ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジン

ワクチン反対派が副反応を見て「あっ…やっぱり打とう」と思うまで

 -

   

新型コロナウィルス・・・ついに日本でもワクチン接種が進みはじめまして。
ワクチンに対しての肯定的な意見と、反対派の意見っていうのが出てきてますね。

僕は「反対派」というわけでもなかったんですが、どことなく否定的な気持ちがあったんです。
それは

  • 副反応が怖い
  • めんどい

みたいなところから湧き上がっていました。

「ワクチン接種をしなくて済むなら、しないでいいかな〜?」って。

なんでも高齢者の接種率が80%?ぐらいになれば、日本でも脅威がだいぶなくなるとかなんとかで。
それを待ってもいいんじゃないかなと。

でも・・・
先日妻が二度目の新型コロナウィルスのワクチンを接種してまいりまして。

その状況を見て「やっぱワクチンしょ。。。」と思うに至りました。

スポンサーリンク

不活性でこれかよ!?

妻は医療従事者ということもあって、一足お先にワクチン接種ができたのですが・・・
一度目は注射を打った場所が2〜3日痛み、二度目は接種の次の日に「一日グロッキー」という状態になっていました。

※二度目の翌日はとにかく激しい頭痛、倦怠感、発熱、吐き気などがあったようです。

この姿を見て僕は「辛そう・・・こんな状態になるならワクチン打つのやだわぁ・・・」と一瞬考えさせられたのですが、、、

これね、よくよく考えたら”ウィルスじゃないヤツ”が体に入っただけでこんな状態なんですよ。
今のワクチンが不活性ウィルスなのか、mRNA?とかいうヤツなのかは僕にはよくわかりませんが・・・要は本物の新型コロナウィルスを使わずに免疫を作ろうとして、それで体がそれと戦ってるわけですよね。

えっ・・・じゃあこれがモノホンだったらどうなってたの・・・???

単純に考えても、これの比じゃないってことですよね。

ええー・・・そうか、これより辛いのか・・・。
しかも後遺症もあるわけでしょ?

だったら自分の番が来たときにはワクチンを打っておくのが正解なんじゃないか・・・と思えたわけです。

副反応はある!死ぬかもしれない!でも打っておくべき理由

僕としては妻の状態を目の当たりにしたという事実がありますので「副反応はある!」と言い切れます。
というか、データでも出てますよね。特に30〜40代ぐらいの人は頭痛やら発熱の副反応が出やすい、と。

なのでまぁ、それはほぼ絶対にあると思った方がいい。

さらにいうと、「ワクチンを打ったあとに死亡」みたいなニュースもよく見かけますので・・・ワクチンとの因果関係はさておき、死ぬ可能性というのもあるのでしょう。

・・・でも、ワクチンを打たなかった場合には「感染・発症」「重症化」というリスクもあるわけですよ。
感染すれば「肺炎」→「呼吸困難」とか、「味覚障害」とかが起きる可能性を孕んでいます。

とりあえずワクチンを2回打っておけば、これらのリスクは避けられる可能性が高いわけでしょ?

なんていうか・・・「頭痛」「倦怠感」「発熱」「めんどい」っていうところと、「呼吸困難」「死亡」「味覚障害」などを天秤にかけて、自分にとって「どちらかしか選べないならこっちかなぁ・・・」っていう方を選択したらいいんじゃないかなと。

もちろん「ワクチン打ってないけど、全く感染・発症しない」とかの可能性だってあると思います。

でもそれって「宝くじ、当たるかもしれないから買う」みたいな話に近いような・・・そんな気がするのよねえ。

話題の薬剤師さんのブログも見た!

そんなことを考えていたら、ツイッターで話題の薬剤師さんのブログを知りまして、拝見しました。

新型コロナのワクチン、打った方が良い?~mRNAワクチンの効果と安全性、よくある誤解

↑こちらの方も概ね同じような見解を示されていて、ちょっと一安心。

しかも僕みたいに体験ベースじゃなくて、ちゃんと根拠があってわかりやすいので・・・一読しておくよろし。

反対派の人からのコメントへの返信もキレッキレで見応えありますw

おわりに

というわけで・・・ワクチン、順番が来たら打っておくべ。というお話でした。

もちろん、ワクチンと死亡症例の因果関係が「まったくない」というわけでもないと思いますので、いろいろ比較してみた結果「やっぱりやらん!」っていう選択も自由だと思います。

進撃の巨人のテーマだった「自由と代償」じゃないですけど・・・どっちを選ぶのも自由だし、それを選んだ結果として自分が追うべき代償というのもどちらにもあるんでしょうし。

そうそう、最後に何の参考になるかもわかりませんが・・・妻の職場の「やや高齢」の方たちは、やっぱり副反応が出にくかったようです。
でも念のため母が接種する日には近くで待機しててあげようかな・・・。

   

 -

   

スポンサーリンク