ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

大船団、サンジの謎、ロブ・ルッチ・・・ONE PIECE 80巻感想【藤虎きめェ】

 - 漫画 ,

      2016/07/29

ONE PIECE 80 (ジャンプコミックス)

本日12/28にONE PIECEの80巻が発売されました!
ワンピマニアの方々の予想通り、1/4の発売ではなく年内に繰り上げての発売だったのに驚いています。
※なんでもワンピの1月発売はありえないんだとか。

コミックス派の僕は約3ヵ月ぶりにありつけるワンピ・・・数日でも早まるのは嬉しいです。

スポンサーリンク

80巻の感想

80巻を読んだ感想です。
思いつくままに書いてます。

いつも以上にゴチャついてた

今回、読み終えて感じたのが
「ゴチャついてたなぁ・・・」ってこと。

ワンピはごちゃごちゃしてるとか、セリフが多いとかはアンチからよく言われていますが、
僕はその分内容がぎっしりで読み応えがあって嬉しいなと思っていました。
※たまに昔のワンピを読むと、読みやすいけど1話の内容が薄く感じます。

・・・が!

今回は、なんとなく、いつも以上にゴチャついているように感じました。

もはやいないとは思うけど、この80巻から手に取った人には本当に何のこっちゃ理解できないでしょうね。
※僕が子供の頃はマンガを途中の巻から買うとか普通にあったw

というか、
編集者さんは仕事してんのか!?ってぐらい読みづらかった。

僕はアンチではないけれど、読み終えて「楽しかった!」よりも「疲れた」の方が強かったって、
これは結構ヤバイことなんじゃないか!?って思いました。

尾田っちのボケがいつも以上に輝いてた

SBSコーナーでの尾田っちの小ボケw

今回はなんかいつも以上に輝いてました。
ニヤつかせてもらいましたw

藤虎さんは、やっぱりキモイ

誰も言わないようだから言うけれど、
大将藤虎は、なんだかキモいです。

僕はずっと思ってたんだけど、
なんとなく「こういうのカッコいいよね」みたいな空気があります。

でも、なんだろう。なんかキモイんです。
そのキモさが全面に出たなぁ、という感じw

僕もルフィと一緒で、あのおっさん嫌いじゃないんだけど、
それでもやっぱりキモイ。キモイっつーか、ウザい。

なんだろうなぁ・・・しゃべり方なのか思考回路なのか、
はたまた容姿なのか。

もう、緑牛さんに期待です。

懐かしい面々

80巻で嬉しかったのは、懐かしい面々が出てきたことですね。

衝撃だったのはルッチとカクがCP0として再度絡んできそうなシーンがあったこと。
ルフィたちに敗れたあとで扉絵連載したヤツらは再登場する、みたいなジンクスも本当なんだなぁ。

他にも、黒ひげたちの現在もわかったし、ベポの再登場もあったし、バギー船長は案の定あっちだったし、
何よりナミチョパと再会できたのは本当に良かった。もう何年会ってなかったんだろう・・・って感じですw

おつるさんとドフィ

ドフィをインペルダウン(と思われる場所)へ連れていくのはおつるさんの役目でした。
これはドフィの初登場を思い返すと、なかなか熱いです。

あのいかにも悪そうなドフィを一括したおつるさん。
僕ら読者が二人を始めてみたのは、たしか同じ回だったはずですよね。

そして一足先に離脱したドフィと、先導を渡すおつるさん。
綺麗にまとまったなぁといった感じです。

まぁ、ドフィが本当にあのまま大人しく終わるのかはわかりませんがw

新たなる謎

今回の巻で、新しく最大の謎となったのが、サンジの手配書ですね。

一味の中で一人だけONLY ALIVEで手配されている。
これが意味することってなんなんだろう。

まさか前回の手配書が似顔絵だったことが、こんなところの伏線になっているなんて・・・
これは素直に感動しました。

生きたまま捕えなければならない理由としては、
何か重要な秘密を握っているとか、
もしくは天竜人とか、同等の王族とか。

そういや子供の頃から船上コックをやっていたけれど、
その生い立ちって語られてないですね。

そんな謎を残しつつ、巻末は「サンジが死んだ」という引き。
・・・これはへたくそすぎるけれどもw

「はいはい、死んでないでしょ」ってみんな思ったと思うw

でも、例の手配書の件があるからこそ、
サンジだけ合流できないってのにも繋がってくるかもしれませんね。

ただ、尾田っちの場合、そういうの忘れたころにブッ込んで来るから
サンジの生い立ちについてはもうちょっと先になるのかな。

どっちにしろまた楽しみが増えました。

麦わら大船団

80巻でついに麦わらの一味も大きな海賊団になりましたね。
僕はこの展開は正直胸熱でした。

だって最初はあんな小さなボートから始まって、
1人増え、2人増え・・・って育ってきたチームが
やっとクリークや白ひげたちみたいな大きな意志の塊になったわけですから。

つーか

サボやエースと兄弟盃交わしたくせに、
あいつらばかり「窮屈」ってルフィ勝手すぎですw

でもまぁ、「好きにやろうぜ!」って感じなんだろうなあ。
本来は僕らも社会生活において、誰かに何かを強制したり、
誰かに何かを強制されたりするのって窮屈なハズなんですよね。

みんな好きにやりゃーいい。
(ただし、他人が嫌じゃない範囲で。・・・ってのが難しいんですけどね。)

尾田っちが伝えたかったのって、そういうことなのかな?って思わさせられるシーンでもありました。

おわりに

というわけで、思いついたことを片っ端から書いてしまいました。

それにしても80巻てすごいです。
昔はこち亀が100巻行ったときにむちゃくちゃ驚きましたが、
ワンピも絶対100巻じゃ終わらないよなぁ。

次回発売は3/4ですかね?
なんだかんだ言って楽しみです。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です