ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

Amazonプライム”当日お急ぎ便”の中毒性を体感した話

 - 生活を豊かにするあれこれ ,

      2018/12/09

Amazonプライム会員になってからというもの、
商品を探すときにプライム対応かどうかを重視しちゃうようになりました。

だって、有料の会員になったのって、商品が「今日届くため」でしょ?って。

以前は全く感じなかった感情にビックリしています。
前に読んだ高額宝くじ当選者の話を思い出しました。

スポンサーリンク

人は得てしまった幸せを手放せない

高額宝くじが当選した人って、どうしても周りにバレてしまうんだそうです。

僕だったら絶対誰にも言わないのになと思うんですが、
そういう問題じゃないみたい。

例えば、宝くじに当たる前、2,000~3,000円ぐらいのお寿司で満足していた人が、
興味本位で「一度ぐらいは10,000円ぐらいの寿司を食べてみるか」って思うんだそうです。

これ、なんとなくわかります。
自分へのご褒美的な。

で、一回食べてみたら、そりゃあ美味しいわけですよ。
美味しさだけじゃなくて、「このお店で食べてる俺」っていうドーパミンみたいなのが
脳内にめちゃくちゃ溢れるわけです。

そうすると、「もう一回ぐらいいいよな」とか
「寿司がこんなにうまいなら肉はどうだろう」とか
そりゃーもう欲が出てくるわけです。

そんなことを繰り返してたら、
安いものなんて食べられない・・・には絶対ならないと思いますが、
行動や言動が絶対変わってくるんです。

もしそれまでに肉厚なフィレを食べたことがない人だったら、
食べた次の日からそれについて語りたくなりますってw

脳が一度覚えてしまった幸せっていうのは、なかなか消すことができないわけです。

宝くじが当たらなくても日常に潜んでる

で、これって宝くじが当たった人なんていうから遠い人かのように思うけれど、
実際に僕らが日常で体験している事だったりするんですよね。

例えば散髪をするとか、新しい洋服を買うとか。
普通に美味しいごはんを食べる、でもそうです。

極端な話を言えば、髪の毛だって自分でも切れますし、
洋服なんか10年以上着れます。

ごはんは炭水化物に偏らせれば、いくらだって生きていけるわけですよ。
貧しい人ほどお金がかかるし、貧しい人ほど太りやすい

でも、そんな生活は嫌だって、心のどこかで思ってるんですよね、きっと。

それって、一度自分が得た生活水準があって、
それがベースになってるからじゃないでしょうか。

Amazonプライムの場合

そこでAmazonプライムに関しての生活水準です。

プライム体験前の僕は、「別に今日オーダーして明後日ぐらいまでに届けばいいんじゃねーの」ぐらいに思ってました。

が、たまたま妻がプライムに申し込んじゃって、
たまたま解約するのを忘れちゃったせいで本会員になって。

なったからにはいろいろやろうぜ!ってことで、
当日お急ぎ便でお米やらオムツやらオーダーしてみたんです。

そしたら、朝オーダーして、午後には家に持ってきて貰えたんですよ。
「え、これすげえな」ってなるじゃないですかw

そんな体験をしちゃったら最後、
今日もほしいもの(SSD)があって、最初は価格コム見てたんですが、
「待てよ・・・これAmazonなら今日じゃね」つって、Amazonを探し始めちゃいました。

当日お急ぎ便の罠

で、もう買うからには絶対に今日届くやつ!って思って、
Amazonの検索画面でも「当日お急ぎ便」にチェックして絞り込んで、探していました。

当日お急ぎ便は地域にもよるそうですが、
午前中にオーダーできれば、だいたい当日に来るみたいなイメージっぽいです。

僕がほしかったSSDは11:30ぐらいまでのオーダーで当日でした。

そう思うと、「早くオーダーしなきゃ!」って焦るじゃないですか。
画面にも「あと22分以内の注文で当日お届け」とか出てるから、それがタイムリミットのように感じてしまうわけです。

これ、行動心理学を勉強したときに知りました。
人は焦らされると判断能力が鈍り、購入につながってしまうんです。

だから悪いヤツと話してるとすぐに「今、決めてください」とか言ってくるんです。
僕はそういう時は必ず「今決めなきゃいけないんなら無理です」と言って断っています。

でもAmazonは悪いヤツじゃありません。
少なくとも僕にとっては味方だと思っています。

なので、焦らされて、僕は買ってしまいました。
価格コムより2,000円ぐらい高いヤツを。

おわりに

人は、知らなければ知らないまま生きていけます。
美味しい料理に出会わなければ、きっと美味しいものなんて求めなかったし、
便利なことを知らなければ、きっと遠回りを苦とも思わなかった。

もちろん、たらればの話をしてても仕方がないし、
僕は学者じゃないので人間が本当にそういう生き物かどうかもわかりません。

ただ、言えること、それは
Amazonプライムは超便利だってこと。
そのかわり、一種の麻薬のような作用もあるということです。

半分冗談、半分本気で受け取って貰えると幸いです。

 

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ