ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

いまさらですが、DQW(ドラクエウォーク) はじめました!

 - ソシャゲのレビュー

   

いつリリースされたのか?すら知らないうちに、世間で流行りまくってました。ドラクエウォーク(DQW)。

こうやって世の中のことに疎くなって、老いていくんだろうなぁ。

・・・というわけで!やっとこさ重い腰をあげて始めました。
なんかこういうのを否定しそうな大人のおじさんたちもこぞってやってたし、さぞや面白いんでしょう・・・と。

結論からいうと・・・今のところ面白いです!
でもって、「外に出たい」「歩きたい」という衝動に駆られますので、引きこもりブロガーには最適のツールだったのかもしれません。

今までやってなかったのがもったいなかったなぁ!!

「ドラクエは好きだけどまだやってないよ!」っていう、運動不足気味のオジサンがいましたら、ちょっとスタートさせてみてはどうでしょうか??と思います。

スポンサーリンク

ドラクエウォークってこんなゲーム

僕が今さら紹介するまでもないですが、ドラクエウォークがどんなゲームなのかを書いておきますね。

ドラクエウォークは端的に言うと、「ドラゴンクエスト」を舞台としたソーシャルゲームアプリです。
他のソシャゲ同様、基本無料でプレイすることができます。
(ゲーム内で一部課金あり)

ゲームのシステムとしてはポケモンGOのような感じで、現実世界のマップと自分の現在位置を使って「目的地への到着」や「まもの(モンスター)討伐」をし、クエスト(課題)をクリアしていくというもの。

その中でいろいろなミッションをクリアしていくことでジェムという宝石が貯まり、それでふくびき(いわゆる「ガチャ」)をひいて、装備品を整えていくわけです。
※そのガチャをするのに必要なジェムを有料で購入することも可能。

基本的な世界観は「ドラクエ」なので、子供の頃にドラクエをやっていた記憶がある人ならすんなりスタートできるのではないかと思われます。

外に出たくなる衝動を抑えられない仕様

ドラクエウォークの面白いところは、ストーリーを進めるための目的地を「自分で設定する」というところでしょう。
自宅にずっといて出来るゲームではなく、必ず外に出て歩いて目的地にたどり着かなければストーリーが進まないのです。

※厳密には自宅のまわりにもちょいちょいモンスターが現れるので、ちょいちょいレベルを上げるなどはできますが・・・外に出たくなっちゃうんだな、これが・・・。(初期のみの衝動かもしれませんが)

目的地の候補は現在地の周囲数メートル先以降でいくつか表示され、自分で「今日はここまで行ってみよう」みたいに決められるんですね。

「どこでも目的地」みたいな機能もあるので、なんだったら「今から50kmぐらいウォーキングする予定だし、そこを目的地にしちゃおう」みたいなのも出来ます。
まぁ、だったらちょいちょい近場を目的地にしてガンガンストーリーを進めていった方がいい気もしますけどw

とにかく!目的地にたどり着くためには「家を出て歩く!」ということが必要なんですよ。
昔のドラクエみたいに、「テレビの前に3日ぐらい完徹で座ってたら世界を救えてた」なんてことはないんです。

目的地は村などのフィールドに該当しており、村人との会話や宝箱などが設置されています。

ストーリーを進めていくことで冒険ランクがあがったり、ジェムがもらえたりという報酬が貰えるわけです。
こりゃどんどんストーリーを進めていくしかねえ。

ドラクエから離れていた人ならノスタル爺に

フィールドを歩いていて、まものに遭遇すればバトルが始まります。
この辺のシステムもDQ6ぐらいまでやってればすんなり入れるかなーといった感じですね。

お馴染みのコマンドで、ターン制のバトル。
これこれ。ドラゴンクエストだわ!

敵を倒せば経験値が入ってレベルアップ。
もうね、RPGの王道です。

そういえばDQ3でアリアハンから出ないでLV99にする・・・みたいな無謀なチャレンジをしていた友人がいたっけ。

フィールドの音楽も歴代ドラゴンクエストのフィールドBGMが使われていて・・・僕はもうDQ2のムーンブルク王女加入後の音楽でやられました。泣いちゃうとこだった。

記事執筆時点の最新イベントだと懐かしのDQIVキャラなんかも出てて・・・久しぶりにプレイしたくなっちゃったよ。。。

ソシャゲ的な要素もうまく融合

さてこのDQW。
ドラゴンクエストでありながらドラゴンクエストではない・・・そんな感じの一面も持っています。

その最たるものが「ふくびき」でしょう。
いわゆる「ガチャ」で、ゲーム内の通貨となる「ジェム」を使う事で装備品を引き当てることが可能です。

普通のドラゴンクエストだったら、モンスターを倒してお金を貯めて、武器屋でコツコツ買いそろえていくわけですよ。
それがDQWだったら序盤から一発でものすごい武器をゲットすることも可能なんです。

たとえば僕は一発目のガチャでいきなり★5グレードのグレートアックスを引きました。
キャラクターの強さは武器に依存される部分が大きいため、こういう武器をゲットするためにみんな課金に甘んじるわけなんですね~。

もちろんお金をかけずともクエストをクリアしていくことでジェムは貯まるため、完全無料で楽しむことができるのも最近のソシャゲの面白いところです。

武器をガチャでゲットするという側面以外にも、「武器を強化する」とか「限界突破(合成)する」という考え方もソシャゲ的ですね。
★5の武器はそれだけでも強いですけど、下手したら★3とかのヤツを合成したり強化した方が強い可能性もあるのではないかと思われます。(まだそこまでやりこんでないからわからないけど)

でもって、コンシューマーのドラクエだとジョブの熟練度みたいなところから習得できたスキルが、DQWの場合は武器に依存されています。
つまり武器を強化することで、武器にスキルが付属し・・・その武器を装備したキャラクターは必然的にそのスキルを使えるようになる・・・という感じ。

まぁ、、、この辺は慣れというか、やってればわかるところなんですけども・・・生粋のDQファンにしてみたら違和感を覚えるところかもな~?とは思いました。
※なんとなく星ドラ的??

もう一つソシャゲ的だな~と思ったのは、討伐したモンスターを図鑑にコレクションしていけるところ。
・・・この辺の仕組みは最新のDQにもあるのかな?それかドラクエモンスターズとかにありそう。

とにかく「コレクション欲」を刺激されるわけですよ。
そのため、開いていないところのモンスターを探しに出かけたくなるわけです。

図鑑、埋めたいですもんね。

僕はなんか、この辺のソシャゲっぽさをうまくドラクエに絡めたなぁ・・・と感心致しました。

DQWをはじめて数日、おもったことなど

さて、DQWをインストールして数日経った僕がいま思うことなどを羅列しておきます。

いい運動になりそう

前述したとおり、「外に出たい!」という衝動に駆られるため、家にいる時間が多い人ならかなりいい運動になりそうです。

しかもこれ、車とか電車とかを使って高速移動するのには向いてないんですよ。
というのも目的地として設定できる場所が「徒歩圏内」なため。(前述の「どこでも目的地」の場合は除く)

車だとちょいちょい近場で停車してDQWして・・・というのを繰り返す必要があり非効率ですし、まぁなんていうか「そこまでして楽してやりたいか??」という疑問がわきますよねw

電車だと目的地を設定したとしてもそこを一瞬で駆け抜けちゃうのでたどり着けません。
なので徒歩、または自転車ぐらいがちょうどいいのかなと。

いずれも自分の身体を動かすことになりますので、いい運動になりますぞー。

ここにこんなところが!?という発見

そして目的地に設定する場所が普段歩き慣れている道だったとしても「えっ、ここにこんな施設が??」みたいな発見があります。

「家のすぐ裏に出来たお店に数年気づかなかったお客」という飲食店に伝わる有名なエピソードがあるんですが、まさにそんな感じで・・・。
僕も毎日のように通る道にある家がまさかの施設でびっくりした、というのがありました。

住み慣れた街の再発見にも繋がると考えると、DQW、たいしたもんやでえ~!

結局のところ歩きスマホや!

ただこれ、スマホを見ながら冒険することになるので・・・結局のところ「歩きスマホ」を推奨するアプリとなり兼ねないんですよね。

もちろん目的地を決めたらスマホをスタンバイにしてそこまで歩き、付近でスマホをオンにして・・・みたいなやり方もありだとは思いますが、せっかくならそこまでの間に遭遇するモンスターを討伐したいし、その他イベントもクリアしていきたいじゃないですか。

一応「WALKモード」っていう、歩いている間は勝手に敵と戦ってくれるモードもあるんですけど・・・ふいに強敵モンスターと遭遇して全滅していた、なんてことも無きにしも非ずなので気が抜けないのです。

電池の減りがやべえ

さらにいうとWALKモードで歩き回ってる間はスマホがずっと動いている状態なので・・・電池の減りがヤバいですw

友達との待ち合わせ場所に向かう時にDQWを起動させたが最後・・・現地に着くころには電池がなく、連絡が取れなくなった、、、、なんてことにならないよう注意。

おわりに

というわけで、DQWをはじめてみたよ!というお話でした。

友人にも伝えたところ「すでに始めてたけど、もう飽きた」というような状態だったので・・・僕もいつまでやることやらw

でもこれ、ポケモンGOなんかよりも何倍もオッサンホイホイな感じがするんですよ。
僕はギリギリポケモン世代には入れなかったので、やっぱり馴染みのあるドラクエっていうのが結構ヤバいというか。

とはいえ・・・今はKOF98UMOLを主戦場にしている僕ですので、これに時間を取られ過ぎないように注意しながら遊びたいところです。

※ちなみに5歳の息子は全くハマらず。。。

スポンサーリンク

  こちらの記事もおすすめ

Comment

  1. ロードランナーK.K. より:

    やってない訳で…
    ドラクエは2までしかプレイしてない訳で…
    ジョジョも第2部までしか読んでない訳で…
    だってさーRPG苦手なんだもん!
    うちの職場にちょいちょい早退する奴がおりまして、自分は奴をメタルスライムって心の中で呼んでますw
    昨日の続きで、みなみぃが口説かれた人数は確かに9人と仰ってたんですけど、イコールそのままお付き合いしたり、エ○チした数じゃないから大丈夫ですよw
    その感情は「ジェラ(シー)」ですよジェラ!
    かけたよさん、そんなに本気だったの?
    俺は遊びのつもりでしたよ!w

    • kaketayo より:

      ロードランナーK.K.さん

      コメントありがとうございます!
      やってないんかい!僕だけじゃなくて安心したわw

      ジョジョはウェブコミックを活用してなんとか3部まで読みました。
      なんだかんだめちゃんこ面白いです。

      いや、ジョジョの話関係ないッ!

      >ジェラ

      いや、なんていうか、「いい女過ぎて誰も声を掛けられない」みたいなのが最高なんですよ。
      変な話、その9人は「いける!!」って思ったわけじゃないですか。
      みなみぃを安く値踏みしやがって!!と憤り・・・そこからちょっと冷めてしまったのであります。

      • ロードランナーK.K. より:

        なるへそ!
        みなみぃの件、ラジャーでございますw
        皆さん気付いてると思いますけど、軽い人では決してないので簡単にはいかないでしょうね🐸
        荒木飛呂彦先生は出身が同じで、第4部はこちらの県庁所在地がモデルとなっておりますので、是非ご一読下さい!
        俺ちゃんと読んでないすけどねwケケケ

        • kaketayo より:

          ロードランナーK.K.さん

          軽い人どころか、僕らには手も届かない存在なはずなんです。
          でもオリラジのしんg・・・おっと誰かきたようだ

          >第4部

          あっ、こっちは学生時代にリアルタイムで見てましたw
          しげちぃ・・・