型したり、中にチーズやらチョコやらを仕込んだりして、オーブンの天板に並べます。
あ、この時クッキングシートを敷いておくといいですね。

オーブンは170℃で加熱しておき、20~24分焼けば・・・

ででで、できましたー!!!
オヤジと息子が二人で作ったパンです!!

これで息子も友達から「パンつくったことある?」って聞かれた時には「あるよ!」って答えることができ、「えー!パンツ食ったことあるのかよー!!」とか言われるようになりますね!!!

反省点はあれど、プライスレス

さてさて、実際に焼いてみたパンはどうだったかというと・・・ちょっともっちりしていて「思てたんと違う」って感じはありました。
僕はもっとふわふわのバターロールみたいなパンが食べたかったんだな!

でも「バーガーバンズ」と言われたら、確かにミートパティに負けない食感のパンというのは必要だろうし・・・こんな感じなのかも?

とにかく息子にしてみたら物凄い楽しかったようで「パンを作るのってこんなに時間がかかるんだぁ・・・」「僕が作ったパンは僕が食べる!!」とか言ってたのは微笑ましかったですw
こういう経験ってプライスレスですよね!

・・・また作りたいそうで、今日もやるみたいですが。。。

おわりに

というわけで、4歳の息子とつくったバーガーバンズでした。

なんかレシピ通りにやればちゃんと作れるもんなんだなぁということがわかって良かったです。
パン作り・・・怖くないぞ!

次はふわふわを目指してちょっとレシピを考えたり、発酵の精度を高めたりしていきたいところ!

ちなみに4歳児はすぐに鼻をほじっちゃったり、チンチン触っちゃったりするので・・・都度手を洗わせなければならないのが面倒だったということも追記しておきます。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ