ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジン

One Piece 99巻の感想!終わらないで欲しい気持ちと読んでて辛い気持ちのせめぎあい

 -

   

年に数度のお楽しみ、ワンピースの最新刊(99巻)を読みました!

99巻!!!
すごい!

こち亀が100巻を迎えた時は感動して100巻だけ買うという暴挙に出ましたが・・・ワンピはちゃんと1巻から99巻まで買い続けました!

本編はワノ国編の最終局面に向かおうというところ!

そんな99巻の感想をダラダラ書かせて頂きマッス!

スポンサーリンク

正直、読んでて辛かった・・・

そうなのです。
前巻の98巻でも同じ感想を持ちましたが、、、もう絵がゴチャゴチャしてるし、話もあっちこっち行くし、脳みそフル回転させても理解が及ばないぐらい読んでて辛かった。。。

なんだろう・・・これ、アンチの意見じゃないですからね?
ぼく、一応「ファン」ですからね。1巻から買ってますから。

そんな僕でもツライと思うほどなので、これ・・・アンチがボロクソに言いたくなる理由もちょっとわかりますよ。。

もちろん前回もそうだったように、何度か(前の巻も含めて)読み直したらスッと入ってくるとは思うのですがw

それはさておき、話が全然進まなかったり・・・なーんかイライラしたw
「うおおお・・・ワクワクするぅ~!!」という感じじゃなく、惰性で読み進めてる感がね、、、オダッチは本当にワクワクして描いてんのかこれ!?

すんませんね序盤から湿っぽくなっちゃって。。

99巻は結局どういうお話だったのか

というわけで、99巻を要約するとですね、

  • 麦わらチームがカイドウ・マムのいるところへ向かおうとする
  • それを邪魔するヤツらがいる
  • 味方がその場を収めてくれる間にルフィたちはカイドウたちに辿り着く
  • ルフィたちは結局全然敵わなくてボロボロにされる
  • 周りのメンバーの反撃開始?

みたいな感じです。

たぶんだけど、このあと赤鞘たちが復活して、サンジくんやナミたちもカイドウ・マムのところに辿り着いて。
また一線交えるも敵わず、ルフィが復活してなぜか勝つ・・・というパターンかと。。。(知らんけど)

この期に及んで要所要所に気になる伏線が・・・!

話はダラダラ進んでる感じなのですが、その端々に気になる伏線があって面白かったです。

  • ヤマトちゃんの能力(恐竜系?)
  • フーズ・フーの正体
  • ルフィの夢
  • カイドウの覚醒体
  • 赤鞘を助けたのは・・・?

フーズ・フーの正体

中でも僕が気になってた「フーズ・フーの正体」!
覆面だし、なんか怪しいし、今まで登場してた誰かに違いない・・・!と思ってたんですよ。

そしたら今回、ジンベエとの関係がありそうなシーンが用意されてましたね。

ネットの意見では「ギンじゃね?」みたいなね。
クチビルだけで判断してるような予想がいくつかでてきましたがw
ギンだったら背丈的に合わないような・・・あ、でもコビーの一件もあるし、あの世界の成長ホルモンハンパないからな、、、

それか「二人は知り合いだけれど、僕ら読者は知らないヤツ」・・・っていう可能性も尾田っちなら余裕で用意しそうだよな。。。

赤鞘を助けたシルエット

あとはラストに持ってきてた赤鞘を助けたヤツ。
シルエット的にはかなり「エネル」だったんですよね~。
それこそクチビルの描写とかエネルっぽいし、そのちょっと前にマム×ルフィ戦で伝説の「なぜ雷が効かねェ!!?」「ゴムだから(どーん)」が再録されてたのもエネル匂わせなんちゃうかと。

た・だ!
エネルにしてはシルエットの背丈がやっぱり合わない。。。

日和だとかトキさんだとか言う噂もあったけど、それだと鼻やクチビルの形が違うような気がするし、、、日和だったらシルエットにする意味もない気がするし・・・。
※たとえば日和が回復できる能力持ちとかなのかなぁ?

ま、これすらも「全然知らないヤツ」っていう可能性もあるのがワンピースですよ、、、

ルフィの夢

そしてそして・・・「ルフィの夢」ね。
過去にエースとサボの前で語って呆れられた夢。

かつてゴール・D・ロジャーも語ったという夢ですよ。

これが今回の巻でもエースとヤマトちゃんの回想シーンで描かれ・・・あろうことかヤマトちゃんは感動して涙しちゃってたんですよね。

うーん、ルフィの夢ってなんなんだろう?
こんなに風呂敷広げちゃって、ちゃんと読者を納得させられるような「えええええええええ!!」って内容だったりするんでしょうか。

その他感想

99巻を読んだ、その他の感想としては「カイドウとマム、器小さくね??」ってのが一番大きかったですw

なんかルーキーのルフィが「海賊王になる」っていうのをマジに受け止めちゃってる時点で、もうルフィを認めてるってことじゃんねえ。
でもまぁ、彼らが見てきた世界の重みってのを知ると、またこの感覚も変わってくるのかな。

あとは緊迫したシーンの中にあった3バカトリオ(ルフィ、ロー、キッド)の我慢比べシーンは久々に吹き出しましたw

そうそう・・・ワンピにはこういう息抜きが必要なのよ、、、

おわりに

というわけで、99巻を読んだ感想でした。

なんかまだまだワノ国編が終わらなさそうだなぁ!
とりあえず101巻までは3冊の表紙絵が繋がる「つながるカバー」として発売されるみたいですしおすし。

ただね~・・・「ワンピ終わらないで欲しい」っていうのは決して「ダラダラ続いて欲しい」ってわけじゃなくて。
「もっとルフィたちに色んな冒険をして欲しい」ってことだったりもするのよね。

どっちかっていうと一連の冒険には区切りをつけて、全ての伏線も回収して、「そこからのワンピ」ってのもたっぷり見てみたいかなーなんて思います。
※コナン君にも同じことを思うわけなんだけども・・・。(作者さんの腕の見せ所よね!)

   

 -

   

スポンサーリンク