ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

TGIフライデーズでベイビーバックリブ(フルラック)を食べてきたよ!…アラフォー夫婦と4歳児

 - アメリカンなグルメのレビュー ,

      2019/01/26

みんなー!!ベイビーバックリブ、たーべてーるかーーーい!?

・・・。

・・・しーん。

先日、久しぶりに上野に行く用事があり、「これはチャンス」と大好きなフライデーズへ行ってきました。

息子が小さかったうちはよく平日のランチに伺っていたのですが、幼稚園に行き初めてからは必然的に土日のおでかけとなります。
そのおかげで平日ランチの恩恵に預かることができず・・・土日ランチ=通常メニューでのフライデーズを本当に久々に体験してきたのです。

上野動物園に行ったら、ちょっと遅めのランチにTGIフライデーズがオススメ

平日ランチだったら絶対的にフライデーズバーガーとかサラダランチとかがオススメなんですが・・・通常メニューとなったら話は別。

僕らも「せっかくだし!」と、ランチメニューとしては用意されていないような料理を楽しんできました。

というわけで、「フライデーズでベイビーバックリブを食べてきたよ!」というお話です。

スポンサーリンク

フライデーズのベイビーバックリブを食べてきたお話

アメリカンな食事が出来るお店は数多くあれど・・・気軽に本格なアメリカっぽさを楽しめるテーマレストランといったらフライデーズに勝る場所はないと思っています。
僕ら夫婦は結婚する前から、舞浜や上野に出かけることがあるとよくフライデーズを選択していました。

なんだったらグアムに行ってまでわざわざフライデーズに行ったぐらいですからね。

ジャックダニエルズリブは激ウマだけど・・・グアムのディナーにTGIフライデーズ

そしてこういうアメリカンテーマレストランと言えば・・・ベイビーバックリブをオーダーしたいわけです。

ベイビーバックリブはブタの背中らへんのお肉なんですが、日本ではあまりこの形では使われないためか馴染みがありません。
スペアリブだったら有名なんですけどね~。

なので、アメリカンなお店に行った時ぐらいしか楽しめないんです。
※あとはコストコで売ってたかな・・・。

ベイビーバックリブのフルラックはこれだ!

というわけでオーダーしたベイビーバックリブのフルラックがこちら。
アメリカでは家庭のBBQでドライラブをすり込んだバックリブを低温でじっくりと焼き、自家製BBQソースを塗ってみんなでワイワイ食べるんだそうです。

僕もその昔、自家製ドライラブを作ってスペアリブで試したことがあるんですが・・・バックリブの方が一つ一つの骨も小さくて食べやすいですね~。

付け合わせはコールスローとフレンチフライ。
なぜかケチャップではなくBBQソースが別皿で付属していました。

こんな仰々しい見た目ながらもお肉はホロッホロなので、ナイフを使わなくても食べられちゃうんですよ・・・!

BBQソースが辛すぎる人は少し刮ぎ落としてもいいかもしれません。

全部綺麗に食べ終わったらこんな感じ。
名も知らぬブタさん、ありがとう・・・。

ぶっ・・・ちゃけ、大人二人でフルラック一本あったらだいぶ満腹になります。。。
今回は4歳の息子も骨の1.5本分ぐらいは頑張ってくれましたが、僕はちょっと食べ過ぎてしまいました。

・・・でもなぁ、これがハーフだともの足りないんですよ。
3/4ラックとかあればいいのになぁw

サイズ感を測るための写真を忘れていたので食後の皿での比較になりますが・・・息子の手のサイズやナイフのサイズからフルラックがどんなもんか想像してみてください。

僕ら夫婦は以前ラスベガスで「半分近く残す」という大失態をしているので、最近はサイドメニューを控えめにするなどでバランスを取るようにしていますw

ちなみに!
類似商品として「シグネチャーグレイズドリブ」というものもありました。

どうやら上に乗っているソースが違うようなので・・・こちらもいつか試してみたいところ。

サイドメニューには気を付けようぜ!

おそらくUSでは、これを一人一つオーダーする・・・ぐらいのボリューム感なんでしょう。(マジか!?)

というのも、以前にグアムのハードロックカフェでバックリブのフルラックを3人でシェアすると言ったところ・・・店員さんが落胆していたからw

ただ、ここは日本だぜ!?
やっぱりあれもこれも楽しみたいじゃない・・・。

というわけで、きっとバックリブをシェアしつつ、他の料理もあれこれ頼みたくなると思うんです。

・・・が!!
そこはもう胃袋と要相談。

せっかくあれこれ頼んでも、ほとんど残すことになったんじゃ寂しいですからね・・・。
(残ったヤツをテイクアウトしてもいいんだろうけど・・・基本的に観光地にあるフライデーズから自宅まで持って帰るのはさすがにキツイかと・・・)

そこでオススメなのは、ベイビーバック(フル)+サラダ、とか+アペタイザーといったような「もう一品注文」ぐらいで留めておくことです。

今回我が家ではテーブルサイドワカモレをオーダーしました。
コーントルティーヤ(ハード)に、ワカモレディップ(アボカドベースにサルサやシラントロなどをあえたもの)をつけて頂きます。

・・・お酒が飲みたくなるうう・・・!!

ちなみにワカモレは目の前でアボカドから作ってくれるパフォーマンスがあるので、そういうのを楽しめるのも面白いですね。
苦手な材料なんかは言えばしっかり抜いてくれるところもアメリカ式。

我が家ではこれを息子も食べるので、ハラペーニョだけ別添えにしてもらいました。

おわりに

というわけで、せっかく平日ランチじゃない時にフライデーズに行ったのなら・・・ベイビーバックリブもいいよ!!というお話でした。

ドリンク料金も普通の金額で請求されるので、どうしてもランチに比べると割高になりますけどね。
それでも我が家の場合、普段のフライデーズランチだと家族で3,000円ぐらいのところが今回は6,000円しないぐらいだったので・・・倍までは行かないかな??と言ったところでしたが。

・・・あとは平日ランチの方がお店も忙しくないのか、接客の質が高いっていう利点もありますw

最後に・・・全然関係ないですが、ストローが紙製のものになってました。
エコでいいんだろうけど・・・やっぱり吸いづらかったなぁ、、、

息子なんてすぐに噛んでダメにしちゃってたし。。

スポンサーリンク

  こちらの記事もおすすめ