ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

NIKE AIR MAESTROについて。当時の記憶を掘り起こしながらちょっとだけまとめ

 - 雑貨・玩具

   

実家に眠っていた、僕が中学生の頃に愛用していたバッシュを持って帰ってきました。
たしか中学2年生の時に購入したアイテムなので、もう26年モノですか・・・ちょっとしたヴィンテージですよこれは!!!(・・・ちょっとカビてない?)

僕の記憶が確かなら、これはナイキの「エア・マエストロ」だったはず。

・・・でも、なんか、調べても調べても情報が出てこないんですよね、、、
なのでもしかしたらパチm・・・いやそんなことは・・・!みたいに葛藤しております。

今日はそんなエア・マエストロを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ナイキ・エア・マエストロについて

ナイキ・エア・マエストロは1992年頃に誕生したバスケットシューズです。(だと思います)
バッシュ関連の本等を持っていないので・・・完全に当時の記憶を掘り起こしながら書いています。

これ欲しいわ・・・↑

当時、漫画SLAM DUNKの影響で、それまで日陰的な存在だったバスケ部に驚異的な人数が入部することになりました。
ちょうど僕の2個上ぐらいの代から人数が増えたようで、男子に人気の野球部と並ぶぐらいバスケ部は部員が多かったのです。

僕も例に漏れずスラムダンクを読み、バスケ部に入部することになります。

1年生の時はバッシュを選ばせてはもらえず、全員無個性なアディダスのなんちゃらいうGELが入ったバッシュを買わされました。
でも中学生なんて成長期ですからね。すぐに履けなくなるわけです。

・・・というか、すぐに新しいバッシュが欲しくなるわけです。

毎月のように月刊バスケットボールみたいな雑誌とか、ストリート系の雑誌(Boonとか)を見ては「あんなバッシュが欲しい、こんなのがいい」というのを友達と語り合っていました。

中学2年のとき、そのチャンスは来る・・・!

たしか中学2年生になる時だったと思います。
僕ら1年生の間でも後輩が入ってくるということもあって、新しいバッシュに履き替えられるチャンスがやってきたんです。

そこでみんなそれまで溜めていた思いの丈をぶつけるかのごとく・・・自分の欲しいシューズを買いに街へ出かけることになりました。

その時の人気はやっぱり「エア・ジョーダン」。
一個上の先輩たちはちょうどVIIが流行った時代で、バスケが上手い人もそうでない人もAIR JORDAN VIIを持っていた印象です。

僕らは先輩に配慮してか何なのか、VIやVIIにはなかなか手が出せませんでした。
同級生ではVIIIを履いてる人が多かったですね。

そんな中僕が選んだのは・・・なぜかこのAIR MAESTROだったのです・・・!

スコッティ・ピッペンが履いてたっていう噂の。

まぁ、みんながジョーダン、ジョーダンって言ってるので、ちょっと違ったものが欲しかったんでしょうね。
なんとなく当時の自分を思い返せばわかります。

・・・今なら余裕でVIIのオリンピックモデルを買うんだけどなぁ。。

インターネットもまだなかった時代に、友人といろいろ話していくなかで付けた知識に「どうやらピッペンがマエストロっていうバッシュを履いてるらしい」というものがありました。

ピッペンは当時、マイケル・ジョーダンと一緒にシカゴ・ブルズで活躍していた選手です。
当時の僕は「ピッペンモデル、カッコいいやん!」と思ったんでしょう。

実際にピッペンが履いていたのは赤と黒のブルズカラーに仕上がったマエストロだったらしいんですが、おそらく店頭で一目ぼれした黒×青(紫)のモデルを購入したわけです。

※ちなみにピッペンといえばエア・マエストロIIの方が有名みたいですが、こっちのマエストロ(I)も履いてたそう。あっぶねーセーフ!

エア・フライトとかいうシリーズの派生

エア・マエストロはベロの部分にいわゆる「フライトロゴ」なるものが入っています。
これはどうやら「エア・フライト」なるガード向けのバッシュシリーズだったみたいなんですね。

僕はセンターだったので・・・シューズの特性的には合ってないアイテムだったのかもしれませんw

バッシュ自体にはどこにも「マエストロ」なんて書いてないので、これがマエストロなのかどうかは怪しいんですけど・・・当時の僕がこれをマエストロと信じ切って買っていたこと、それとサイド部分にあるこのテープのようなパーツ・・・これがマエストロたらしめる特徴だったと思うので間違いない・・・と信じたいですw(あやふや)

というかずいぶんボロボロだなぁ・・・リペアしてあげたい。

これ・・・本物なの??

んで・・・僕が気になっているのは「このマエストロ、本物なの?」ってところです。

どうも「Nike Air Maestro」とかで検索しても、黒×白とか赤×黒のマエストロは出てきても、このカラーリングって出てこないんですよ。
すんごく怪しい。

なんかよくよくみたら左右のバランスもアレだし・・・パチモンじゃねーのこれ!と疑ってしまったのです。

でももしパチモンなんだったら・・・すごく悲しいことですよ。
それを当時ドヤ顔で履き続けていたことが悲しいのではなく、当時かなり家計が苦しかったという母がこれのために2万円も捻出してくれたことを想うと胸が痛いです。

なのでパチモンなのではなく「日本のショップ限定モデル」とか、それか「記憶にも歴史にも残らないモデル」だったんだと信じたいところ。

本当に情報が全然出てこないので・・・誰か知ってる人いたらおしえてーって感じです。

ベロの裏には「MADE IN TAIWAN」の文字が。
これを基に「ナイキ バッシュ 台湾 にせもの」とかで検索しましたが・・・結局生産地だけでは本物か偽物かの判断はできないとのことでした。

※てか当時28cmの靴なんて履いてたんだなぁ・・・いまは26.5cmに縮みましたwww

おわりに

というわけで・・・実家から持って帰って来た、懐かしのエア・マエストロのお話でした。

いやー、何とも懐かしい気持ちになりましたよこれ。
もういちど、ストリートでもいいからバスケやりたいなぁ・・・。

あ、でも先日、息子に付き合って全力ダッシュしたら胸がバックンバックンいって呼吸がすごく苦しくなり、脇腹や首あたりの筋肉がつったので・・・無理だな。

当時のことを思い出しながらバッシュを眺めてチビチビやる・・・ってぐらいがちょうどいいのかもしれませんw

スポンサーリンク

  こちらの記事もおすすめ