ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

世界で一番美しいギター、GRETSCH WHITE FALCONの魅力。

 - ギター・バンド活動

      2017/02/19

white_falcon

世界で一番美しいギターと言えば何でしょうか。
今はギターもいろいろな物が出ていますし、僕はZemaitisのシェルトップとか、
ギタートレーダーズのGTZ「Arizona」なんて芸術品だと思います。

arizona

※画像は公式サイトより
GTZ Guitar Solo “Arizona”

その昔、ギタリストが口々に「世界で一番美しいギター」と呼んでいるギターがありました。
それがGretsch White Falconです。

スポンサーリンク

Gretsch White Falcon(6136)の魅力

Gretsch / G6136-VLFT FSR White Falcon Professional Collection Factory Special Run グレッチホワイトファルコン

White Falconが市場に初めて姿を現したのは1955年の事で、
その後何度かの仕様変更を経て、現在でも人気モデルの一本となっています。

純白のカラーリングに25.5インチの大型ボディ、
ゴールドメッキパーツがゴージャスさを際立たせているギターです。

特にV字型のヘッド形状や、キャディラックテールピースと呼ばれるオリジナルのテールピースなど
このギターが特別なものであるという証が随所にちりばめられています。

ヘッドのロゴ形状やプレート有無、ピックガードの形状、カッタウェイの種類、ピックアップの種類など
年代によって本当にさまざまなバージョンがあります。(ここでは割愛)

派生モデル

ホワイトファルコンには派生モデルも多数あり、
たとえば様々なトーンが作り出せるホワイトファルコンステレオ(6137)、
90年代にはボディがブラックのブラックファルコン(6136BK)、ブラックファルコンのパーツがシルバーになっているシルバーファルコン(6136SL)、一回り小さいサイズのホワイトファルコンJr.(7594JR)などなどが発売されました。

THE KING OF GRETSCH(ムック)には、AC/DCのMalcom Young使用モデルとしてブラックファルコンJr.が掲載されていましたが、オフィシャルに用意されていたものかどうかはわかりません。

ホワイトファルコンを使用しているギタリスト

ギタリストならだれもがこのギターの魅力に憑りつかれるとは思うのですが、
それを裏付けるかのように多くのギタリストが使用しています。

代表的なギタリストは以下の通り。

ジョン・フルシアンテ

僕がホワイトファルコンで思い出すギタリストといえば、ジョン・フルシアンテ。
特にRed Hot Chili PeppersのCarifornicationでの綺麗なアルペジオ。(PVで観たからだけどw)

ジョンのファルコンは58年製のフィルタートロンピックアップモデル。
ヘッドのロゴも縦に「GRETSCH」と入っています。

ブライアン・セッツァー

セッツァーといえば6120だけど、この人もファルコン使いだったりします。
56年製でダイナソニックピックアップを積んでいるものです。

ブライアンセッツァーはそこまで身長も高くないので、
箱ものギターが大きく見えますね。でもそれがまたカッコいい。

布袋寅泰

布袋といえばあのギターというイメージですが、
僕はKing & Queenの頃に雑誌にのっていたピンナップでダブルカットのホワイトファルコンを掲げていたのが印象的です。
【関連】プライムミュージックに名盤「King & Queen」が追加されてた!みんな聴こうぜ!

おわりに

他にも昨年末の紅白でmiwaがホワイトファルコンJr.を弾いていましたし、
最近テレビのCMでSCANDALの方がファルコン持ってたなー・・なんて感じで目にします。

もし「おお、この美しいギターは何だ」って思う純白のギターを見かけたら、
それがホワイトファルコンかもしれません。
※ホワイトペンギンかもしれないけど。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ