ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジン(火曜・金曜更新予定)

みんな森喜朗氏の身を挺した女性蔑視発言には感謝すべきなのかも

 -

      2021/02/16

森喜朗・東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長の女性蔑視発言を受けて、我が家でも僕と妻の間で熱い議論がなされました!!!

まぁ、もう「無理」だろう、と。
お年を召した、ましてやお偉い立場にいる方は今さら「男女平等」などというのはそもそも理解できない感覚なんだろう、というのが僕と妻が出した結論であります。

これは単純に「この老害めが」とディスりたいわけではありません。
もっと根本的な問題というか・・・ええと、たとえば!

「今日からウンコはパンツを履いたまましてください!」と言われても、きっと僕らには無理じゃないですか。

トイレトレーニングを焦ってはいけないたった1つの理由

それに近い感覚だと思うんですよ。
それまでの「当たり前」が、ある日を境に「当たり前ではなくなる」わけですから。

あの年代の方たちは子供の頃から「男女差別」が当たり前で育ってきたわけですし。
頭では理解できたふりをしていても、根っこの部分では「???」ってなってるんだろうなぁ~って。

だから謝罪会見でも的外れなことを言っちゃうんです。

テレビでもフェミニストの方(という言い方が適しているかはわかりませんが・・・)が、「なぜ自分が非難されているのかすらわかってないのでは?」と推測されていましたが、まさにそれだったんじゃないかなぁ。

・・・と、まぁそれの良し悪しはさておき。

大切なのは、あの発言を受けて僕らが男女差別問題についてしっかり考える時間を貰えたということなのかもしれません。

スポンサーリンク

そもそも日本がジェンダーレスなんて無理なんだよ

当該の議論をしているとき、妻の口からは「そもそも日本がジェンダーレスなんて無理なんだよ」という発言がでました。

それを聞いた僕「え、なんでなんで?」

妻「だってさぁ・・・国技(※)を考えてみなよ!

あぁ~~~・・・!!!!
なるほど!!

日本のスポーツとして国際的にも知られている「相撲」において、女性は土俵にすら上がらせてもらえない・・・っていうのは有名ですよね?
でまぁ、それは明らかに「男女差別」でありまして。

何もオリンピック組織委員会の会長が失言したから初めて外国から叩かれるってわけじゃないんだなぁ。

※追記:日本では政府が正式に相撲を「国技」として認めているわけではありません。

伝統だから・・・で片づけて良い問題なのか

でもまぁ、なんていうか・・・こういう伝統的なものを現代の感覚で判断してしまって良いものなのかどうか?は考えさせられるわけですよ。

もちろんいくら伝統的とは言っても、たとえば食人文化とかだったら廃されるとは思うのですが、相撲で男女差別をしたところで誰も死なないわけだしねえ。。。

女性が参加するとなったらおっぱい出して戦わなきゃならないし、、、

・・・と思ったら!
江戸時代とかには普通に女性も土俵にあがっていたようですし・・・なんか「伝統的」みたいな部分もちょっと疑問に思えてきてしまったり。。。

大切なのは「区別をなくすこと」ではなく「差別をなくすこと」

さてさて・・・。
僕のまわりでは小学生ぐらいのころから「差別と区別は違うもの」っていうのは何度となく議論されていました。

・・・どうもこの辺って、イマイチ「ごちゃっ」としてる感ってないでしょうか??

たとえば「トイレは男性も女性も同じところを使う」だと、男女の区別をなくすことになりますよね。
でも、これが正しいとは思えないんですよ僕は。

トイレマークにおける性差別の問題について考えた

どうしても男性には男性の役割が、女性には女性の「生物的な役割」があるわけで。
それを無視して「なんでもかんでもジェンダーレス」というのは・・・どうにも腑に落ちない。

男性は男性、女性は女性で区別するのは当たり前のことだと思うのです。

性を理由に除外するから差別になる

冒頭の森氏の失言とか、お相撲さんの話っていうのは「女性だから」という理由で排除しようとするから「差別」なわけですよ。

逆に言うと相撲だって「女性だけシャツを着せるとかはできないけど、それでもよければ同条件で土俵へどうぞ」ってやれればいいんじゃないかと。

これに関してはテレビでビートたけしさんが「間抜けなヤツは話が長いって言えばよかった」と言っていたそうですが、まさにそれ!
森氏も「女性だからどう」みたいなのがおかしいのであって、「発言時間にはルールを設けましょ」って話にすればよかったんです。

男性でも無駄に話が長いのにオチが超弱いヤツとかいますからね、、、(ネタ振り来たぞ!)

おわりに

いやー・・・なんだかとっても考えさせられました。

冒頭でも書きましたが、本当に好意的に捉えるのならば、こうやって日々話題になることで「男女差別」という問題がもっと一般化していくわけじゃないですか。
そう思うと、森会長は自らの身を削ってまでそれを提唱してくれたってことなのかなとw

普段心のどこかで男女差別をしていながらも凪のような日々を送っている方にしてみたら、ちょっとした刺激、考えるキッカケになったのではないかと思います。

ちなみにこんなことを偉そうに書いている僕も、心のどこかでは「女性はこれだから・・・」みたいに思う部分がないわけではありません。
ただ「女性はこう!」と決めつけるのではなく「女性はこういうタイプの人が多い」という感じに考えてます。

きっと女性にも「男ってこうだから嫌よね!」みたいな判断をしている人もいるでしょ?

でもそれは生物学的に見て、変なことではないんですよね・・・。
(要はセロトニンの量が違うとか、そういうフィジカル的な部分で男女の「傾向」ってのが出るわけで・・・ごにょごにょ)

こういうのはね、「イコール」で考えるからおかしくなるんですよ!

なぜ我が家の息子は「ウンコからこんにゃくが出来る」と思ってしまったのか?

↑その昔、うちの息子が「ウンコからこんにゃくが出来る」と思った話でも書きましたが、「=(イコール)」ではなくて「⊃」こういう集合記号みたいなヤツで考えればいいの!

そうしたらみんなもっと発言を気を付けられるようになるかもしれないよなぁ。なんて思ったり思わなかったり。(←男性でも無駄に話が長いのにオチが超弱いヤツ)

追記

なんか「発言の一部が切り取られている」というような報道があったので、もうちょっと込み入った部分まで調べてみたところ・・・「女性だからダメ」みたいな話ではなかったようですね。
むしろ自虐的に「まぁ、一番話が長いのはワイなんだけどもw」っていう流れだったそうで、残念な切り取られ方をしてしまったんだなぁ・・・と。

ただやっぱり安易に「女性は〇〇」という話に持って行ってしまったのは失敗でしたよね。

男みたいな女、女みたいな男、いっぱいいますしおすし。

(ただし「男みたいな」というくくりがすでに差別的であるという難しさよ。。。)

   

 -

      2021/02/16

スポンサーリンク