ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジン

宇宙人が地球に攻めてきたら・・・人志松本の酒のツマミになる話

 - ,

   

先日テレビの「人志松本の酒のツマミになる話」にて、千鳥の大吾さんが

宇宙人が侵略してきた時の、地球人としての一番いい対応、なんだと思う?

というテーマのお話で「まず魚を食べさす」そして「その次にお寿司を食べさせる」という案を挙げていましたw

すると「魚をそのまま生で食べてもいいけど、人間が調理したら美味いやん」って、なる・・・と。
だから「侵略するのやめよう」に繋がる・・・みたいなw

なるほどなぁ・・・面白い。

でもそれ、ちょっと無理があるんですよ!!

スポンサーリンク

そもそも宇宙人ってどんなやつ!?

番組内で松ちゃんが「宇宙船から出てくるのが寿司かもしれんで」と言っていたとおり、またNORDの島さんが「どこの星から来たんですかね?」と言っていたとおり・・・その宇宙人次第で対応が変わってくるわけですよ。

つまり人間とその宇宙人の味覚が同じであるということが大前提、さらには「宇宙人には料理ができない」みたいな前提が必要なのよね。

だってお寿司を食べて「これじゃない」ってなったらアウトだしw
仮に美味しかったとしても「これぐらいなら自分でできるわー」ってなっても人間は不要じゃないですか。

いや、それ以前に捕食器官がない可能性だって否定できないわけで・・・寿司出してどうのっていうのは解決策としてはちょっと弱いのではないかと思いました。
(バラエティの面白い話なんだから、それでいいんだけどもw)

地球が欲しい時点で似てるヤツ!?

あ、でもわざわざ地球に来て「この星もらうよー」って言ってる時点で、人間と同じような感覚の持ち主であってもおかしくないのか。

そうじゃなかったら文明がない他の星へ移住するとかでも十分なはずですし。
奴らだって無駄な争いは望まないでしょ?

あえて地球を狙う理由があるとすれば、食糧やら大気やらが自分たちに適しているところを選んだ結果と考えられるわけで。

それなら寿司食べて感動するかもしれんなぁ・・・。

※でも同じ地球上に住んでいる人でも寿司が苦手な人もいるし、虫とか爬虫類とかと僕らが同じ味覚なのかすらわからんけども。

おわりに

やっぱり諸々を考えて、対話できるならそれが一番ですな。

相手の好みがわからなければ地球の魅力なんて伝えられないし。
もしかしたら魚型の宇宙人で「魚を食べモノにする人間だけ排除したいねん」っていう願いかもしれないし。

まぁ、もうその時点で対話の余地なし、って感じではありますが、、、

   

 - ,

   

スポンサーリンク

Comment

  1. Shubee より:

    こんにちは。
    こちらにもお邪魔しますw

    UFO、アメリカの議会で未確認飛行物体に関する報告書が提出されたそうなんですが、それに先立って議員達に非公開の説明会が行われたそうな。

    https://www.fnn.jp/articles/-/198942

    実際に議会に提出された報告書はトーンダウンしたものとなったそうですが、UFOの存在を否定はしていなかったとか。

    小学生の頃巷ではUFOブームで、そういうの信じやすいたちだった自分は、よく母親に「お前は本当は宇宙人がお母さんに化けてるんだな!そうじゃないと言うなら僕が小さい頃の思い出を言ってみろ!」などと言って軽くあしらわれていたのも懐かしい思い出ですw

    • kaketayo より:

      Shubeeさん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      いやー、UFOはロマンですよね。
      そもそも「未確認飛行物体」なだけであれば、まだまだ知られていない地球上の”何か”である可能性もあるでしょうし・・・。

      個人的には霊とかも「目に見えないから」という理由だけで「無いもの」にして良いのかどうか・・・など考えますw

      >母親に

      ファーwww黒歴史w
      いい思い出ですねえ〜^^

      でも実際に宇宙人が化けてたんだとしたら、、、そんな恐ろしいことはないぜ、、、