ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

キミは「綿あめ味のブドウ(Cotton Candy Grape)」を知っているか

ヤバイやつに出会ってしまいました・・・。
コストコで売られていた「ORGANIC Cotton Candy」という名前のブドウです。

コットンキャンディって、直訳すると「綿あめ」のことで、よく見るとパッケージにも綿あめの絵が描いてありました。

コストコで売られていたといってもプライベートブランド商品ではなく、カリフォルニアのDIVINE FLAVORというところが販売するブドウみたいで、もしかしたら他所でもゲットできるのかも?

[参考]Cotton Candy Grapes – Divine Fravor

とにかくこれ・・・一口食べて、マジで衝撃が走りましたので・・・レビューさせてください!
これは安易に買ってはいけないヤツや!!!!

スポンサーリンク

コットンキャンディグレープが衝撃すぎる

我が家では結構コストコでブドウを買うんですよ。
相対的に安いっていうのもあるんですけど、時期や産地によってはすごく甘いヤツがあったりして、毎日のフルーツ補給にちょうどいい感じなのです。

毎回コストコに行くたびにチラチラとブドウコーナーをチェックしていた妻が、「気になっていたけどちょっと高い」ということで手が出なかった商品がこのコットンキャンディグレープでした。

「コットンキャンディ」なんて名前を聞いちゃったら、そりゃ期待しないわけにはいかず。
後先考えず僕も「GO」サインを出してしまっていたのです。

脳にガツーンと来た

早速翌朝の食卓に並んだコットンくん。
一口食べた僕はリアルに頭を後ろにのけ反ってしまいました。

それぐらい「ガツーン!!」と来たってコト。。。

明石家さんまさんだったら
「コットンキャンディて、ブドウがそんな綿あめみたいに甘いわけが・・・・・・ほんまや!」
ってやってたに違いない。
それぐらいに、本当に甘いんです。

えっと、これはもう言葉では言い表すのが難しいんだけど、、、あえて書くなら「酸味が全くなく、そのぶん甘さにステータス全振りしたブドウ」みたいな感じ。

妻と僕で同時に出た感想が「お砂糖の味がする」っていうものだったほどに甘かった・・・。

ブドウの味を感じたかったら、ちょっとだけ冷やして。

なので、本当に綿あめを食べているような、そんな感じの味なのです。
むしろ今食べているのがブドウかどうかも怪しく感じるほどに甘いのです。

すごいぞこれ・・・。

ただまぁ、「だったら綿あめ食べりゃいいじゃん」って話になってきちゃいますよねw

でもなんていうか、綿あめともちょっと違うんだよなぁ。
しっかりフルーツなんだけど、極上に甘いというか。

ちなみに、甘さを特に感じたい場合は、常温(部屋の温度ぐらい)で食べるのがいいと思います。
冷蔵庫で冷やした状態のものを食べた時には、やや甘味が抑えられてブドウの酸味も感じることができました。

おわりに

というわけで、衝撃的なコットンキャンディグレープのお話でした。

いやほんと、こういう出会いがあると人生が華やかになりますな、、、

ただねえ・・・一回これを味わっちゃうと、元のブドウに戻れない気がするんですよ。。
だって「高額」って言ってもちょっと高額なぐらいだし。次回もコットンキャンディがあったらそっち買っちゃうわって思うし。

・・・むしろなかった時にどうなっちゃうの?
「普通のブドウでいっか・・・」って我慢できるのだろうか???

などなど、そういう覚悟を持って買う必要があるブドウだなと思いました。おしまい。

   

 -

   

スポンサーリンク