ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

バイクを一番高く売る方法について、中古原付バイク(50cc)を3台売った僕が勝手に語る!

 - 生活の豆知識

      2017/08/09

b5d3ef07182c6a4ae6a26a4cca49d877_s

僕は50ccを3台手放した経験があります。

最初はMagna50という、
50ccなのにそこそこアメリカンが楽しめるカワイイやつです。

次にMonkeyという、
50ccならではの小さい小さいカワイイやつです。

最後にジャイロキャノピーという、かわいくないやつです。

物の売らなければならない時って、一番大切なのはどうしても「価格」になってきます。
なぜならそのバイクを手放したかったわけじゃないから。

その上で気持ちいい取引が出来る売買。
その2つで納得できなければいけないと、いまではそう思ってます。

3台のバイクが売られていった時の実際

Honda Magna50

1/6 オートバイシリーズ マグナ50

ぶっちゃけ僕の一番のお気に入りでした。

車の免許があれば、こんなアメリカンな奴に乗れちゃうんですから。
小さいですけど。

ちょっと資金が足りなくなり、どうしても手放さなくてはならなくなった時、
ネットでよく見かける買取業者さんに電話して、見に来てもらいました。

購入時に中古で18万円程度で、1年も乗っていない状態。
ついた値段は13万円でした。

5万円で1年乗れたんだと思って、即決しました。

・・・一回派手に転んだんですけどね~。
なんとも価格っていうのはわからないものです。

Honda Z50M Monkey

EBBRO 1/10 ホンダ モンキー Z50M 1967 レッド/ホワイト

これがすごく苦い思い出のある売買です。

Monkeyは室内に飾っておけるぐらい小さくて、
すごいカワイイやつでした。

妻もお気に入りでよく乗っていて、
アクセル回した時にウィリーしたりしてたのもいい思い出です。

こいつも同様に資金難で手放すことになりました。

上記のMagnaと同じところで査定してもらったところ、
中古で20万円で買ったものが、数か月乗っただけで7万円と言われました。

そこそこ綺麗に乗っていたし、走行距離だって申し分ない状況です。
僕は食い下がったんですが、向こうの言い分としては

「これ、改造してあるからこれ以上の価格は出せないです」

ということでした。
とは言っても、僕にはそんな技術もないし、改造なんて初耳です。

「改造した覚えはない」
「いや、でも改造してありますよ」

この問答を続け、僕は「他所で売ります」と話しました。

が、向こうさんも引き下がらず、
「ここまで来て手ぶらでは帰れない」
とゴネはじめ、家の前に大きな買取の車を止められたまま2~3時間。

結局7.5~8万円程度で、売り渡して帰って貰う事にしました。
すごく面倒臭かったです。

Honda ジャイロキャノピー

1/12スケール ジャイロキャノピー 02 ピザーラ

仕事で使うのに、屋根付きの50ccが必要で買いました。

正直、思い入れもなく、
仕事用だしなーって感じで使ってました。

その仕事を辞める事になり、知り合いにオークションに出してもらう事に。

このときのキャノピーの中古買取相場が、10~20万円ぐらいだったんです。
「相場がこれぐらいで、自分たちのキャノピーがこんなだから、これぐらいいくだろう」
そんな予想を勝手に立てていたのが悪かったのか、散々な結果になりました。

中古で24万ぐらいで買ったキャノピーは、4年乗って、落札額4万円でした。
年5万という意味ではMagnaと変わりませんが、僕はショックでした。

出来るだけ高く売るには?

もし、高く売るという事にフィーチャーするなら、
状況に応じて選択肢は変わると思います。

のんびり売買を待てるなら、個人売買

まず、すぐにお金が必要じゃない場合。
のんびり売買を待てる場合は、個人売買が一番高いです。

これはマージンがないから、当然と言えば当然ですし、
自分が設定した額で買う人があらわれるまで待てばいいだけなので、
値切られない限りは、自分が決めた額で売れると言うわけです。

僕はキャノピーはこれにすれば良かったかなと後悔しています。

個人売買は、「○○売ります」のチラシや広告出稿、
あとはヤフオクとか、知人に売るとかですね。

ただ、廃車の手続き?とか、名義変更とか、
そういう部分が全く分からないので、そのあたりを調べる手間がありますね。

オークション

知りあいに中古車関係の仕事をしている人がいれば、
カーオークションに出品して貰う事もできます。

オークションの利点は、半分個人売買みたいな部分。
個人売買よりスピード感はある(すぐ売れる)けど、
個人売買よりは安く買いたたかれるイメージです。

前述の通りキャノピーはオークションで手放しましたが、
どうせなら出品額を決めれば良かったと後悔しています。
(すべて知り合いに任せっきりにしてしまった)

一括査定

僕の2台目の失敗の通り、
バイクの査定を出すなら1社だけにオファーを出してはダメです。

比較が出来ないし、正常な判断が効かなくなるから。

というのも、前述の3台の話でも分かる通り、
1台1台売る場所だったり値段をつけられる理由だったりで価格は変わってくるんです。

例えば、改造車だって、
改造してあるから高値というところもあれば、
改造してあるから安値というところもある。

これはノーマルを基準にしても一緒。
ノーマルだから安い、っていうバイクだってあるんです。

そんなの素人にわかるわけがないんだから、
一括でいろんな会社に査定してもらう必要があるということです。

・・ただ、一括査定のデメリットは申し込んだらたちまち電話がかかってきまくること。
どうしても現物をみないと判断できないからだそうです。

「高く買って貰う為には、しっかり現物をチェックして貰う必要がある」
という事を念頭に我慢するしかないのかもしれません。

注意すること

一番やってはいけないのが、僕みたいに情に流されて安く売ってしまうこと。

「手ぶらで帰れない」
なんて言われても、「そうですか、僕は知りません」ぐらいの気を持っておく必要があります。

あとは焦ってしまうのもよくないです。
きちんと「今すぐ売る必要があるのか」「期間をかけてでも高く売りたいのか」というところを自分でしっかりと決めておくといいと思います。

一括査定比較サイト

バイクの一括査定を無料で申し込めるサイトがあります。
バイク比較.comのような、査定業者多数、提携会社多数のところがオススメです。

おわりに

バイクとはいえ、
そしてたった数か月とはいえ、
毎日乗った彼らとの思い出はマジでプライスレス。

バイクを買って行ってくれる人には、
こっちがそういう気持ちで手放している事を忘れないで欲しい。

だからこそ、なるべく高値で買ってもらいたい。
そう思うのは自分勝手ではないはずです!w

スポンサーリンク

  こちらの記事もおすすめ