ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

コストコに行ったらリンツのリンドールが絶対”買い”!

 - コンビニスイーツ部 ,

      2016/07/28

lindor

先日コストコに行った際に、妻がどうしても欲しいと言って購入したのがこちら。
スイスのプレミアムチョコレートブランド「リンツ」が販売するチョコレート「リンドール」。

Lindt(リンツ)と、フランス語のゴールド(Or)を足した造語だそうで、
名前からすでに凄そうな感じが伝わってきます。

うちはいつもは「マセズ フレンチプレーン トリュフチョコ」を買っていたんですが、
今回こちらにしてみて、その味わいにやられました。

スポンサーリンク

驚くほどなめらかなリンドール。

リンドールは硬いチョコレートのシェルと、その中に入ったチョコレートフィリングでできています。

外側のシェル部分のチョコレートもなめらかなんですが、
フィリングの滑らかさはハンパじゃないです。まさに究極。

前述のトリュフチョコもなかなかなめらかなんですが、その比じゃないです。
食べるのがもったいないぐらいのチョコレートでした。

食べるのがもったいない

食べるのがもったいないというのはもう一つ理由があって、
一粒あたりの価格が高いからなんですね・・気軽に食べられない感じw

参考までに公式オンラインショップでの価格を書いておくと、
1個あたり100円。1袋じゃないですよ。1個です。

だいたい10個入りで1,000円。
これだったら50個入りだから、5,000円相当というわけ。

このチョコレート1個でガーナとかの板チョコが1枚買えちゃうぐらいの価格なんですよ。
そりゃー食べるのをちょっと臆してしまうのもわかっていただけるんじゃないでしょうか。

コストコなら1個40円弱に。

そんなお高いリンドールですが、コストコでは50個入りのアソートが2,000円弱で買えちゃいます。

公式で50個5,000円って聞いてるだけにずいぶん安く感じますよね。

とはいえ前述のトリュフチョコが1kgで1,000円弱なのに対し、これ600gで2,000円弱ですから、
倍とまではいかないまでも高いんですが。

 
でもでも、50個で2,000円弱だから、1個あたり40円弱。
1個100円なのに比べたら半額以下ですよ。こりゃ買わないわけにはいきませんね!

おわりに

後半が主に「価格」の話ばかりになってしまってすごく下世話な感じになってしまいましたが、
結局のところは「素晴らしいものが、安価に買えるチャンス」という事が言いたかったわけで、
コストコに行く機会があればこのチョコレートがオススメですよというお話でした。

ちなみに、Amazonでもコストコで販売されているアソートが売られていました。

価格もそこまで変わらないですね。

公式ショップなら9種アソートのものが売ってますが、これは5種のみ。
そう思うとお試し用なのかもしれません。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です