ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

Tokai Love Rock ALS42(と思われる)のレストア&レビュー【弾いてみた】

身元不明で入手したTokai Love Rockですが、ひとまず弾けるところまでのレストアが終わったのでレビューさせて頂きたく。

身元不明のTokai Love Rockを購入(たぶんMade in KoreaのALS42)

↑前記事はこちらです。

今回はどこをどうしたの?ってところと、弾いてみた動画を撮影してみたのでそれを紹介させてください。

スポンサーリンク

手を入れてみたポイント

楽器に限らず、「男の趣味」に分類されるものって、入手してから如何に自分好みにカスタムしていくか・・・?みたいなのがキモだと思うんですよ。

たとえば車、パソコン、etc…etc…

(時計とかは違うかもだけど)

なのでコヤツもちょいちょい手を加えさせて頂きました。

ヘッド

まずヘッド部分。
これはもともとペグボタンがない状態で売られていたので、ペグボタンを取り寄せて・・・ってところからやりました。

クルーソンタイプのペグのつまみ部分(チューナーノブ)を中国から購入してリプレイスした

それから、出音には全く関係ないんだけど・・・トラスロッドカバーw

サウンドハウスさんの少額注文で送料無料に届かなさそうだったため、本家ギブソンっぽいベル状のTRCを購入。

こういう「見た目のカスタム」、大好きなんですよねえ。。。
(たぶん楽器を「音を鳴らす道具」という以上に「芸術品」だと思ってるからかも)

2穴がうまいことフィットしてくれて良かったです。

ネック

ネックは特に手入れしてないです。
ポリッシャーを使ってふきふきしてあげたぐらい。

そこまで汚れもひどくなかったし、フレットもほとんど減ってなかったんですよね。

個人的にはこのパールインレイ風ポジションマークがすごく安っぽくて気に入らないので、、、

手持ちのインレイに交換してあげようと思ってます。

これ、以前ギターにハマってた時にどこぞで購入したもので素性はよくわかんないんですが、たぶんパーロイド製のレスポールスタンダード向けのアイテムだったと思います。
サイズは今回のラブロックにもピッタリでした。

10年以上前に買ってるのである意味ヴィンテージw

あとは高フレット側にビビリが少しあるので、もしかしたらナット交換とかでどうにかなるかな~?なんて期待してたり。
この辺も(見た目重視で)オイルナットとかにしたいなぁ。

ボディ・トップ

ボディもポリッシュで磨いてあげました。
今回はセカンドハンズ品ってこともあって、とにかく綺麗に、使える状態に仕上げたかったんです。

なのでクロームパーツもヤマハのシルバーポリッシュを使ってピカピカにしてあげました。

本来は金管楽器とか用なのかな・・・?

あ、あとブリッジの高さ、サドルの調整も行いましたよ~。

それにしてもこの木目よ・・・。
一か所キズがあったのは残念ですが、このフレイムトップにやられたわけですよ。

どうやら当時のカタログによると「Flamed Sycamore Laminated Top」とのことで。
シカモア・・・楓・・・つまりメープルトップ(ただしラミネート)ってことですな。

写真はヤフオク!より

こんな感じで出品されてたわけでね、、、これは買うでしょw

写真はヤフオク!より

当初はこっちのキルトフレイムを狙ってたんですけど・・・この時には妻のおゆるしがでていなくて入札できませんでしたw
これはALS-50QZっていうヤツだったんじゃないかと思います。

他にももっと安いハニーバーストのラブロックも出品されてるんですが、安いヤツだとデタッチャブル(ボルトオン)のヤツが多いんですよね。
ボルトオンのレスポールも試してみたいので・・・そのうち入札しちゃうかもしないかも。(怒られる)

ボディ・バック

ボディバック側も特に何かをするということはなくて、基本はポリッシュで磨き上げただけ。

ネジのサビ具合が酷かったので、潤滑油と真鍮ブラシで磨いてあげました。
右がビフォー、左がアフターです。

やっぱサビがなくなるだけでも中古ギターへの愛着というか「ついに俺のモンになったな」感が増しますね!

あとはこれまたSCUDのレスポ用パーツを購入してしまったので、取り付けることに。
キャビティの蓋が白いと、なんか廉価モデルっぽい印象があったためw(見た目重視)

ただ・・・

そのままだとサイズが合わなかったのよね、、、(´;ω;`)

なのでどうにかペーパーで削ったり、アクリルカッターでけがいたりして形を整えました。

僕はアクリサンダーを使っております!

で、ピッタリ。(隙間は見なかったことに)

こっち側はもうネジ穴の位置も全然合わなかったので、プレートの形を整えてからボンドと楊枝で穴を埋めて、再度穴を開け直して取り付ける・・・という手間をかけました。
音には影響しないのにねえ・・・。

そうそう、本当はキャビティ内の配線取り回しとかも線材交換したりコンデンサー載せ替えたりって企んでたんですけど、出音が結構よかったのでそのままにしてます。

弾いてみた

というわけで、購入から数週間、、ようやく弾けるようになったので試してみましたよ~!

とりあえず手持ちのEpiphone LPC (Made in Korea)との弾き比べ?みたいな感じでやってみました。

・・・といっても撮影環境があんまり良くない点、僕のスキルが追い付いてない点などがあるので・・・まぁ、あんまり参考になるかはわかりませんが!
(最後のフレーズはうろ覚えすぎて普通に間違えてたよ、、、orz)

あと動画の解説欄にも書いたんですけど、エピの方は普通に中身をいじっちゃったりしてたので・・・単純な比較はできない感じです。

どうなんですかね~?
アンプ直結の音だけで判断して良いのかはわかりませんが、個人的にはこの子の出音がかなり好きな感じでした。
(ピックアップはPAF-Vintage MK4とか言うヤツらしい)

なんだかサスティンも良い感じに効いてるし・・・これがディープジョイントのおかげなのかはわかりませんけどもw

逆に言うと?
本家ギブソンとか、トーカイの上位モデルってどんだけ良い音するんだろう???っていうのが物凄く気になりますね。

まぁ・・・僕は良い音が出る楽器を持っていても使うシーンがないので関係ないんですが。。。。。

おわりに

ちぅわけで、十数年ぶりに購入したエレキギター、Tokai Love Rock ALS42(と思われる)のレビューでした。

なんか久しぶりにギターを入手して弄って・・・ってやったおかげか、毎日触る時間が増えていて。
「そんなにギター好きだったっけ!?」と妻に呆れられる始末。。。

いまさら練習して、ちょっと上達したところで何になるわけでもないんですけどね~。
はぁー・・・ギターほしいw(病気)

とりあえず今は、実家から古いギターを持って帰ってきて、塗装を剥がしたりして楽しんでおります。

   

 - ,

   

スポンサーリンク